ビジネスマンのための資料デザインの教室

え?そんなに少ないの⁉︎PowerPointに載せていい「適切な情報量」

2018/11/05
 
パワーポイントの情報量
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししていきたいと思います!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

シリーズ第3回の今回は、資料作りの前提となる「プレゼンにおけるスライド資料(PowerPoint、Keynote)に載せるべき情報量」についてお話ししていきましょう。

 

 

1スライドに載せる「適切な情報量」は、どれくらい?

最初に前回のおさらいをしておきましょう。
前回の記事では、プレゼン資料の位置づけについてお話ししました。そしてその中で、

「パワポは決して主役ではなく、視覚的なサポート役である」

ということをお伝えしましたが、覚えていますか?

すみません、全然覚えてないですっ(つ・∀・)

では前回の記事を見て思い出してください!(怒)

PowerPointはプレゼンの主役じゃない!位置づけから見えてくるパワポ作りのポイント

皆さんも思い出せましたか?
とにかくポイントになるのは、パワポは「主役であるトークにおいて大切なところ・ポイントになる部分だけに情報を絞り、それを視覚的に表現してあげればいい」ということでした。
これがとっても大事なところ。

そうなると、次に気になるのは「じゃ、実際にどれくらいの情報をパワポに載せたらいいの?」ってことですよね?

そこで今回はいきなり結論を話してしまいます!よっ!太っ腹!

結論としては、「スライドでは、必要最低限の情報さえ載っていればいい」です!

………えっ?…それだけ?もうちょっと具体的に…教えていただけると…ありがたいのですが…(´∀`; )

え〜欲張りだなぁ。しょうがない、もう少しだけ具体的に言うと、
「1スライド(1ページ)の中に入れて良いのは、1つのメッセージ」が原則です。

……えっ?…マジすか?なんかすっごく少ないように感じますが…(´∀`; )

そう、すっごく少ないです。というより、すっごく少なくていいんです。というより、すっごく少なくちゃいけないんです。

何度も言うようですが(何度も言うということは、本当に大切ということです)、とにかくパワポは「主役であるトークにおいて大切なところ・ポイントになる部分だけに情報を絞り、それを視覚的に表現してあげるもの」です。

パワポだけで全部の説明・アピールを完結させようとすると、1スライド(1ページ)の中にとんでもない量の情報を入れないといけなくなる。

そうすると情報量が多すぎて、逆にわかりにくく、伝わりにくくなります
なので、情報量は必要最低限にしなきゃいけないんですね。

ですので、「1スライドの中に入れて良いのは、1つのメッセージ」というのを、原則にして資料を作成しましょう。

 

「適切な情報量」を仮に秒数で表現するなら?

昔は「1スライド1分で終わる情報量にする」なんて原則が一般的だったんですよね。

あ、それ聞いたことある!

でも今は、よりわかりやすさを求めるならば「1スライド1メッセージ」にして、もっと情報量を減らしましょうというのが新原則。

ちょっと無理やりですが、それを秒数で表現するのであれば、だいたい社内向けのプレゼンであれば「1スライドで約30秒〜40秒以内」で終わるくらいの情報量でしょうか。

えっ? 短っ!(゜ロ゜)

もちろんプレゼンの内容・相手・条件等によって変わってきますので、あくまで目安程度に考えてください。
でもかなり短い印象を持つかもしれませんね。

さらに言うと、お客様などが相手の社外プレゼンでは「1スライド10秒〜15秒以内」で終わるくらいにすると良い、なんて言われることもあります。これも目安程度で考えてください。

特に社外プレゼンでは、ポンポンとリズミカルに進む方が効果的で、結果的に記憶にも残りやすかったりするんですよね。

とにかく伝えたいことは、「1回に入ってくる情報量を極力少なくすべき」と言うこと。
これはどんな時でもしっかり意識するようにしましょう。

 

まとめ:余計な情報はどんどん省こう!余白は怖がらなくていい!

スライドに載せるべき情報量の目安について、なんとなく掴めたでしょうか?

とにかくシンブルにして、たくさん情報を載せないということが大事。
ですので、

①言いたいことを1つに絞って、脳に負担をかけさせない。
②意味のない余計なオブジェクトなどは入れない。
③背景すらシンプルに。

この辺りは常に意識して作成したいですね。

パワーポイントの情報量

 

結構皆さん、「余白ができることを怖がって」何か入れたくなることが多いようですが、余白は決して怖がることはありません。
むしろ怖がるべきことは「余計な情報が入っていること」

わかりやすい・伝わりやすいスライドには、むしろ余白は必須です(←これについてはまた別の記事で少しずつお話ししたいと思います)。

余計な情報はどんどん省いていって、シンプル・簡潔に作る習慣をつけましょう!

 

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.