社会人のためのデザインハックメディア

研修担当者向けコンテンツ

【2024年最新】パワーポイント研修のおすすめ社員研修会社9選。各社の概要・特徴・料金なども端的に整理しました。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

社員のスキルアップや組織力向上等を目的として、人事部門・研修担当の方々は日々様々な社員研修を企画・開催していると思いますが、その中でも根強いニーズがあるのが「パワーポイント作成研修」です。

研修実施にあたっては外部講師を呼ぶことも多いと思いますが、「誰に(どの企業に)依頼・委託すればいいかわからない…」というケースはありがちではないでしょうか。

そこで今回は、パワーポイント作成研修を開催する時の外注・委託先としておすすめの企業をまとめてみました。提供している研修の概要や料金などもわかりやすく整理していますので、人事・研修担当の方の参考になれば幸いです。

/// この記事を読むとわかること ///
  1. パワーポイント研修依頼前に整理しておくべきこと
  2. パワーポイント研修会社選びのポイント
  3. おすすめのパワーポイント研修会社
/// この記事を書いた人:日比 海里 ///
  • 株式会社トリッジ代表取締役 / デザイナー / コンテンツディレクター
  • グラフィック・WEBデザインやオウンドメディアの運営サポート・ディレクションを手掛けつつ、パワポ資料作成の研修講師兼アドバイザーとしても活動中。パワーポイント資料作成の企業研修実績も多数(延べ150社以上、2,000人以上にレクチャー)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス発行)がある。

パワポ研修依頼前に整理しておきたいポイント

パワーポイント作成研修を開催・外部講師を呼ぶ際、事前に自社内で研修に関して整理しておきたいポイントがあります。特に以下の点は発注・委託する際に大切になるので、必ず検討・整理が必要です。

/// パワポ研修依頼前に整理しておきたいポイント ///
  1. 希望の研修の形式:対面型 or ライブ配信 or 録画動画配信
  2. 受講予定者の人数:受講人数によって料金が変わるケースもあるため
  3. パワポ作成における社内の課題:解決すべき課題によって研修内容が変わるため
  4. 予算:研修実施会社・外部講師によって料金体系も様々なため

上記の点については、以下の「【研修担当者必見】自社に合ったパワーポイント研修会社の選び方を徹底解説。」の記事でより詳しく解説しているので、気になる方はこちらも併せてご覧ください。

パワポ研修会社選びのポイント

外注・委託するパワーポイント研修会社の選定時は、主に以下の5つをポイントとして押さえておくと良いでしょう。

/// パワポ研修会社選びのポイント ///
  1. 実施可能な研修の形式:対面型 or ライブ配信 or 録画動画配信
  2. 研修内容のカスタマイズ性:定型の研修内容だけでなく、課題に合わせて内容をどれだけアレンジしてもらえるか
  3. 過去実績:どのような会社に対して、どれくらいの回数の研修を実施してきたか
  4. 講師の専門性・権威性:講師がどれだけ専門性を有していて、社会的にも認知されているかどうか(受賞歴がある、出版実績がある…など)
  5. 価格:追加費用(対面の場合の会場費・交通費・宿泊費等)がかかるかどうかなども確認

これらの点についても、以下の「【研修担当者必見】自社に合ったパワーポイント研修会社の選び方を徹底解説。」という記事で詳細に整理しているので、気になる方はこちらも併せてご覧ください。


おすすめのパワポ研修委託先

それでは早速おすすめのパワーポイント研修委託先をご紹介します。高い専門性・多くの実績・信頼度の高い研修実施企業を厳選してご紹介しているので、前述の「パワポ研修会社選びのポイント」と照らし合わせながら、皆さんに合った委託先・発注先が見つかれば幸いです。

/// おすすめのパワポ研修委託先9選 ///
  1. 株式会社トリッジ
  2. 株式会社インソース
  3. リクルートマネジメントスクール
  4. リスキル
  5. 株式会社大塚商会
  6. アイクラウド研修サービス(株式会社アイクラウド)
  7. 株式会社リンクアカデミー
  8. 株式会社アップナレッジ
  9. 神田ITスクール

株式会社トリッジ

株式会社トリッジのパワーポイント研修
引用:https://www.tridge.jp/powerpoint-support

僭越ながら、最初に自社の紹介をさせてください。株式会社トリッジは、設立6年ほどの会社ながら、一部上場企業・外資系企業を含む延べ150社以上、2,000名以上に対する研修実績を持つ企業です。

特にパワーポイント資料の“わかりやすい・伝わりやすいデザインのセオリー”習得に定評があり、研修ではパワポデザインに必要な構成要素(内容構成・文字・配色・グラフ・画像・アニメーション…etc)の網羅的・体系的なレクチャーを行っています。またクライアントの課題に合わせて、柔軟に研修内容もカスタマイズ可能です。

講師は経験豊富な現役デザイナーで、パワポの作成ノウハウ本の出版実績もあり。また、日本最大級個人間スキルシェアサービス「ストアカ」でのパワポ作成セミナーは、講師数約25,000人の中で2019年にトップレビューも獲得(ユーザー満足度98%以上)しています。

研修内容の柔軟性、講師の専門性・権威性の高さが大きな強みとなっているので、まずは相談だけでもお気軽にご連絡ください。

会社名株式会社トリッジ
特徴
  • デザイン力向上に特化
  • 講師の専門性が高い
  • 研修内容の柔軟なカスタマイズが可能
研修形式
  • 対面型
  • ライブ配信(オンライン受講)
  • 録画動画配信
日数1回2時間〜
料金20万円〜(スタンダードプラン:〜20名、カスタマイズプラン:参加人数制限なし)
資料提供あり(80ページ以上)
URLhttps://www.tridge.jp/powerpoint-support

株式会社インソース

インソースのパワーポイント研修
引用:https://www.insource.co.jp/bup/bup_powerpoint_doc.html

株式会社インソースは、お客さまの課題・ご要望に合わせてカスタマイズした研修を実施する“オーダーメイド型”の研修サービスを展開している企業です。東証プライム上場企業のため企業としての信頼も高く、豊富な実績も所有しています。

同社のパワーポイント研修は、パワーポイントの基本的な操作方法のレクチャーから、わかりやすい資料の作り方、プレゼンテーションのテクニックまで習得することができる点が大きな特徴です。

研修当日は実際にパワーポイントの資料を作成し、最後に発表まで行うので(都度フィードバックも実施)、実践的なスキルを身につけながら改善ポイントも把握できます。

会社名株式会社インソース
特徴
  • パワーポイントの基本操作方法が学べる
  • プレゼンの構想~発表まで全体を網羅的に学習可能
研修形式
  • 対面型
  • ライブ配信(オンライン受講)
日数1回6時間45分
料金30,500円/1人
資料提供ASK
URLhttps://www.insource.co.jp/bup/bup_powerpoint_doc.html

リクルートマネジメントスクール

リクルートマネジメントスクールのパワーポイント研修
引用:https://www.recruit-ms.co.jp/open-course/

人材育成領域で50年以上の実績を誇る株式会社リクルートマネジメントソリューションズもパワーポイント研修を展開しています。

ベストセラー書籍『ロジカル・プレゼンテーション』等をベースに研修内容が構成されていたり、見た目の綺麗さだけを追求するのではなく「何を伝えるべきか(ロジック・ストーリー)」を資料に落とし込む技術などが身につけられる点が同社の研修の魅力です。

WEB学習と集合研修をミックスしたハイブリッド型のスタイルも特徴で、集合研修前にWeb学習で徹底的に学習をしたのちに、集合研修でグループ討議や講師からのフィードバックを受けることで、より実践的なスキルの定着が可能な研修構成になっています。

会社名株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
特徴
  • WEB学習と集合研修をミックスしたハイブリッド型
  • 資料の構成力向上に強い
研修形式
  • 集合研修
  • 録画動画配信
日数1日(7時間30分)
料金50,000円/1人
資料提供あり
URLhttps://www.recruit-ms.co.jp/open-course/

リスキル

リスキルのパワーポイント研修
引用:https://www.recurrent.jp/categories/pc-powerpoint

600種類以上の研修が、何人受講しても“料金一律”で実施可能な点が魅力のリスキルでは、パワーポイントの使い方やわかりやすい資料作成の方法を習得できる研修が展開されています。

パワポ操作の基本を学ぶものから、デザイン、話し方を学ぶものまで、幅広い研修内容が用意されているのが特徴で、実践的な実務場面を想定しつつ段階を踏みながら学習が可能になっています。

自分の考えを効果的に表現し、“相手に伝わる”ことに重点を置いたカリキュラムになっているので、営業や広報など外部へ向けてプレゼンテーションを行う機会の多い部門の方々におすすめです。新入社員向けに特化した研修メニューも用意されています

会社名株式会社リスキル
特徴
  • 10秒で見積もりが可能
  • 料金一律の明瞭な価格設定
  • 幅広い研修メニューが用意されている
研修形式
  • 集合研修
  • ライブ配信(オンライン受講)
日数6時間〜
料金ASK
資料提供あり
URLhttps://www.recurrent.jp/categories/pc-powerpoint

株式会社大塚商会

大塚商会のパワーポイント研修
引用:https://www.otsuka-shokai.co.jp/products/education/it/office/powerpoint/

システムインテグレーション事業を展開する株式会社大塚商会では、ITに関する様々な研修・セミナーが展開されており、その中にパワーポイントの研修コースがあります。資料デザインに関する内容はやや少ないものの、パワーポイントの基本操作からプレゼンテーションに関するものまで、幅広いスキルアップが期待できる点が特徴です。

また目的や要望に合わせて研修内容をカスタマイズすることもできるため、企業ごとの課題・悩みに対して効果を高められるよう設計されています。eラーニング講座を利用すれば、自宅やオフィスでも受講可能な点も嬉しいポイント。

30年以上の長い歴史を持つ企業なので、信頼度の高さも魅力の1つでしょう。

会社名株式会社大塚商会
特徴
  • 30年以上の歴史を持つ信頼度の高さ
  • システムインテグレーション企業ならではのITスキル向上が期待できるプログラム構成
研修形式
  • 集合研修
  • ライブ配信(オンライン受講)
  • eラーニング
日数半日〜
料金22,000円〜/1人
資料提供あり
URLhttps://www.otsuka-shokai.co.jp/products/education/it/office/powerpoint/

アイクラウド研修サービス(株式会社アイクラウド)

アイクラウド研修サービスのパワーポイント研修
引用:https://www.icloud.co.jp/training/office/powerpoint.html

コンピューター研修専門の教育会社である株式会社アイクラウドでは、使用の見栄えや作業効率の向上を目的としたパワーポイント研修が展開されています。

読み手の信頼を勝ち取る技術としての資料デザインの原則、業務効率改善・経費削減を目指した時短テクニック(ショートカットキーの操作方法等)、営業成約率を高めるための伝わるレイアウトなど、悩みがちな事業課題が重点的に解決できるようなカリキュラムがあり、加えて要望に合わせてカスタマイズ(オーダーメイド)も可能となっています。

また研修に関しての助成金申請書類のサポートもあるので、助成金を絡めてトータルでのコストダウンも図りやすい研修会社でしょう。

会社名株式会社アイクラウド
特徴
  • デザインだけでなく作業効率改善のテクニックもレクチャー
  • 助成金申請書類のサポートあり
研修形式
  • 集合研修
  • ライブ配信(オンライン受講)
日数3〜6時間
料金ASK
資料提供あり
URLhttps://www.icloud.co.jp/training/office/powerpoint.html

株式会社リンクアカデミー

リンクアカデミーのパワーポイント研修
引用:https://linkacademy-business.com/service/0006

パワコン教室「アビバ」を運営する株式会社リンクアカデミーでも、パワーポイントに関する実務研修サービスが用意されています。

アビバを運営しているだけあって、同社の研修ではパワポの操作・業務効率化に重点を置いた内容が中心で、特にPC初級者・パワーポイント初級者で「このような資料を作りたいけど、どう作成すれば良いかわからない」「もっと時短したい」というような悩みをよく抱えがちな方に最適なカリキュラムになっています。

研修内容はカスタマイズも受け付けているので、自社で抱える課題に合わせて内容を提案してもらうことも可能です。

会社名株式会社リンクアカデミー
特徴
  • パソコン教室運営で培ったパワーポイント操作・業務効率改善テクニックを提供
  • 課題に合わせて研修内容のカスタマイズも可能
研修形式
  • 集合研修
  • ライブ配信(オンライン受講)
日数6時間
料金ASK
資料提供あり
URLhttps://linkacademy-business.com/service/0006

株式会社アップナレッジ

アップナレッジのパワーポイント研修
引用:https://tr.upknowledge.co.jp/it-kenshu/powerpoint/

IT研修・サポートサービスを展開する株式会社アップナレッジでは、資料作成のポイントからパワーポイントの機能や操作までカバーしたパワポ研修が展開されており、新入社員や営業担当者など幅広いユーザーがこれまで受講してきています。

基本的に研修はすべて対面(またはオンラインライブ)形式で行われ、不明点などはその場ですぐ質問ができるようになっているため、より実践的な学びが得られるように配慮されている点が特徴です。

また専任の担当者がヒアリングから研修の準備、実施、フォローアップまで一気通貫で進行する体制が用意されているため、発注側としてもコミュニケーションが取りやすいという声がよくあがっています。

会社名株式会社アップナレッジ
特徴
  • 研修はすべて対面(またはオンラインライブ)形式
  • ヒアリングからフォローアップまで専任の担当者が進行
  • Mac版パワーポイントにも対応
研修形式
  • 集合研修
  • ライブ配信(オンライン受講)
日数3時間〜
料金ASK
資料提供あり
URLhttps://tr.upknowledge.co.jp/it-kenshu/powerpoint/

神田ITスクール

神田ITスクールのパワーポイント研修
引用:https://dream-powerpoint-seminar.com/

プログラミングやシステム構築などのIT教育機関である神田ITスクールでは、これまでのITに関する知見を活かしたパワーポイント入門・基礎研修が開催されています。

1日完結型のセミナーになっていて、主にパワーポイント初級者向けである点が特徴。パワーポイントの操作方法・使い方を中心に、業務効率化を目指したカリキュラム構成となっています。またセミナーは少人数(6名程度)で行われるので、初級者でも質問がしやすく、しっかり疑問点を解消できるのも嬉しいポイントです。

対面講座に加えて、オンライン講座(Zoom使用)でも開講可能なので、ユーザーも環境を選ばず受講できます。

会社名株式会社FusionOne
特徴
  • パワーポイントの操作・使い方に重点を置いたカリキュラム構成(パワポ初級者向け)
  • 少人数制
研修形式
  • 集合研修
  • ライブ配信(オンライン受講)
日数7時間
料金29,800円/1人
資料提供あり
URLhttps://dream-powerpoint-seminar.com/

まとめ:自社の課題解決に合った委託先を選ぼう

今回はパワーポイント作成研修を開催する時の外注・委託先としておすすめの企業をまとめてみました。

研修の目的は「実施すること」ではなく、あくまで「自社が抱える課題の解決」です。そのためパワポ研修を外部に発注・委託する際は、「どこに発注するか」ではなく「どこであれば自社の課題を解決してもらえるか」を一番に考えることが大切です。

研修サービスを提供している会社はたくさんあり、どの会社にも得意な領域・特徴があるので、それらを踏まえながら自社の課題解決に合った委託先をぜひ見つけてみてくださいね。

  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
日比 海里

デザイナー・コンテンツディレクター。オウンドメディアのディレクション・編集やビジュアル・クリエイティブ制作を中心に行いつつ、デザイン・資料作成の研修講師兼アドバイザーとしても活動中。 パワーポイント資料作成の企業研修実績も多数(延べ1,000人以上にレクチャー)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス発行)がある。

  1. 新入社員研修のおすすめテーマ12選。必須のテーマ・内容と開催準備のポイントも併せて解説。

  2. 【2024年最新】パワーポイント研修のおすすめ社員研修会社9選。各社の概要・特徴・料金なども端的に整理しました。

  3. パワーポイントで作った資料を動画にする方法。パワポでの動画編集・作成手順まで詳細解説してみた。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

関連記事

PAGE TOP

セオリーを学べば、パワポは「1秒」で伝わる。

“自己流”ではなく“セオリー”に沿って作る。パワポデザインの極意をプロから学んでみませんか?
詳細はココをクリック!