ビジネスマンのための資料デザインの教室

基本3色はこう選ぶ!色相環を使った簡単便利なPowerPoint配色法!

2018/10/30
 
メインカラー,アクセントカラー,色使い,配色
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!
今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

今回もPowerPointにおける「色使い・配色」についてのお話です。
突っ込み出すと非常に難しいカラーですが、PowerPointの資料を作る上で避けては通れないところですし、とっても大切な内容ですので、しっかり押さえておきましょう!

前回までのカラーの基本原則に関する記事と併せて読まないと話が繋がらないところもありますので、まだ読んでない方はぜひご一読ください↓↓↓

使うのは3色まで!伝わりやすいPowerPointの配色の原則がすごい!


 

 

おさらい:基本3色以外の色を使いたい場合は「明度のグラデーション上の色」

それでは今回もおさらいから入ります。

PowerPointの色使いにおいては、基本となる3色に色を絞るのが原則。
ただ、中には「もうちょっと色を使いたい!」という方もいらっしゃるので、そんな時は「基本3色の明度におけるグラデーション上の色」を追加しましょう、ということでした。

明度におけるグラデーション上の色であれば、基本3色から色味自体は増えないのでPowerPointの見た目もごちゃごちゃせず、かつ色の変化も生みやすいんですよね。

しかも鮮やかさもキープされるので、PowerPoint全体の美しさ・キレイさも抜群

ですので、どうしても基本3色以外の色も使いたい場合は、ぜひ明度のグラデーション上の色を追加しましょう!

ここまでが前回のおさらいになります。
思い出せましたか?

はい!しっかり覚えてました!てか早く次のノウハウを教えろ!\\\٩(๑`^´๑)۶////

…。
……。
………。

おい。
まぁそんなに生意気にならず焦らないで。

当ブログをご覧の方の中には、「ついうっかり前回の内容忘れちゃってました!」って方もいらっしゃると思いますので、そんな方はまず復習から入ってくださいね٩( ᐛ )و

4色目をどうしても使いたい!PowerPointの色使いで役立つ簡単配色テクニック!

 

そもそも基本の3色って、どう選ぶ?

さて、おさらいも終わったところで、今回は何をお話するかというと、

「ちょっと待て待て、そもそも基本の3色はどうやって選ぶん?

てことについてです。つまり配色ですね。

配色についてはまさに一番色使いで難しいところで、プロのデザイナーでも苦戦する部分です。

色使いというのは自由度が非常に高い割に、きちんと専門的な知識・組み合わせ・ルール・セオリー等を押さえていないと、キレイで安定した配色にならないという、なんとも扱いづらい存在なんですよ。

ただこの色使い・配色を味方にできれば、PowerPointも格段に美しく・見やすく・伝わりやすいものにできますので、今日はそのノウハウをお届けしたいと思います!

では早速「基本の3色の選び方」について考えていきましょう。

 

色相環(しきそうかん)を使った決め方がオススメ

基本3色の選び方としては、正直色々あります。
先ほどお話しした通り、配色は自由度が非常に高いので。

ただそれだと、

結局どれ選んだらええねん!
みたいになっちゃうかもしれないので、今回は私がお勧めしている「色相環」を使った配色法をお伝えしますね!

てか「色相環」って、ご存知ですか?これのことです↓↓↓

色相環,カラー,色使い,配色

あ!これ美術の授業で見た気がします!(´・Д・)」

そう、昔習いましたよね?
これは簡単に言って仕舞えば、「色味の近しいもの同士を輪っか状に順番に並べたもののこと」です。
これを色相環と言うのですが、基本色3色を決めるときも、これを使うと実はとっても便利

 

ベースカラーの選び方

まず基本3色のうちベースカラーの選び方です。

ただこれは正直なところ色相環関係なくてw、有無を言わさず「黒か濃いグレー」を選んでください。

いきなり色相環関係ないとはwww
でも、どうして「黒か濃いグレー」なんですか?(´・Д・)」

はい、それはPowerPointの背景色が関係していて、以前当ブログで「背景は白か薄~いグレーにしましょう!」とお話ししました。

その記事はこちら↓↓↓

テンプレートは不要!PowerPointの背景に「薄いグレー」を選ぶべき絶対的理由

その原則上、背景の上に乗せる文字は「黒か濃いグレー」だとコントラストもはっきりして、一番負担感なく見やすくなるからなんです。

そしてできれば「濃いグレー」の方がいいんですよね。
真っ黒だと白い背景とのコントラストが強くなり過ぎて目に負担がかかります。

PowerPointの資料は画面やプロジェクターに映すことが多く光が非常に強いので、長時間見てても疲れにくくなるように目への負担は少しでも少なくしてあげたい。

なのでできればベースカラーは濃いグレーにしてあげましょう。

 

メインカラー・アクセントカラーの選び方

あと残るはメインカラーとアクセントカラーになるわけですが、この2つも色の使い分けをするわけですから、なるべく目立つ色の組み合わせの方がいいですよね。

その時に、じゃその目立つ色の組み合わせってどうやって選ぶのか。
そこでポイントになるのがこの色相環です。

お!ようやく主役の登場www。゚(ノ∀`)゚。

遅くなってすみませんww
実は目立つ色の組み合わせって、この色相環で言うところの「向かい合う色同士」、これが目立つ色の組み合わせなんです。
この向かい合う色の関係性のことを「補色」と言います。

色相環,補色,カラー,色,配色

補色の関係にある色同士は、お互いの色を最も目立たせ合うと言われています。

なので、メインカラーとアクセントカラーを選ぶ時は、補色関係にある色同士を選ぶようにするととっても良い組み合わせになるんですね。

例えば、メインカラーに青を選んだのであれば、その反対にある赤だとか、お隣のオレンジや赤みのピンクあたりをアクセントカラーにする。
要は「アクセントカラーは、メインカラーが決まれば自動的に決まる」というわけです。

メインカラー,アクセントカラー,色使い,配色

 

反対側の色を選ぶといっても、厳密に真反対じゃなくても大丈夫です。
だいたい反対の位置にきている色を選ぶって感じでOKです。

このような選び方をすれば、悩まずに比較的簡単に基本の3色を選べますよね!
特にアクセントカラーがほぼ自動的に決まってしまうのは超便利
これが色相環を使った配色のテクニックです。

 

色の彩度や明度はとりあえず考えなくてもOK!

色相環を使った配色法、何となくご理解いただけましたか?

はい!わかりやすいですね!ただ1つ気になったのですが、この色相環を使って選ぶにしても、前回教えてもらった色の「彩度」とか「明度」は意識しなくていいんですかね?(´・Д・)」

お、またしても君にしては良い質問がきました。

…えっ?あ、ありがとうございます(またやんわりディスられる悲劇(´-`).。oO)

そう、実は彩度や明度の違いによってもこの色相環の色合いは変わってきますし、より高い次元を求めるのであればそれぞれの相性や組み合わせによる色覚効果等を考える必要が出てきます。
だから色って奥が深くて、非常に難しいんですよねー。

ただ、一般的なビジネスシーンでそこまでのレベルが求められるのかというと、私は違うのかなと思います。

これまで数回にわたってPowerPointの色使いの原則についてお話ししてきましたが、その原則のみをきっちり意識すれば、ビジネスシーンで作られる資料の「キレイで、わかりやすい・伝わりやすい色使い」としては80点は確実に取れると思います。
そして私はもうこれで十分だと考えます。

ここからさらに勉強を重ね、数あるカラーリング理論・テクニックを習得し、たとえ85点、90点、100点満点の資料を作ったとしても、80点の段階からさらに何倍も「キレイで、わかりやすい・伝わりやすい色使い」になるかと言ったら、そんなことはないからです。

しかも残り20点分を習得するには、非常に時間と労力と実践経験を必要とします(カラーコーディネーターという色のみに特化した専門家が存在していることからも、その難易度がわかりますよね)。

毎日多忙なサラリーマン・ビジネスマンが、その20点分の獲得に多くの時間を割くことは、あまり現実的ではない(必要ない)と思います。

ですので、一般的なビジネスシーンで作られる資料(PowerPoint含む)の色使いは、80点で十分!
彩度や明度などの属性はあまり意識せず、シンプルに「1つの色相環を使って3色決めちゃえ!」
これが私の結論です٩( ‘ω’ )و
(あ、もちろんもっとカラーを勉強したい人は、やって良いですからねwww)

 

色相環はGoogle先生にお任せ!

なるほど、非常に合理的な考え方ですねwww わかりました!
あと、その「色相環」ってどこで見られるんですか?

はい、色相環を見たい場合は、とりあえずググってくださいwww
「色相環」でググれば、たくさん画像が出てきますので、そのどれかを参考にしちゃいましょう。

今回の記事で先ほどお見せした色相環は「12色相環」と呼ばれるもので、全部で12色の色相(色味)で構成されています。
もっと細かく色相を分けた色相環もありますので、この辺りはお好みで選んでみてくださいね。

 

まとめ:色相環を使ってパパパッと決めちゃえば時短にもなるよ!

以上が今回の内容です。色相環を使った配色法、ご参考になりましたでしょうか?

以前から何度もお伝えしている通り、色は本当に難しいです。
あれこれ考えていても、元々の深い配色理論などを理解していないと、とてもじゃないですが100点満点なんて取れませんし、一般的なビジネス資料であればそのレベルは必要ありません。

なので、今回のように色相環を使ってパパパッと基本3色にあたりをつけてしまうのが一番効果的かつ効率的なのではないでしょうか。

しかもその方が色選びに長い時間をかけずにすみますから、時短にもなって忙しいビジネスマンには嬉しい限りですよね!
ぜひ今回の内容をご参考になさってください!(◯・∀・)人(・∀・○)イェーイ

さて次回ですが…

すみません!また1つ気になることがあるのですが…実のところ今回の内容では「メインカラーの決め方」って、具体的に言ってないですよね?
そのメインカラーはどう選ぶのかと(´・Д・)」

あ、バレました?www
そうなんです、実はその内容は次回お伝えしようと思っていまして!

「ベースカラーは、黒か濃いグレーで決まり」
「アクセントカラーは、色相環の中でメインカラーの反対側の色(補色)で決まり」
じゃ、メインカラーは?

この辺りについてお話ししていきたいと思います!1つとっておきの選び方がありますので、ぜひご参考くださいね!
では次回もお楽しみに〜٩( ‘ω’ )و

 

あ、最後になりますが、職業柄よく「レイアウトで参考になる本を教えて欲しい!」と言われるのですが、私が昔からずっと参考にしているものの1つに「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本があります。

PowerPoint含め、ビジネス資料のレイアウトテクニック・ノウハウなどについて、とてもわかりやすくまとめられています。

私がデザインを長く勉強してきた中で、学生時代から“バイブル”として何度も繰り返し読んできた本ですので、興味がありましたら一度読んでみるといいかもしれませんよ!↓↓↓

お値段も高くないですし、とっても参考になると思いますので(◯・∀・)人(・∀・○)イェーイ

 

あと、この本もビジネスマンさんにはとっても参考になりそうな良書でしたので、お時間あれば見てみてください(^^)

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.