ビジネスマンのための資料デザインの教室

どれを使えばいい⁉︎PowerPointの文字の強調の使い分け方と注意点

2018/10/31
 
PowerPointでの強調の使いかけ方とポイント
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししていきたいと思います!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

シリーズ第9回の今回は、前回からの続きでPowerPointで使う文字、特に「文字の強調の使い分け方」に関してお話ししていきます!

文字の基本的なポイントを解説した記事と併せてお読みいただくと、さらに効果抜群ですので、お時間あれば一緒にご覧ください!

その記事はこちら↓↓↓

絶対押さえよう!PowerPointの文字を見易くする3つの条件!

 

 

文字、強調してますか?

今回はPowerPointのスライド資料での「文字の強調の仕方・ポイント」関するノウハウです。

では、早速1つ質問。
そもそもですが、きちんと文字を強調してますか?

それが…実はあんまり強調してないかもです…ひと手間だけだとは思うんですが、なんとなく面倒で(´∀`; )

やはりそうでしたか、君に限ってはそんなことだろうと思ってました。

…えっ?あ…すみません(俺だけ劣等生のレッテル貼られてる悲劇(´-`).。oO)

確かにいちいち細かく文字を強調していくのは面倒な一面もあります。

ただこの辺りをきちんとケアできてくると、PowerPointもビジネス資料としてワンランクUPしてきますので、今回の記事でそのノウハウをしっかり押さえておきましょう!

 

強調の種類

さて、例の彼にもう一度質問してみましょう。
なぜ強調を使うのが面倒だと感じるのでしょう?

…えっ?なかなか難しい質問しますね(´∀`; )
ん~、なんだろう。単純に性格的な問題でしょうか?

はい、きっとそうでしょうね。ズボラそうですもん。

…えっ?あ…すみません(今日グイグイ来られてる悲劇(´-`).。oO)

性格面以外には何か思うところありますか?

いや~なんでしょうね?あんまり深く考えたことないですが…。
あ、どれを使ったらいいかわからないから、なら使わなくてもいいやって思ってることもあるかも(・ω・`)

お、良い発言が出ましたね。

「どれを使ったら良いかわからない」

つまりそれは、

①強調の仕方にはいくつか種類があり、
②それぞれの違い・使い分け方がわからない

ということですね?

当ブログをご覧の皆様の中にも、もしかしたら同じように感じている方もいらっしゃるかもしれませんので、これからそこを整理していきましょう٩( ‘ω’ )و

文字の強調の仕方としては主には次の4つがあります。
それぞれ特徴や使い方にポイントや注意点があるので、しっかり抑えましょうね。

 

太字

まず太字。これが一番ポピュラーな強調の仕方かもしれませんね。

太字の使い方としては、タイトルだったり特に強調したいところに使うと効果的です。
強調効果として比較的強めなので、読み手にもアピールしやすい特徴があります。

ただ元々太めのフォントなどをさらに太字にしてしまうと、文字が潰れてしまう時があるので、その辺りは注意しましょう。

 

下線

次に下線。これは本文だとか比較的長めの文章で強調したいところに使用すると効果的です。

前述の太字は強調効果が強めなので、長い文章に使ってしまうと、紙面が黒々としてしまい、非常に「うるさく(ごちゃごちゃとして見づらく)」なってしまいます。

下線であればそこまでのうるささは感じずに、しっかり強調効果も得られるので、長めの文章にはこちらを使いましょう。

ただ、だからといってこれも使い過ぎたりするとかえって読みづらくなりますので、その点は注意です。

 

斜体(イタリック)

そして斜体。よくイタリックと呼ばれますね。
これは主に英文に使うようにしましょう。

日本語のフォントだと斜体に対応していないものもあり、斜体を適用してもほとんど変化しないケースが出てきます。

ですので、そもそも斜体使ってもあまり意味がない時もありますので、基本は英文で使うにしましょう。

英文であれば、大方のフォントが斜体に対応していますし、強調効果をしっかり得られるます。

 

影(ドロップシャドウ)

そして最後の影ですが、これについては最初にはっきりと言ってしまいますが、正直これは使わないようにしましょう

実のところ他の強調よりもうるさくなりやすいという特徴を持っています。

そうすると、ただただPowerPointがごちゃつくだけになってしまうので、文字に影をつけるのは原則やめた方がいいと思います。

強調したい場合は他の3つのどれかを使えば、十分に効果が得られますので、前述の3つを使うようにしましょう。

 

PowerPointでの強調の使い分け

 

 

まとめ:強調も視認性を意識!

強調の種類とそれぞれの特徴・使い分け方のポイント、ご参考になりましたでしょうか?

それぞれの強調の仕方でポイントや注意点はありましたが、とりあえず押さえてもらいたいことは、強調するときもとにかく見やすく「視認性・可読性を意識する」ということです。

強調することで逆にPowerPointが見づらくなってしまっては、資料としていけません。本末転倒ですね。

強調することで「本当に伝えたいことを、よりアピール」しないといけないわけですから、見やすさ・読みやすさは常に考えた上で、それぞれの強調の効果等をうまく使い分けてくださいね٩( ‘ω’ )و

それでは今回はここまで!
次回からはPowerPointでの「色使い・カラー」についての編に入っていきます。
カラーは意外と苦戦している方も多い部分であり、突っ込み出すと実は非常に難しいところ。

「ビジネス資料として必要なカラーテクニック」(←さらっと言いましたが、これ非常に重要です)をしっかり押さえていきましょう!

それでは次回もお楽しみに〜٩( ‘ω’ )و

 

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.