ビジネスマンのための資料デザインの教室

フォントの違いでこんなに見やすく!PowerPointでゴシックを選ぶべき決定的理由

2018/10/31
 
PowerPointで使うべきフォントは?
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。
その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししていきたいと思います!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

シリーズ第6回の今回は、前回からの続きでパワポ資料の中でも最もたくさん使う必要がある「文字」に関することついてお話ししていきます!

前回の記事はこちら↓↓↓

絶対押さえよう!PowerPointの文字を見易くする3つの条件!


 

 

おさらい:見やすい文字には「3つの条件」がある

前回の記事では、人が「見やすい」と感じる文字の条件が決まってるということをお話ししました。
その条件がこれ。

①視認性が高い
②可読性が高い
③判読性が高い

この3つの条件を満たしていると、文字はとっても見やすいと感じます。

ただ記事の最後で、資料のタイプ(文字の多い文書、プレゼン用のPowerPointの資料など)によって、この条件の中でも特に重視しなければいけないものが変わってくる、ということをお話しして締めくくっていました。

ですので今回は、プレゼン用のPowerPointの資料で、文字を見やすくするための条件をお伝えしていきたいと思います。

 

PowerPointでは文字の視認性を特に重視しよう!

以前お話ししましたが、PowerPointの資料というのは、他のビジネス資料とはちょっと異なるシチュエーションで読まれます。
つまり、

①大勢の人が、遠くから見る
②聞き手は自分のペースで見ることができない(話し手のトークに合わせてどんどん進んでいってしまう)

ということですね。

そのお話はこちらの記事でおさらい٩( ‘ω’ )و↓↓↓

PowerPointはプレゼンの主役じゃない!位置づけから見えてくるパワポ作りのポイント

そういった状況を踏まえると、PowerPointに載せる文字って「見やすさの3つの条件」の中で特に何を注意すべきか、わかりますか?

…えっ?お、俺に聞いてます?(この人、いつも質問が唐突なんだよなぁ)
え~っと…し、視認性…ですか…ね?

…。
……。
………正解!

おぉ!当たった!(今日は勘が冴えてるわ…てかさっきの間は何なん?)

その通り、PowerPointでは視認性は特に重要です。

先ほどお話しした通り、PowerPointは「遠くから見る」資料です。
視認性が低いと、遠い位置に座ってる人はすごく文字が見づらくなり、内容が理解しにくくなってしまうわけですね。

ですので、視認性が高いかどうかを常に意識しておく必要があります。

 

PowerPointで視認性を意識するなら、フォントはゴシック体で決まり!

では次に、PowerPointの文字で視認性を高めるにはどうしたら良いかですが、その際にポイントの1つになるのが「フォント」です。
つまり文字の形ですね。

実はフォントによって視認性が大きく違ってくるんです。
これからそのフォントについてお話ししますね。

はい!よろしくお願いします!

フォントって色々あるのはご存知だと思いますが、タイプを大別すると、日本語のフォントは大きく分けて下の2つのタイプに分かれます。

①明朝系(MS明朝、ヒラギノ明朝など)
②ゴシック系(MSゴシック、ヒラギノゴシック、メイリオなど)

なので、資料ではどちらかを必ず使うことになるわけですが、PowerPointなどのプレゼン資料ではどちらを使うべきなのか。
その時に考えたいのが、視認性なんです。

一般的に明朝系のフォントというのは、とても細く見えるので「視認性」が低いフォントと言われています。

これはなぜかと言うと、明朝系は「横線が縦線よりも細い」という特徴を持っているからなんですよね。
なので遠くからだと少し細く見えてしまうので、見づらくなってしまいます。
(ただし、その分読みやすい=可読性は高いと言われています)

フォントによる見えやすさ・視認性の違い

 

一方でゴシック系、これは一般的には太めに見えるフォントなので遠くからでも見やすくて「視認性が高い」と言われています。

ゴシック系は、明朝と違って「横線も縦線も全部太さが同じ」という特徴があるのでパッと見た時に太い印象を受けるわけです。

フォントによる見えやすさ・視認性の違い

 

ということは今の説明からも分かる通り、基本的にPowerPointで使うべきフォントというのは、遠くからでも見やすいゴシック系ということになります。

PowerPointの資料が持つある種の特殊性、「大勢の人が遠くから見る」ということを踏まえると、より視認性が高いフォントを選ぶ必要があるわけです。

 

まとめ:PowerPointのフォントはゴシック一択!明朝はなるべく使わないで!

PowerPointでは文字の視認性が大事ということ、何となくご理解いただけたでしょうか?
そのためにはフォントでゴシック体を選ぶのがポイントです。

結局はPowerPointに限らずですが、資料の特性に合わせて、見やすくするには何を重視すべきなのかを考え、それに合った適切なフォントを選ぶのが大事ということですね。
そういう意味で、PowerPointの文字は「ゴシック一択」で良いと思います。

そして選ばれなかった悲しみに暮れている明朝体ですが、もっと悲しいことをいってしまうと、明朝体はPowerPointのプレゼン資料では使わない方がいいです。
視認性が低いのは前述の通りですが、実はもう1つ大きな理由がありまして…

おっと、もうこんな時間!この続きは次回またお話しさせていただきます。
相変わらずの拙い文章で恐縮ですが、皆さまのご参考になりますよう一生懸命書いておりますので、次回もよろしくお願いいたします~٩( ‘ω’ )و

 

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.