ビジネスマンのための資料デザインの教室

グラフは目立たせたい部分に1色だけ!PowerPointのグラフの見せ方基礎

2018/10/12
 
PowerPoint,グラフ,色,シンプル,メインカラー,おすすめ,テクニック,コツ
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は企業・個人向けビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師、Web・グラフィックデザイナーとしても活動中。

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。
その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!
今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

今回からPowerPointでの「グラフ・表」の「キレイで、わかりやすい・伝わりやすい」見せ方・おすすめのレイアウトのコツやポイントについてお話ししていきますよ!
グラフや表もPowerPointのプレゼン資料では非常によく使う要素です。
ただごちゃつきやすいものでもありますので、プレゼン前にはぜひこれからお伝えしていくポイントやおすすめテクニックを活用してくださいね!

まずその前に、PowerPointを「キレイに、わかりやすく・伝わりやすくする」ための基礎知識について学びたい方はこちら↓↓↓

秘密は脳にあり!キレイで伝わりやすいPowerPointの作り方の条件を徹底解剖!


 

 

グラフの特徴って、なに?

まずはPowerPointでのグラフについてお話ししていきましょう!
グラフって、1つ大きな特徴があるんですが、それが何だかわかりますか?

特徴ですか?ん~なんだろう?作るのが面倒くさいとか?((´∀`))w

それは君の面倒くさがりな性格の問題ですwww
…でも、もしかしたら面倒くさいというのも関係なくはないのかもしれません。

面倒だと感じるのは、グラフ1つ作るのに色々な要素を入れ込まないといけないからですよね。
「数字」だとか「線」だとか、「目盛」や「単位」「凡例」などもデフォルトの設定では入力する必要があります。
つまりは、グラフにはたくさん表示する項目があるというわけです。

ということは、グラフを表示した時にどういった問題が起きやすいと思いますか?

あ!そうか!ごちゃごちゃしやすいってことですね!

そうです!それそれ!
グラフってとにかくごちゃつきやすいんですよ。
これ、実はグラフの見逃せない大きな特徴なんです。

 

グラフって、とにかくごちゃつきやすい!

グラフって思ってる以上にごちゃごちゃしやすいんですよね。
先ほど挙げた項目などが1つの狭いスペースに全部出てくるわけですから。
そこに色・カラーリングの要素も入ってくる。

「シンプル」を好む脳にとっては、こんな複雑な情報は

げっ!これって見たらわかる、わかりにくいやつやん!(某宮川◯輔さん風)

って判断してしまいやすいんです。

…確かにそうですね(急なイッテQ推しを入れてくる無茶(´-`).。oO)

なので、グラフを使うときは極力シンプルになるように気をつける必要があります。

 

色はとにかく絞る!

例えば、グラフでよくやってしまいがちなのが「色をたくさん使ってしまうこと」です。
これもグラフを複雑にしてしまう原因の1つ。

PowerPointでグラフを入れようとすると、デフォルトの設定ではすごくカラフルなグラフが出るようになっています。
ただ、配色・カラーの記事でもお話ししましたが、PowerPointでは基本は3色しか使わないというのをルールとした方が良いので、グラフにおいてもそれは適用してください。
むしろ、目立たせたいところだけにメインカラーのみを使うようにする、というのがベターだと思います。

例えば下のようなグラフをPowerPointで入れたかったとします。
その中で「当社」を一番目立たせたいのであれば、当社にだけメインカラーを乗せてあげて、他は全てグレーにして目立たないようにする。

PowerPoint,グラフ,色,シンプル,メインカラー,おすすめ,テクニック,コツ

そうすれば、パッとみただけで、何を伝えようとしているのかが、よりはっきりしてきますよね?

あ、このグラフは当社の実績がポイントなんだろうな!
これから当社の実績について大事な話が展開されるんだろうな!

そのように一瞬で判断しやすい。

それは、このグラフが色が絞られており、シンプルに見せられているからなんです。
逆に各棒がカラフルになっていると、見ている人は「どれに注目していいのかわかりにくい」わけです。

なのでグラフもとにかく使う色をぎゅっと絞っていくことをまず行いましょう!

 

3Dグラフは使わない

また、PowerPointでは2Dの平面的なグラフだけじゃなく、3Dの立体的なグラフも作れますが、先程からお伝えしているとおり極力シンプルな方が相手に伝わりやすいので、何か意図がある場合以外は3Dは使わずに2Dのグラフにしましょう。

PowerPointのグラフが3Dである必要は、ビジネスシーンにおいてはまず無いはずですからね。
3Dじゃなきゃ伝わらないなんてことはありえません。

とにかくグラフはごちゃつきやすいので、特にシンプルにするよう心掛けましょう!

 

まとめ:グラフは特に「シンプル」を徹底しよう!

今回の内容は以上になります。PowerPointでのグラフの見せ方の基礎のような内容でしたが、ご参考になりましたでしょうか?

前述した通り、グラフは色々な要素が入り混じってできているものなので、他のPowerPointのコンテンツよりも更にごちゃつきやすいという特徴があります。
なので、PowerPointでグラフを入れる際は「シンプル」を特に意識するようにしましょう。
プレゼン時のPowerPoint資料ではグラフは非常によく出てくるものなので、レイアウトでここをしっかり押さえると、出来栄え・見栄えもかなり変わってきますよ!

次回は、PowerPointでも本当によく使う「棒グラフ」のシンプルかつ効果的な見せ方のテクニック・コツについてお話ししていきます!
お楽しみに〜٩( ‘ω’ )و

 

 

あ、そーいえば、職業柄よく「レイアウトで参考になる本を教えて欲しい!」と言われるのですが、私がオススメしているものの1つに「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本があります。

PowerPoint含め、ビジネス資料のレイアウトテクニック・ノウハウなどについて、とてもわかりやすくまとめられています。

私がデザインを長く勉強してきた中で、学生時代から“バイブル”として何度も繰り返し読んできた本ですので、興味がありましたら皆さんもぜひご一読ください↓↓↓

お値段も高くないですし、とっても参考になりますよ(◯・∀・)人(・∀・○)イェーイ

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は企業・個人向けビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師、Web・グラフィックデザイナーとしても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.