ぶっちゃけプレゼン資料の適正枚数って何枚?という疑問に、資料作成の講師が答えてみた。



 

当ブログでは、ビジネスシーンで“誰でも・手軽に使える”資料デザインノウハウ・テクニックをお伝えしています。

今回はプレゼン資料用のパワーポイントに関するお話。特に気になっている方が多い「スライドの適正枚数」について考えていきます!

YouTubeで今回の記事の内容を見たい方はこちら!

dummy
トリジ先生

今回はプレゼン資料の適正枚数についてのお話です。その内容を動画で見たい方は、当ブログ筆者がYouTubeチャンネル『ビズデザ』でもブログより詳しく解説しているので、こちらも併せてご参考ください(チャンネル登録もしていただけると、中の人は飛び跳ねて喜ぶそうです)

ブログで内容を見たい方は、以下から本文がスタートします↓↓↓
ぜひ最後までご覧いただけますと幸いです!

スライド枚数って、何枚がベスト?

dummy
トリジ先生

今回はPowerPointで作るプレゼン用資料の枚数について、考えてみましょう。

dummy
神楽くん

そうそう! それ気になってたんですよ! 俺いつもプレゼンするときのスライド枚数がすごく多くなってしまうんですけど、それってあまり良いことじゃないですよね…?

dummy
トリジ先生

……………。

dummy
神楽くん

(あ、やっぱり多いのはダメなんだ。これは完全に怒られるパターン(´-`).。oO)

dummy
トリジ先生

……いいえ、多くても全く問題ありませんよ。逆に、少なくても問題ありません。

dummy
神楽くん

え!? そうなんですか?(てか、なぜ一瞬沈黙したのか(´-`).。oO)

dummy
トリジ先生

そうなんです、スライドの枚数が気になる人も多いと思いますが、結論を先に行ってしまえば「何枚だってOK」です

プレゼン用資料のスライド枚数に「適正枚数」はない!

当ブログの筆者はパワポ作成の講師としても活動しているのですが、よく生徒さんから以下の質問をいただきます。

「スライドの適正枚数ってあるんですか?」
「スライド枚数って何枚くらいにすればいいんですか?」

なので、この辺り意外と悩まれている方も多いと思いますが、個人的な考えをお伝えしておくと、私は「適正枚数はない」と考えています。要は、「伝わるんだったら何枚になってもOK!」ってことですね笑。

確かに、スライド枚数がすごく多くなってしまったり、逆にめちゃくちゃ少なかったりすると、「これで本当に大丈夫なのかな?」って不安になることもあると思いますが、ただやっぱり資料で一番大切なのは「伝えたいことが、しっかり伝わるか」ってことですよね。せっかく忙しい中一生懸命作ったのに、伝わらなかったら勿体無いですし。


ただその時、その「伝わる」ということと「スライドの枚数」に、完全な相関関係があるようには思えないんですよね。なので、伝えたいことがしっかり伝わって、聞き手の皆さんの次のアクションに繋がるんであれば、スライドって何枚になろうが構わないんじゃないかなっていう、そんな考え方を持っています。

むしろ枚数にとらわれるあまり、必要なスライドを無理矢理省略してしまったり、余計なスライドを増やしてしまって、わかりにくくなってしまったら、それってもはや資料の本来の目的を考えたら本末転倒ではないでしょうか。

dummy
トリジ先生

あくまでその資料の目的を達成するために「わかりやすい資料になっているかどうか」、ここを意識すべきではないでしょうか。なのであまりスライド枚数に縛られなくてOK!

dummy
神楽くん

なるほど! 多かろうが少なかろうが、伝わるならOK!ってことですね! だいぶ気が楽になりました!

東京,神楽坂,東京note,グルメ

ただし「企業文化」には要注意

dummy
トリジ先生

ただ、1つ意識しておかなければいけないのは、「パワーポイントの企業文化」です。

dummy
神楽くん

パワーポイントの企業文化、ですか? なんでしょう、それ?

パワポ資料に関しては特に会社さんそれぞれの「企業文化」みたいなものが結構色濃くあるのも事実で、会社さんによっては

「スライド資料は必ず10枚以内におさめなきゃいけない」と暗黙的に決められている…
「どんなプレゼンであってもスライドは4枚以内にしろ!」と言われている…

みたいなことがあったりします。そうなると、そのパワポの企業文化に一人で逆らうことって難しかったりするので笑、枚数を無理矢理調整せざるを得ないでしょう(本来的なところを考えれば、私は枚数の縛りはちょっと違うと思いますが…)。

特に「プレゼン時間が短いから、枚数を少なくしろと言われている」というケースをよく見かけますが、「プレゼン時間」と「枚数」についても、私はあまり関係性はないと思います。実際に、私の知人で「10分の提案プレゼンで、100枚近くのスライドを使って、コンペを勝ち取った」というケースも知っていますしね(まぁこれはかなり極端な例ですけど笑)。


でも、プレゼン時間が短いからといって、枚数を少なくしなきゃいけないことはやっぱりなくて、場合によっては枚数を多めに用意して、テンポよくポンポンとスライドを切り替えながら伝えていった方がいいことだってあるはず。一枚の同じスライドがずっと何分も表示されたりしてると、見てて飽きられちゃうリスクもあります

なので、企業文化があるのなら意識せざるを得ないですが、特になければ枚数にとらわれる必要はないと思いますので、枚数の意識は一旦取っ払って、全体の構成を考えてみていいんじゃないかと思います。

dummy
神楽くん

トリジ先生! でもどうしても会社から「枚数を少なくしろ」って言われちゃってる場合は、どうしたらいいでしょうか?

dummy
トリジ先生

そういうときはやむを得ないので枚数調整が必要になりますね。ただし、代わりに配布資料の方を少し手厚くしてあげたり、可能であれば事前に予備知識になるような資料を配って予習してもらうといいですよ。

dummy
神楽くん

なるほど! 少しでも当日聞き手の皆さんがわかりやすくなるように工夫をしてあげればいいんですね!

 

まとめ:資料はあくまでも「わかりやすいかどうか」が大事

dummy
トリジ先生

やっぱりビジネス資料で一番大事なのは「わかりやすさ」。あまり枚数にとらわれないようにしましょう。

「スライドの枚数」というのは、ちょっと細かいところではありますが、意外と気になる方も多い部分ではないでしょうか。特に枚数が多くなると「これはマズイのでは…」と思われがちですが、一番大事なのは“資料のわかりやすさ”なので、「あんまり意識しなくて大丈夫!」っていうところ含めて、ぜひ今回の内容を参考にしていただければ幸いです。

ぜひ今回の内容を活かしながら、聴衆の皆さんにとってわかりやすい・伝わりやすいPowerPointづくりを頑張ってみてくださいね~٩( ‘ω’ )و

↓↓↓その他の聴衆の方々への配慮について学びたい方はこちら↓↓↓

ビジネス,デザイン,レイアウト,資料,PowerPoint

【プレゼン前にチェック】カタカナ言葉は厳禁!パワーポイントで聴衆の方々へ行うべき必須の配慮はこれ

2018.10.31
dummy
トリジ先生

もし書籍で資料デザインを学ぶのであれば、以下の本は結構オススメです。“ノンデザイナー”であるビジネスマンの方向けにわかりやすく解説されていますよ。



当ブログ「ビズデザ(旧「Are you Designer? No, I'm...」)の中の人が、ついにYouTubeチャンネル『ビズデザ』を開設し、パワポの作り方をはじめとしたデザインノウハウの共有を始めました!


◆YouTubeチャンネル『ビズデザ』

ノンデザイナー・デザインビギナーである一般のビジネスパーソンの方々が、日頃のお仕事の中で使える『誰でも簡単にできるデザインのノウハウ・セオリー』を実例をたっぷり使いながら動画でわかりやすく解説!

小難しい高度なデザインノウハウは一旦抜きにして、“最低限ここまで押さえておけばOK!”というようなデザインノウハウに絞ってお伝えしていますので、資料デザインなどにお困りの方は、ぜひ当チャンネルをご活用ください!(よろしければチャンネル登録もお願いいたします)


Go to YouTube!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1984年東京生まれ。デザイナーであった親の影響もあり、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後に都内出版社にて編集・経営企画など幅広く経験し、その後独立。2017年に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、オウンドメディア運営を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師兼アドバイザーとしても活動。 “日本最大まなびのマーケット『ストアカ』”にて開催されているPowerPoint資料作成講座では、ストアカ全登録講師25,000人の中で2019年トップレビューを獲得(ユーザー平均満足度95%以上を現在進行形で獲得中)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪