ビジネスマンのための資料デザインの教室

PowerPointで明朝体は使っちゃダメ⁉︎明朝体が持つ「隠れた特徴」

2018/10/31
 
明朝体が持つ雰囲気,堅さ,真面目さ,重さ
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。
その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししていきます!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

シリーズ第7回の今回は、前回からの続きでPowerPointで使う文字、特に特定のフォント(明朝体)に関する注意事項ついてお話ししていきます!
前回の記事と併せてお読みいただくと、さらに効果抜群ですので、お時間あれば一緒にご覧ください!

前回の記事はこちら↓↓↓

フォントの違いでこんなに見やすく!PowerPointでゴシックを選ぶべき決定的理由


 

 

おさらい:PowerPointで使うべきフォントは「ゴシック体」

前回の記事では、

①PowerPointでは特に文字の視認性を大事にしよう
②フォントは、視認性の高い「ゴシック体」を使おう

というポイントをお伝えしました。

PowerPointは、手元で見る紙の資料と違って、大勢の人が遠くから見る資料なので、視認性がすごく大事
ゴシック体は、文字の縦線も横線も「全て同じ太さ」で構成されているという特徴があるので、パッと見たときに太い印象を受け、遠くから見ても見やすい・わかりやすいと感じる、ということでした。

ここまでが前回のおさらいです。
これを踏まえて、さぁ次の項から今回の内容に入っていきますよ!

 

PowerPointで明朝体使うって、どうなん?

続いて今回お話しすることは何かというと、テーマとしてはこれ。

じゃ、選ばれなかった明朝体って、PowerPointで使うとどうなん?

てことについてです。

前回の記事の一番最後に、何やら意味深な言葉を残して終わったのですが、覚えていますか?

…えっ?あ~…んー……すみません、前回の記事、見返してきますε-(´∀`; )

毎度のことですが、やっぱり忘れてましたかww
皆さんも、つい忘れちゃった!という方は、こちらでご確認くださいね\(^o^)/

フォントの違いでこんなに見やすく!PowerPointでゴシックを選ぶべき決定的理由

 

実は前回の記事の一番最後で、

①明朝体はPowerPointでは使わない方がいい。
②視認性が低いのに加えて、使うべきではないもう1つの理由がある。

ということをお話ししていました。
今回は②について、少しお話ししていきたいと思います。

 

明朝体は独特な「雰囲気」を持っている

で、あまり使うべきではないもう1つの理由とは何なのか。
これ単刀直入にお話ししてしまうと、この一言に尽きます。

「雰囲気がめっちゃ独特」

これ。

…えっ?……何その、わかるようで実はよくわからない謎の理由…(・ω・`)

すみません、やっぱりわかりにくかったですかねwww
でも実際のところ、この言葉の通りなんですよ。

つまり、明朝体というフォント自体、独特な雰囲気を醸し出している、ということです。

 

例えば明朝体の文字を見たとき、どこか下のような雰囲気を無意識に感じたりしませんか?

◇堅いイメージ
◇真面目なイメージ
◇重い・深刻なイメージ

明朝体が持つ雰囲気,堅さ,真面目さ,重さ

 

いかがでしょう?
言われてみると、何となくわかりますかね?
そしてこのような雰囲気を無意識に感じてしまう、というのが厄介なんです。

こう言った雰囲気は、実はプレゼン内容によっては邪魔になることがあります。
だって、明るくて楽しい雰囲気の商品・サービスのプレゼンだとしたら、プレゼン内容とかなりミスマッチになりますよね?

・可愛いキャラクターがポップに動き回るゲームの企画プレゼン
・新しくオープンする子供向けテーマパークの告知プレゼン

上記のようなプレゼンを行う機会があったら、明朝体だと違和感を感じるはずです。
明朝体が持つ「堅くて・真面目で・重い」イメージと、プレゼン内容の「明るくて・ポップで・軽やかな」イメージが合わないですからね。

また、こういった独特な雰囲気が「演出感」を強めてしまって、一般的なビジネスシーンでは毛嫌いされてしまうケースもあります。

逆にオススメしているゴシック体は、幸か不幸か「あまり雰囲気を持たない・ニュートラルな書体」だと言われていますので、どんな場面のプレゼンであっても、使いやすいという側面も持っています。

ですので、そういった意味でも明朝体は意図的に雰囲気を出したいとき以外は使わず、基本はゴシック系を使う、これがオススメです!

 

まとめ:明朝体はPowerPointではなくて、文章量の多い紙の資料で!

明朝体の特徴、そしてPowerPointで使うべきではない理由について、おわかりいただけたでしょうか?
とにかくパワポではゴシック1択。これでいくのがベターです。

ただ、「じゃ明朝体はどんな時に使えばいいんだー」って思うかもしれませんが、そんな時は明朝体の基本的な特徴を改めて思い出してみてください。

明朝体は「細い印象を受けるので、可読性は高い=読みやすい」という特徴を持っていましたね?
ということは、PowerPointのプレゼン資料ではなくて、手元で見るような文字量の多いビジネス文書(Wordで作った社内通知文、数値分析資料など)には最適なわけです。

逆にゴシック体は、こういった文字量の多い文書資料には不向きなんですよね。
太く見えがちなフォントなので、びっしり文字が詰まった資料に使ってしまうと、紙面が黒々と見えてごちゃごちゃして、非常に読みづらくなりますから(デザインの世界では、こういった見づらさを“うるさい”と表現します)。

なので、明朝体は文字量の多い資料にぜひ使ってあげてくださいね!
世の中何でもそうですが、適材適所が重要といったところでしょうか。

それでは今回はここまで!
次回もまた文字のベーシックな内容になりますが、「サイズ」についてのお話です。
お楽しみに〜٩( ‘ω’ )و

 

あ、最後になりますが、職業柄よく「レイアウトで参考になる本を教えて欲しい!」と言われるのですが、私が昔からずっと参考にしているものの1つに「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本があります。

PowerPoint含め、ビジネス資料のレイアウトテクニック・ノウハウなどについて、とてもわかりやすくまとめられています。

私がデザインを長く勉強してきた中で、学生時代から“バイブル”として何度も繰り返し読んできた本ですので、興味がありましたら一度読んでみるといいかもしれませんよ!↓↓↓

お値段も高くないですし、とっても参考になると思いますので(◯・∀・)人(・∀・○)イェーイ

 

あと、この本もビジネスマンさんにはとっても参考になりそうな良書でしたので、お時間あれば見てみてください(^^)

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.