社会人のためのデザインハックメディア

内容構成

「ご清聴ありがとうございました」スライドは不要。パワーポイントの効果的な締め方を資料デザイナーが解説。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”デザインノウハウ・レイアウトテクニックをお伝えしています。

今回はパワーポイントのプレゼン資料において「最後のスライドはどのようなページにしたら良いか」、この点について資料デザインの講師を務めるデザイナーがまとめてみました。

日頃パワーポイントの資料を作ることが多い方の参考になれば幸いです。

/// この記事を読むとわかること ///
  1. プレゼンを終わるときに考えるべきこと
  2. プレゼン資料の最後に用意すべき具体的なスライド内容
  3. パワーポイントでの「スライド一覧」の表示方法
/// この記事を書いた人:日比 海里 ///
  • 株式会社トリッジ代表取締役 / デザイナー / コンテンツディレクター
  • グラフィック・WEBデザインや自社で展開するオウンドメディアのディレクションを行いつつ、パワポ資料作成の研修講師兼アドバイザーとしても活動中。パワーポイント資料作成の企業研修実績も多数(延べ150社以上、2,000人以上にレクチャー)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス発行)がある。

「ご清聴ありがとうございました」スライドって、本当に必要?

パワーポイントでプレゼン資料を作ったとき、なんとなく最後に入れることが多い「ご清聴ありがとうございました」と、ひと言だけ書かれたスライド。このスライドって、何のために用意するのか、考えたことがありますか?

ご清聴ありがとうございましたスライド

おそらく多く聞かれる回答としては、“聴衆の皆さんに対して、最後まで聴いてくれてありがとうの「感謝」を伝えるため”。この「ご清聴ありがとうございました」のスライドは非常によく見かけますが、ほとんどの方が“感謝の気持ち”を伝えるためにパワーポイントの最後に入れているのではないでしょうか。

ただそこで1つ考えたいのは、「感謝の意って、わざわざスライド1枚使って書かないと本当に伝わらないの?」ということ。確かに自分のプレゼンのために貴重な時間を割いて最後まで聴いてくれるなんて、すごくありがたいことです。だから感謝の気持ちは伝えたい。

だけど、それをわざわざスライドで表現する必要性ってあるのでしょうか。…うん、きっとないですよね笑。感謝の気持ちは、心を込めて言葉で話すだけでも十分伝わるはずです。

そのため、「ご清聴ありがとうございました」のひと言は、プレゼンの最後にきちんと言葉で伝えればOK。スライドはわざわざ用意する必要ないと筆者は考えます。

プレゼンの最後は「まとめ」か「スライド一覧」を表示させる

でもそうなると、プレゼンの最後ってPowerPointでは何を表示すればいいのか、悩んでしまいますよね? 何もスライドに表示させないのもイマイチ締まらない感じがするし。

そんな時に考えたいのは、やっぱり「聴衆の方々が、何を必要としているか」です。プレゼンの最後に聴衆の皆さんが見たいものといえば…そう、「まとめ」です。

プレゼンが終わるとだいたいは質疑応答の時間が設けられています。そのとき聴衆の方々からすれば、質問をするために「今回のプレゼンでどんなことが話されていたか」を最後にもう一度振り返りたいはず。

そのため、皆さんが振り返りができるように、プレゼンのポイントを整理した「まとめ」のスライドを用意してあげると良いでしょう。まとめは以下のような箇条書きなどでも十分です。

プレゼン資料のまとめスライドサンプル

しかも、まとめのスライドを用意してあげれば、最後にプレゼンのポイント・主張をもう一度アピールすることもできるので、一石二鳥です。

もしくは、まとめのスライドを作る時間がなかったら、以下のようにパワーポイントの「スライド一覧」を表示するだけでもOK。これがあるだけでも、聴衆の皆さんはすごく質問がしやすくなります。

プレゼンの締め方も、あくまで聴衆の方々目線で考えて、それに合ったスライドを用意するのが良いでしょう。

スライド一覧を表示

なお、パワーポイントでの「スライド一覧」の表示方法は、以下を参考にしてみてくださいね。簡単な操作でスライドを一覧表示することができます。

①まずPowerPointを開いたら、[表示]タブ→[スライド一覧]をクリック。

パワーポイントでのスライド一覧の表示方法

②するとスライドが一覧表示に変わる。

スライド一覧を表示

東京,神楽坂,東京note,グルメ

YouTubeで今回の記事の内容を見たい方はこちら!

今回の内容を動画で見たい方は、当ブログ筆者がYouTubeチャンネル『ビズデザ』でも詳しく解説しているので、こちらも併せてご参考ください(チャンネル登録もしていただけると、中の人は飛び跳ねて喜ぶそうです)

まとめ:ありがとうのスライドは、全然ありがたくない。

「ご清聴ありがとうございました」のスライドは、文字通り「ありがとう」の気持ちを表現したものですが、ただ聴衆の方々からすれば、実のところ全く「ありがたくない」んですよね笑。あくまでプレゼンは聴いてくださっている方々のために行うものなので、最後まで聴衆目線は忘れずにPowerPointも構成していくのがベターです。

そして、スライドでありがとうの気持ちを表さない代わりに、これまで以上に口頭での「ありがとうございました。」には感謝の気持ちを込めるのもお忘れなく!

なお、「まとめスライド」の具体的な中身・作り方のポイントは以下の記事で解説しているので、お時間あれば併せてこちらもご覧ください。

  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
日比 海里

デザイナー・コンテンツディレクター。オウンドメディアのディレクション・編集やビジュアル・クリエイティブ制作を中心に行いつつ、デザイン・資料作成の研修講師兼アドバイザーとしても活動中。 パワーポイント資料作成の企業研修実績も多数(延べ1,000人以上にレクチャー)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス発行)がある。

  1. 新入社員研修のおすすめテーマ12選。必須のテーマ・内容と開催準備のポイントも併せて解説。

  2. 【2024年最新】パワーポイント研修のおすすめ社員研修会社9選。各社の概要・特徴・料金なども端的に整理しました。

  3. パワーポイントで作った資料を動画にする方法。パワポでの動画編集・作成手順まで詳細解説してみた。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

関連記事

PAGE TOP

セオリーを学べば、パワポは「1秒」で伝わる。

“自己流”ではなく“セオリー”に沿って作る。パワポデザインの極意をプロから学んでみませんか?
詳細はココをクリック!