ビジネスマンのための資料デザインの教室

絶対押さえよう!パワポの文字を見易くする3つの条件!

2019/02/13
 
文字の使い分け・フォント
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師・アドバイザーとしても活動中。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。
その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズをお届け!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

シリーズ第5回の今回は、パワポ資料の中でも最もたくさん使う必要がある「文字」に関することついてお話ししていきましょう。

 

 

見やすい文字って、どんな文字?

ビジネス資料で欠かすことのできないもの。それは「文字」。

PowerPointの資料に限らず、あらゆる資料で使わざるを得ないものですね。だからこそ、その効果的な見せ方・シーン毎の使い分け方をしっかり押さえたいところ。

文字に関してはいくつかポイントがありますが、今回はまず「見やすさ」についてです。

dummy
トリジ先生

そこで1つ質問。
そもそも「見やすい文字」ってどんな文字だと思いますか?

dummy
神楽くん

え?見やすい文字ですか?…そう言われると、何だかわからないですね(´∀`; )

dummy
トリジ先生

ですよね、よく考えてみると意外とこれがわからない。
でもきちんと「見やすい」と感じる条件って決まってるんです。
それがこれ。

見やすいと感じる条件
①視認性が高い
②可読性が高い
③判読性が高い
dummy
神楽くん

なんとなく似たような言葉ばかりですね(´∀`; )

dummy
トリジ先生

そうww でもこの3つがきちんと確保されていないと、文字というのはとっても見づらくなってしまいます
ビジネス資料としてはとっても大事なことなので、それぞれの違いをみていきましょう。

 

①視認性

これは、文字の「見えやすさ」を表す言葉です。
つまり、パッと見たときにすぐ文字として認識できるかどうかの度合い、ということですね。

例えば下の例。

文字の視認性・見易さ

上の文字は、背景の色とかなり近い色で書かれています。
なのでパッと見たときに「何が書かれているか認識しづらい」ですよね?

これは要するに「文字として見えにくい=視認性が低い」ということになります。

 

②可読性

これは、文字の「読みやすさ」を表す言葉。
3つの中では一番わかりやすいかもしれません。

例えば下の例。

文字、めっちゃ汚いですよねww
汚すぎてパッと見たときに文字なのか謎の落書きなのかわかりませんwww
(ちなみに、これは「明日は晴れ」と書いてありますw)

これは要するに「文字として読みにくい=可読性が低い」といくことになります。

 

③判読性

これは、文字の「わかりやすさ」を表す言葉です。
ちょっとイメージしにくいかもしれませんが、要は誤読しにくい・意味が伝わりやすいかどうか、ということですね。

これも例で見てみましょう。

文字の判読性・見易さ

上と下、それぞれ何という言葉が書かれているか、一瞬で判断できましたか?
上は英語で「Vacation(休暇)」、下は「Vocation(職業、転職)」です。

全く異なる意味の言葉が並んでいるわけですが、2文字目の「a」と「o」の形が似ててめっちゃわかりにくいですよねww

ましてや下に書いてある小さな文字列だったら、遠くから見たらまず見分けがつかないでしょう(←これ、プレゼン時のPowerPointの見やすさを左右する大ヒント

そう、これがつまり判読性が低いということですね。
前後の文脈などもしっかり読み込まないと、「誤読してしまうかもしれない=判読性が低い」ということです。

ちなみにこの例のようなケースは、「a」と「o」の形がはっきりと違うフォントを採用すべきですね。
例えばこんなフォント↓↓↓(ちなみにこれは「Helvetica」というフォントです)

文字の使い分け・フォント

 

dummy
トリジ先生

なんとなく3つの条件について理解できましたか?

dummy
神楽くん

はい!バッチリです!∠(・`_´・ )ビシッ

dummy
トリジ先生

それぞれ難しい言葉のように感じるかもしれませんが、内容としては意外とわかりやすいのではないでしょうか。
特に上記のように、身近な例で見てみると「なるほど!」って思えますよね。

この3つの条件が高められていないと、文字というのは一気に見辛くなります。
ですのでビジネス資料を作るときも、この条件については常に意識する必要があります。

 

まとめ:3つの条件を常に意識!資料のタイプにも注意!

dummy
トリジ先生

文字は資料において必ず使う要素。ちょっと意識するだけで、資料の伝わりやすさが大きく変わってきます。

文字の「見やすさ」の条件に関してはとっても大事なことですし、少し意識するだけでも資料の見やすさ・伝わりやすさがグッと向上してきますので、ぜひご活用ください。

ただこの3つの条件ですが、実は資料のタイプ(文字の多い文書、プレゼン用のPowerPointの資料など)によって、特に重視しなければいけないものが変わってきます

次回は、資料のタイプの中でも「PowerPoint」で意識すべき条件についてお話していますので、こちらもご参照ください〜٩( ‘ω’ )و

↓↓↓次回の記事はこちら↓↓↓

PowerPointで使うべきフォントは?
当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。 その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(
dummy
トリジ先生

“ノンデザイナー”であるビジネスマンのためのデザイン・レイアウト本として、以下の本はおすすめです。


現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(ひたすら私がしゃべりまくる講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローも無料でお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひ上のボタンよりお申し込みください。よろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師・アドバイザーとしても活動中。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.