ビジネスマンのための資料デザインの教室

表中のシマシマ配色はやめよう!パワポでの表のわかりやすい配色法

2018/11/11
 
PowerPoint,プレゼン,表,ポイント,わかりやすい,伝わりやすい,見せ方
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

 


当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすいおすすめの見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!
今回もとっても役立つ&すぐに明日から使えるPowerPointの“極意”が詰まっていますので、ぜひご覧くださいね٩( ‘ω’ )و

今回は、PowerPointでの「表」の「キレイで、わかりやすい・伝わりやすい」見せ方・おすすめのレイアウトのコツやポイントについてお話ししていきますよ!
うまく活用して、PowerPointのプレゼン資料のレベルアップに繋げてくださいね!

まずその前に、PowerPointを「キレイに、わかりやすく・伝わりやすくする」ための基礎知識について学びたい方はこちら↓↓↓

秘密は脳にあり!キレイで伝わりやすいPowerPointの作り方の条件を徹底解剖!


 

 

おさらい:円グラフは「比率」を示す!

さて今回も、前回のおさらいからいきましょう。
前回はPowerPointでの円グラフの使い方・見せ方のポイントをお伝えしました。
以下にポイントを箇条書きでまとめてみたので、ご覧くださいね!

◎円グラフを使うときは、データの「量の増減」を比較する時には使ってはいけない。

→たとえ数字上の量が増えていたとしても、“円の面積”自体は小さくなってしまうことがある。
→これは“全体の総量”が変わることで起きる。
→「数字は増えてるけど面積は減ってる」ような状態だと、増えてるのか減ってるのかが聴衆の方々は一瞬で判断しにくい!

◎なので、円グラフは量の増減そのものではなく、「シェア等の比率」を表す時に使うと良い!

→これであれば全体の総量が変わったとしても影響を受けず、数字の増減と面積の増減が連動する(数字が増えれば面積も増える)

こんなお話でしたが、ここまで覚えていましたか?

はい!大丈夫です!∠(・`_´・ )ビシッ

OK!それでは早速今回の内容に入っていきましょう!
前回でグラフについてのお話が終わりましたので、今回からはPowerPointでの「表のわかりやすい・伝わりやすい見せ方のポイント」についてお話していきます!

表も意外とプレゼン・PowerPointではよく使うことがありますよね。
その際の見せ方のコツやテクニックをお伝えできればと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

あ、でも念のためもう一回前回の内容をしっかり読んでおきたいという方はこちら↓↓↓

量じゃなくて比率を示す!PowerPointでの円グラフの注意点

 

表もやっぱり「色使い」が大事

さて早速ですが、PowerPointで表を入れる時、何か注意してるところってありますか?

ん~何でしょう?正直あまり意識せずに入れていた気が…(´ㅂ`;)

ははは、実に、実に君らしいですね((´∀`))

ははは、そうですね…(「実に」を重ねて言ってくるところに嫌味を感じる今日この頃(´-`).。oO)

実は表もいくつか注意した方が良いところ・ポイントがあるんですよ。
その1つが「色」です。

色ですか?以前PowerPointの色使いのお話はありましたが、表でも大事なんですね!

そうなんです。
そう考えると、やっぱりPowerPointにとって「色」ってすごく大事なんだなっていうことがよくわかりますよね。

様々なところで色に配慮しなきゃいけない場面が出てきますもんね!

表でもやっぱり色の問題が出てきます。
特に表の色使いで注意したいところは「表中のセルの色」です。

 

PowerPointのデフォルト設定「シマシマカラー」はやめよう!

PowerPointで表を挿入すると、こんな感じの表が最初出てきますよね?

PowerPoint,プレゼン,表,ポイント,わかりやすい,見せ方

そうですね!よく見かけるやつですww
でも、これのどこが悪いんでしょう?(´・ω・`)?

この表の修正すべき点としては、一行おきに付いている「シマシマの色」です。
これ、やめましょうwww

これダメなんですね(´ㅂ`;)めっちゃ使ってましたwww

ですよねww
PowerPointではこのシマシマカラーがデフォルトの設定になってるので、そのまま使ってる人が多いです。
でも、なるべくやめた方が良いと思います。

何でかと言うと、人間って色が付いているところにどうしても勝手に目が向かってしまうんですよね。
なのでシマシマの色使いに表がなっていると、特に注目してもらいたいところ以外にも色が付いてしまっているので、本当に伝えたいところに目線が行きにくくなります
つまり、伝えたいことが伝わりにくくなるわけですね。

なるほど、確かにシマシマだと目線があちこち飛んでしまっている気がします(°ω°)

 

表中のセルの色は「白」で統一!

なので、基本的には表の中は白で統一してあげましょう。
そして、本当に注目してもらいたいところだけに色を付けてあげる。

PowerPoint,プレゼン,表,ポイント,わかりやすい,見せ方,色

これが一番見やすいですし、相手の脳にも記憶として残りやすいです。
つける色としては、基本3色(ベースカラー、メインカラー、アクセントカラー)の中のアクセントカラーがまさにピッタリですね!

おぉ!確かに!色が付いているところに真っ先に目線が向かってわかりやすい!(*゚O゚*)))

これは以前お伝えしたPowerPointのグラフの色使いのテクニックを表にも応用しただけですが、とっても効果的なのでぜひやってみてくださいね!

その時の記事はこちら

グラフは目立たせたい部分に1色だけ!PowerPointのグラフの見せ方基礎

特にプレゼンの時に表を見てもらうケースでは、表中の全ての情報(数字、テキスト等)を端から端まで読んでもらう必要がないことが多いです。
プレゼンの時間も限られていますので。

なので、PowerPointの表においては“本当に伝えたい情報(ここだけは今日記憶に残してもらいたい情報)”が載っているセルに注目が集まればOK!
こんな割り切り方で作った方が、より良い資料になりやすいと思いますよ!

 

まとめ:伝えたいところに目線を誘導しよう!

今回の内容は以上になります。PowerPointのプレゼン資料作りにおいて、ご参考になりましたでしょうか?

表は基本的にテキスト情報ばかりが載ることになるので、聴衆の皆さんからすると「読まされてる感」が強い要素になります。
また、どこがポイントなのかもわかりづらい。

なので、少しでもその負担を軽くしてあげるためにも、伝えたいところにスッと目線が向かうように工夫してあげると良いですね。
その工夫の1つが今回の色使いになります。
ぜひご活用いただき、PowerPointのブラッシュアップにお役立てください!

次回は表の見せ方の続きで、「表中のテキストの揃え」についてのポイントをお伝えします!
お楽しみに~٩( ‘ω’ )و

 

あ、最後になりますが、職業柄よく「レイアウトで参考になる本を教えて欲しい!」と言われるのですが、私が昔からずっと参考にしているものの1つに「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本があります。

PowerPoint含め、ビジネス資料のレイアウトテクニック・ノウハウなどについて、とてもわかりやすくまとめられています。

私がデザインを長く勉強してきた中で、学生時代から“バイブル”として何度も繰り返し読んできた本ですので、興味がありましたら一度読んでみるといいかもしれませんよ!↓↓↓

お値段も高くないですし、とっても参考になると思いますので(◯・∀・)人(・∀・○)イェーイ

 

あと、この本もビジネスマンさんにはとっても参考になりそうな良書でしたので、お時間あれば見てみてください(^^)

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.