グラフは重要ポイントにだけ色をつける!パワーポイントのグラフの見せ方基礎を解説!

PowerPoint,グラフ,色,シンプル,メインカラー,おすすめ,テクニック,コツ



 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!今回からPowerPointでの「グラフ・表」の「キレイで、わかりやすい・伝わりやすい」見せ方・おすすめのレイアウトのコツやポイントについてお話ししていきますよ!

特にグラフはごちゃつきやすいものでもありますので、プレゼン前にはぜひこれからお伝えしていくポイントやおすすめテクニックを活用してくださいね!

まずその前に、PowerPointを「キレイに、わかりやすく・伝わりやすくする」ための基礎知識について学びたい方はこちら↓↓↓

脳の情報処理の仕組み

秘密は脳にあり!キレイで伝わりやすいパワポの作り方の条件を徹底解剖!

2018.07.07

グラフの特徴って、なに?

dummy
トリジ先生

まずはPowerPointでのグラフについてお話ししていきましょう!グラフって、1つ大きな特徴があるんですが、それが何だかわかりますか?

dummy
神楽くん

特徴ですか?ん~なんだろう?作るのが面倒くさいとか?((´∀`))w

dummy
トリジ先生

それは君の面倒くさがりな性格の問題です笑。…でも、あながち面倒くさいというのも関係なくはないのかもしれません。

dummy
神楽くん

えっ?それはどういうことですか?(・_・?)

dummy
トリジ先生

面倒だと感じるのは、グラフ1つ作るのに色々な要素を入れ込まないといけないからです。グラフにはたくさん表示する項目がありますからね。ということは、グラフを表示した時にどういった問題が起きやすいと思いますか?

dummy
神楽くん

あ!そうか!ごちゃごちゃしやすいってことですね!

dummy
トリジ先生

その通り!グラフってとにかくごちゃつきやすいんですよ。これ、実はグラフの見逃せない大きな特徴なんです。

 

グラフって、とにかくごちゃつきやすい!

グラフって思ってる以上にごちゃごちゃしやすいもの。数字・線・単位・凡例・メモリ線などが1つの狭いスペースに全部出てくるわけですから。そこに色・カラーリングの要素も入ってきます。

“シンプル”を好む脳にとっては、こんな複雑な情報は「わかりにくい!」って判断してしまいやすいんです。なので、グラフを使うときは極力シンプルになるように気をつける必要があります。

色はとにかく絞る!

例えば、グラフでよくやってしまいがちなのが「色をたくさん使ってしまうこと」です。これもグラフを複雑にしてしまう原因の1つ。

PowerPointでグラフを入れようとすると、デフォルトの設定ではたくさん色が使われていて、すごくカラフルなグラフが出るようになっています。

ただ、以前配色・カラーの記事でもお話ししましたが、PowerPointでは基本は3色しか使わないというのをルールとした方が良いので、グラフにおいてもそれは適用しましょう。むしろ、目立たせたいところだけにメインカラーのみを使うようにする、というのがベターです。

例えば下のようなグラフをPowerPointで入れたかったとします。その中で「当社」を一番目立たせたいのであれば、当社にだけメインカラーを乗せてあげて、他は全てグレーにして目立たないようにしてあげます。

PowerPoint,グラフ,色,シンプル,メインカラー,おすすめ,テクニック,コツ

そうすれば、パッとみただけで、「このグラフは何を伝えようとしているのか」が、よりはっきりしてきますよね?

「あ、このグラフは当社の実績がポイントなんだろうな!」
「これから当社の実績について大事な話が展開されるんだろうな!」

そのように一瞬で判断しやすいわけです。

それは、このグラフが色が絞られており、シンプルに見せられているからなんです。逆に各棒がカラフルになっていると、見ている人は「どれに注目していいのかわかりにくい」わけですね。

dummy
トリジ先生

なので、グラフもとにかく使う色をぎゅっと絞っていくことが大切です。

東京,神楽坂,東京note,グルメ

3Dグラフは使わない

また、PowerPointでは2Dの平面的なグラフだけじゃなく、3Dの立体的なグラフも作れますが、先程からお伝えしているとおり極力シンプルな方が相手に伝わりやすいので、何か意図がある場合以外は3Dは使わずに2Dのグラフにしましょう。

PowerPointのグラフが3Dである必要は、ビジネスシーンにおいてはまず無いはずですからね。
3Dじゃなきゃ伝わらないなんてことはありえません。

とにかくグラフはごちゃつきやすいので、特にシンプルにするよう心掛けましょう!

 

まとめ:グラフは特に「シンプル」を徹底しよう!

dummy
トリジ先生

グラフはパワポでもっともごちゃつきやすいもの。「シンプル」を徹底しましょう。

前述した通り、グラフは色々な要素が入り混じってできているものなので、他のPowerPointのコンテンツよりも更にごちゃつきやすいという特徴があります。なので、PowerPointでグラフを入れる際は「シンプル」を特に意識するようにしましょう。

プレゼン時のPowerPoint資料ではグラフは非常によく出てくるものなので、レイアウトでここをしっかり押さえると、出来栄え・見栄えもかなり変わってきますよ!

次回は、PowerPointでも本当によく使う「棒グラフ」のシンプルかつ効果的な見せ方のテクニック・コツについてお話ししていきます!お楽しみに〜٩( ‘ω’ )و

↓↓↓次回の記事はこちら↓↓↓

PowerPoint,プレゼン,グラフ,目盛線

目盛線も単位も不要!超簡単パワーポイントのグラフをわかりやすく見せる方法をデザイナーが解説!

2018.08.25
dummy
トリジ先生

もし書籍で資料デザインを学ぶのであれば、以下の本は結構オススメです。“ノンデザイナー”であるビジネスマンの方向けにわかりやすく解説されていますよ。



当ブログ「ビズデザ(旧「Are you Designer? No, I'm...」)の中の人が、ついにYouTubeチャンネル『ビズデザ』を開設し、パワポの作り方をはじめとしたデザインノウハウの共有を始めました!


◆YouTubeチャンネル『ビズデザ』

ノンデザイナー・デザインビギナーである一般のビジネスパーソンの方々が、日頃のお仕事の中で使える『誰でも簡単にできるデザインのノウハウ・セオリー』を実例をたっぷり使いながら動画でわかりやすく解説!

小難しい高度なデザインノウハウは一旦抜きにして、“最低限ここまで押さえておけばOK!”というようなデザインノウハウに絞ってお伝えしていますので、資料デザインなどにお困りの方は、ぜひ当チャンネルをご活用ください!(よろしければチャンネル登録もお願いいたします)


Go to YouTube!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1984年東京生まれ。デザイナーであった親の影響もあり、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後に都内出版社にて編集・経営企画など幅広く経験し、その後独立。2017年に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、オウンドメディア運営を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師兼アドバイザーとしても活動。 “日本最大まなびのマーケット『ストアカ』”にて開催されているPowerPoint資料作成講座では、ストアカ全登録講師25,000人の中で2019年トップレビューを獲得(ユーザー平均満足度95%以上を現在進行形で獲得中)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪