ビジネスマンのための資料デザインの教室

カタカナ言葉は厳禁!パワポで聴衆の方々へ行うべき必須の配慮

2018/11/11
 
PowerPoint,プレゼン,言葉遣い,カタカナ,聴衆
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

 


当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすいおすすめの見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使えるPowerPointの“極意”が詰まっていますので、ぜひご覧くださいね٩( ‘ω’ )و

今回はPowerPointの「聴衆の方々への配慮」について考えてみる回です。
プレゼンテーションの聴衆の皆さんは、若い方~ご年配の方、社内の方〜社外の方まで様々です。その上でPowerPointを作成する際に配慮した方が良い点がいくつかありますので、その見せ方等について一緒に考えていきましょう!

これらをうまく活用できればグッとPowerPointのプレゼン資料もレベルアップすると思いますので、ぜひご参考にしてくださいね!

まずその前に、PowerPointを「キレイに、わかりやすく・伝わりやすくする」ための基礎知識について学びたい方はこちら↓↓↓

秘密は脳にあり!キレイで伝わりやすいPowerPointの作り方の条件を徹底解剖!


 

 

聴衆者への配慮

さて今回は、プレゼン時の聴衆の皆さんへの配慮について考えていきたいと思います。

プレゼンシーンによって、聴衆の方々の属性(年代、性別など)もバラバラですよね?
時にはいつもより余計に気を回した方がいいとケースもあります。

そうなんですね!それはどんな時でしょうか?(・Д・)

それについてこれからお話ししていきましょう!

 

ご年配の方が多い時は、文字は気持ち大きめに

まず考えたいのは、ご年配の方が多い時です。

いつもご年配の方々へプレゼンをする時、PowerPointの見せ方で特に配慮している・意識していることはありますか?

ん~そうですね、やるとすれば、やっぱり文字は少し大きめにしてますかね!

おー素晴らしい!ちゃんとやってるじゃないですか!
君らしくない!

…えっ?はは、そうですか?(一瞬褒められたようで、すぐムカつくパターン(´-`).。oO)

文字は確かに大きめにした方がいいですね!
特にご年配の方々の場合は、小さい文字が見づらくなるケースがありますので、やっぱり文字はいつもよりも気持ち大きめにしてあげた方が親切ですね。

小さい文字は見づらくて、脳へのストレスが高くなりますので、こういった配慮も必要です。

ただ、あまりにも大きくし過ぎちゃうのはダメなんですよね?(^o^)

そう!よく覚えてましたね!
あまりに大きくし過ぎて余白がなくなっちゃうのはダメ、厳禁です。
余白がなくなって圧迫感が出てくると、逆にわかりにくくなってしまうので。

このノウハウについて解説している記事はこちら↓↓↓

全ては余白で決まる!ビジネス資料作成で最も気を使うべきポイントはここ!

 

特殊な言葉は使わない

あと加えて意識しておきたいのは、専門用語などの特殊な言葉の使用についてです。

その業界でしか通用しない言葉だとか、カタカナ言葉とか、こういったものをつい使ってしまったりするんですが、聴衆の皆さんはわかりにくいのでやめましょう。

特にわかりにくいのがカタカナ言葉です。

なんとなく響きがかっこいいからとかの理由で使ってしまうことが多いんですが、これ本当にわかりにくいので極力やめましょう。

例えば、

「シルバーエイジのアメニティライフをサポートする」

なんて言い回しを誰かさんがプレゼンでしたとします。

 

もう一回言います。

「シルバーエイジのアメニティライフ」

ですよ?

は?
なんて?
って感じじゃないですか?
何気取ってるんだとwww

てか、こういうカタカナ言葉って、めっちゃわかりにくいですよね(汗)

シンプルに

「高齢者の快適な暮らしをお手伝いする」

でいいじゃないですか。

PowerPoint,プレゼン,言葉遣い,カタカナ,聴衆

ほんとですね、この方が誰が聞いてもわかりやすい((´∀`))

そうんです、その「誰が聞いてもわかりやすい」ってのが大事なんですよね。
格好つける必要なんてプレゼンでは全く必要ないので、なるべくわかりにくいカタカナ言葉も使わないようにしましょう。

誰が聞いてもわかりやすい表現、これを意識するといいですね!

あ、あと社内でしか使っていない略称なども注意ですよ!
これは社外向けプレゼンでは100%通用しませんので!

 

まとめ:常に聴衆の方々の目線で!

今回の内容は以上になります。PowerPointを使ったプレゼン資料づくりのご参考になりましたでしょうか?

当ブログでは一貫してお伝えしている通り、PowerPoint作りでは常に「聴衆の方々が見てわかりやすいか」を意識する必要があると思います。

今回の内容もまさにその視点。
特に言葉遣いなどはついやってしまいがちな部分でもあると思いますので、日頃から「聴衆者目線」を意識しておくことが大切ですね!

次回はプレゼンの最後を飾る「サンクススライド」について考えていきます!
お楽しみに~٩( ‘ω’ )و

 

あ、最後になりますが、職業柄よく「レイアウトで参考になる本を教えて欲しい!」と言われるのですが、私が昔からずっと参考にしているものの1つに「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本があります。

PowerPoint含め、ビジネス資料のレイアウトテクニック・ノウハウなどについて、とてもわかりやすくまとめられています。

私がデザインを長く勉強してきた中で、学生時代から“バイブル”として何度も繰り返し読んできた本ですので、興味がありましたら一度読んでみるといいかもしれませんよ!↓↓↓

お値段も高くないですし、とっても参考になると思いますので(◯・∀・)人(・∀・○)イェーイ

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.