ビジネスマンのための資料デザインの教室

質疑で便利!パワポでスライド番号を入れた方が良い絶対的理由

2018/11/11
 
PowerPoint,スライド,プレゼン,番号,わかりやすい,見せ方
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすいおすすめの見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使えるPowerPointの“極意”が詰まっていますので、ぜひご覧くださいね٩( ‘ω’ )و

今回はPowerPointの「スライド番号」について考えてみる回です。
プレゼン資料の中ではちょっと地味な存在ですがw、その存在意義(大げさw)や見せ方について一緒に考えていきましょう!

これらをうまく活用できればグッとPowerPointのプレゼン資料もレベルアップすると思いますので、ぜひご参考にしてくださいね!

まずその前に、PowerPointを「キレイに、わかりやすく・伝わりやすくする」ための基礎知識について学びたい方はこちら↓↓↓

秘密は脳にあり!キレイで伝わりやすいPowerPointの作り方の条件を徹底解剖!


 

 

スライド番号って、入れてる?

今回はPowerPointのスライド番号について考えていきましょう。

早速ですが、普段PowerPointのプレゼン資料作る時って、スライド番号入れてます?
てかスライド番号って何だかわかってます?

そりゃ知ってますよ!ヽ(`Д´#)ノ
スライド1ページごとに振られているページ番号ですよね?

そうそう!よく知ってましたね〜君にしては偉い。

…ありがとうございます(完全に舐められてるパターン乙(´-`).。oO)

スライド番号とは、まさに彼が言ってくれた通りスライド1ページごとに振られている「ページ番号」のことです。

実に地味な存在ではありますが、意外と大事だったりするんですよね。
なので、可能であればこれは毎回入れてあげた方がいいと思います。
特に社内向けのプレゼンでは必須と考えた方が良いでしょう。

そうなんですね!でも何か理由があるんですか?

はい、ありますよー。
それはプレゼンが終わった後の「質疑応答」に関係しています。

 

スライド番号が入っていると質疑応答がしやすい

実はスライド番号が入っていると、質疑応答がしやすくなるんです。
プレゼンが終わると、大体は一番最後に聴衆のみなさんからの質疑応答の時間がありますよね。
どんな質問が飛んでくるのか、プレゼンターにとってはこの時間が意外とドキドキタイムだったりするわけですがwww

で、その時にPowerPointにスライド番号が入っていると、聴衆のみなさんが質問しやすいんです。

何番目のスライドなんですけど…
なんていう質問の仕方、よくしますよね?
あー確かに!

こんな風に質問してもらえると、プレゼンターもすぐに何ついての質問がされるのかわかりますし、質問者以外の聴衆の方も質疑について行きやすくなるわけです。

確かにスライド番号言われないと、時々「あの人はどこについての質問をしてるんだろう?」ってわかんない時あります(´∀`;)

そうなんですよね。意外と人によって「どこでどんな話をしていたか」の認識・記憶がバラバラになりがちなので、そんな時にスライド番号が入っていると、みんなの頭の中のイメージが統一されて、質疑もスムーズに、そして有意義になります。

ただ、社外プレゼン、お客様の前でのプレゼン等の場合は、実際に質疑の時にスライド番号まで指定して質問されることって意外と少ないです。
全体を通じた質問とかが多いんですよね。

なので、社外プレゼンの時はスライド番号を入れるスペースがなければ、無理に入れなくてもOKだと思いますよ。

なるほど、わかりました!意外と見落としがちなスライド番号も、PowerPointを使ったプレゼンの中では重要な役割を担っているんですね!

そうなんですよね〜。そして「重要な役割」という意味では、もう1つスライド番号で意識したいことをお話ししておきましょう。

 

全体のスライド枚数も添えて

もう1つ意識しておきたいことは、スライド番号には「できたら全体のスライド枚数も一緒に示してあげると良い」ということです。
例えばこんな感じ。

PowerPoint,スライド,プレゼン,番号,わかりやすい,見せ方

 

このように、左に現在のスライド番号、右に全体のスライド総数を書いてあげる。
「全体は56枚で、今はそのうちの17スライド目です」というような感じですね。

聴衆の皆さんって、

今回のプレゼンってどれくらい時間かかるんんだろう?
いつ終わるんだろう?

って、意外と不安に思ってたりするんですよね。
全体の総数が一緒に表示されて入れば、あとどれくらいで終わるかの推測ができるようになりますので、そんな不安を和らげてあげることができます。

なるほど!ちょっとの工夫ですごく親切なPowerPointに早変わりですね!

このテクニックはお客様相手、特にマネージャー層や経営層相手にプレゼンする時はぜひやってください。

立場が上の方になればなるほど、日々の時間を細かに意識して仕事をされる傾向が強いです。
経営層にもなれば本当に分刻みで予定が入っていたり。

そうするとプレゼンの後もたくさん予定があったり、急遽別件が入ってきたりするので、そう言った方々は「いつプレゼンが終わるのか」が結構気になっています。

なのでそのためにもPowerPointにはスライドの全体枚数も一緒に示してあげて、だいたいのプレゼンのボリューム感を推測させてあげることも重要です。

わかりました!早速自分のPowerPointにもスライド番号と全体枚数を表示させます!

 

まとめ:やっぱりPowerPointも「顧客目線」で!

今回の内容は以上になります。PowerPointづくりのご参考になりましたでしょうか?

ビジネスではよく「顧客目線で考えることが大事」なんて言われますが、PowerPointのプレゼン資料を作るときも正に同じです。

顧客(=聴衆)の立場になって、「どこに何が表示されて入れば、PowerPointを理解しやすくなるだろう?」と考える。
その思考の過程で出てくるものの1つが、今回の「スライド番号」なのではないでしょうか?

ぜひ今回の内容を活かしながら、聴衆の皆さんにとってわかりやすい・伝わりやすいPowerPointづくりを頑張ってみてくださいね~٩( ‘ω’ )و

 

あ、最後になりますが、職業柄よく「レイアウトで参考になる本を教えて欲しい!」と言われるのですが、私が昔からずっと参考にしているものの1つに「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本があります。

PowerPoint含め、ビジネス資料のレイアウトテクニック・ノウハウなどについて、とてもわかりやすくまとめられています。

私がデザインを長く勉強してきた中で、学生時代から“バイブル”として何度も繰り返し読んできた本ですので、興味がありましたら一度読んでみるといいかもしれませんよ!↓↓↓

お値段も高くないですし、とっても参考になると思いますので(◯・∀・)人(・∀・○)イェーイ

 

あと、この本もビジネスマンさんにはとっても参考になりそうな良書でしたので、お時間あれば見てみてください(^^)

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.