社会人のためのデザインハックメディア

デザイン

パワーポイントの画像はShiftを使って縦横比を固定すべし。縦横比リセット方法・操作方法も解説。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

当ブログでは、ビジネスシーンで“誰でも・手軽に使える”資料デザインノウハウ・テクニックをお伝えしています。

今回はパワーポイントで資料を作る際に気をつけるべき「画像の縦横比」についてのお話です。画像の縦横のサイズをどのようにすれば美しく見えるのか、画像を拡大・縮小するときの便利Tipsなどをまとめてみましたので、日頃プレゼン資料などをパワーポイントで作ることが多い方の参考になれば幸いです。

/// 先に結論:折れ線グラフをより見やすく・わかりやすくするには以下の点に気をつけると良い ///
  1. パワーポイント資料に画像を入れる際に気をつけなければいけないこと
  2. 画像の縦横比を変えずに拡大縮小するときのテクニック
/// この記事を書いた人:日比 海里 ///
  • 株式会社トリッジ代表取締役 / デザイナー / コンテンツディレクター
  • グラフィック・WEBデザインやオウンドメディアの運営サポート・ディレクションを手掛けつつ、パワポ資料作成の研修講師兼アドバイザーとしても活動中。パワーポイント資料作成の企業研修実績も多数(延べ150社以上、2,000人以上にレクチャー)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス発行)がある。

画像を配置するときは縦横比を維持するのが基本のキ

今回はパワーポイントへの画像の挿入についてのお話。プレゼン用の資料などをパワーポイントで作っていると、画像を挿入するケースはよくありますよね。その際の基本のノウハウとして必ず押さえておきたいことがあります。それは「画像を拡大・縮小する際は縦横比を変えない」ということです。

「そんなの当たり前では?」という声も聞こえてきそうですが、実際にはそんなことないんです。企業の資料デザイン研修の講師としてよく登壇することの多い筆者ですが、これまで画像の縦横比が変えられてしまっている画像を何度目撃してきたことか笑。

たとえば皆さんも、下の例のように画像がびよ〜んと伸びてしまっているものを見たことはありませんか? きっとあるはず笑。

パワーポイントで画像を無理やり横に引き伸ばすのはNG

画像を拡大・縮小してレイアウトしようとするときに、縦横比が変えてしまうのはデザインにおいて絶対NGです。その理由を次項でお伝えします。

画像の縦横比を変えてはいけない理由

画像の縦横比を変えて配置してはいけない主な理由は、以下の3点が挙げられます。

/// 画像の縦横比を変えて配置してはいけない理由 ///
  1. シンプルに見た目が美しくない
  2. 何が映っているのかわかりにくくなる(=資料内ようが伝わりにくくなる)
  3. 文字が映っていた場合に読みづらくなる

画像の縦横比を元の状態から変えるということは、その画像は必ず“縦か横に歪む”ことになります。人間は普段見えているものとは違う、歪んだものを本能的に美しく感じないため、画像の縦横比を変えてしまうとシンプルにデザインが汚くなっていきます。

パワーポイントでは画像の縦横比を変えない

また歪むということは、画像に何が映っているのかわかりにくくなっていきますし、仮に画像内に文字が書かれていた場合、その文字まで歪んでしまうので、非常に読みづらくなる。ということは、資料がすごくわかりにくくもなっていくわけです。

そのため、レイアウトの関係から画像のサイズを拡大・縮小せざるを得ないケースがあると思いますが、その時は必ず元画像の縦横比のまま使うようにしましょう。

パワーポイントでは画像の縦横比を維持する

「余白を埋めるために画像を無理やり伸ばしてしまう」というケースもよく見かけますが、それもNG。むしろ余白はデザインにおいて重要な要素なので、埋める必要はありません。どんな時であっても必ず縦横比は維持しましょう。

なおデザインにおける余白の重要性については、下の記事でもまとめているので、お時間あればこちらも併せてご覧ください。

縦横比を維持したまま画像を拡大・縮小する方法

画像の縦横比を元のまま維持して拡大・縮小するには、PCのキーボードの[Shift]ボタンを有効に活用しましょう。[Shift]ボタンを押しながら画像の角をドラッグすると、縦横比が固定されたまま拡大・縮小することができます

具体的なやり方は以下をご参照ください。

①パワーポイントを開き、スライド内に任意の画像を挿入する

パワーポイントで画像の縦横比を変えずに拡大縮小する方法①

②挿入した画像を選択し、[shift]を押しながら画像の角をドラッグする

パワーポイントで画像の縦横比を変えずに拡大縮小する方法②

③縦横比が固定されたまま画像が拡大・縮小される

パワーポイントで画像の縦横比を変えずに拡大縮小する方法③

このような操作を使いながら拡大・縮小すれば、パワーポイントでも縦横比を崩さずに画像を載せることができます。ぜひ試してみてくださいね。

写真の縦横比をリセットする方法

すでに縦横比がおかしくなってしまった画像をリセットし、元データの初期比率に戻す方法も念のためまとめておきます。具体的なやり方としては以下の3つがあります。

/// 画像の縦横比をリセットする3つの方法 ///
  1. [図のリセット]→[図のサイズのリセット]を選択する
  2. [サイズ]→[リセット]を選択する
  3. [高さの倍率]と[幅の倍率]の値を揃える

方法①:[図のリセット]→[図のサイズのリセット]を選択する

まず1つめの方法は[図のサイズのリセット]を使うやり方です。

縦横比がおかしくなってしまった画像を選択し、[図の書式設定]タブ→[図のリセット]→[図とサイズのリセット]を選択すると、画像の縦横比がリセットされ、初期比率に戻ります。

画像の縦横比をリセットする方法①

方法②:[サイズ]→[リセット]を選択する

2つめの方法は、[サイズ]→[リセット]を選択するやり方です。

縦横比がおかしくなってしまった画像を選択し、右クリックして[図の書式設定]をまず選びます。その後、表示された[図の書式設定]ウィンドウの中から、[サイズ]→[リセット]と選択していくと、画像の縦横比がリセットされ、初期比率に戻ります。

画像の縦横比をリセットする方法②

方法③:[高さの倍率]と[幅の倍率]の値を揃える

3つめの方法は、[高さの倍率]と[幅の倍率]の値を揃えるやり方です。

②と同様に、縦横比がおかしくなってしまった画像を選択して右クリック→[図の書式設定]をまず選びます。その後、表示された[図の書式設定]ウィンドウの[サイズ]にある[高さの倍率]と[幅の倍率]の値を同値にすると、画像の縦横比がリセットされ、初期比率に戻ります(縦横比がおかしくなっている時は、[高さの倍率]と[幅の倍率]の値が必ず異なる数字になっています)。

画像の縦横比をリセットする方法③

フリー画像の入手はこのサイトがオススメ

パワーポイント資料の中で画像を使いたい場合は、フリー画像素材サイトからダウンロードしてくるのもお勧めです。特に使い勝手のいいサイトは「写真AC」です。

画像,素材,フリー,無料,PowerPoint
無料写真素材なら【写真AC】

「写真AC」は、背景に使えるテクスチャ画像から人物画像まで、非常に多岐にわたる種類の写真・画像がカテゴリ別に整理されているサイト。多くの企業サイトやブロガーさんたち利用している優良サイトで、多くの画像が無料で利用することができます。

利用に当たっては無料会員登録が必要ですが、メールアドレス等を入れるだけで済みますのでとっても簡単。まだ利用したことのない方は、下のリンクからすぐ登録できるので、ぜひ使ってみてくださいね。

◎ここから登録できます⇒無料写真素材なら【写真AC】
(リンク先右上の「ダウンロード会員登録(無料)」をクリックすればOK!)
東京,神楽坂,東京note,グルメ

まとめ:画像に歪みは禁物

今回はパワーポイントで資料を作る際に気をつけるべき「画像の縦横比」について、そのポイントやPCでの操作方法をお伝えしました。

よく考えると当たり前なんですが、画像には色々なものが写っていて、色もたくさん出てきて、かつすでにカタチとして完成しています。それの縦横比をいじってしまうと、色々と不具合や違和感が出てしまうんですよね。そのため縦横比はいじらず、元の画像をそのまま活かして使っていく。

パワーポイントで画像を使うときに意外とこれができていないケースを見かけるので、ぜひこの点も意識してデザインしてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
日比 海里

デザイナー・コンテンツディレクター。オウンドメディアのディレクション・編集やビジュアル・クリエイティブ制作を中心に行いつつ、デザイン・資料作成の研修講師兼アドバイザーとしても活動中。 パワーポイント資料作成の企業研修実績も多数(延べ1,000人以上にレクチャー)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス発行)がある。

  1. 新入社員研修のおすすめテーマ12選。必須のテーマ・内容と開催準備のポイントも併せて解説。

  2. 【2024年最新】パワーポイント研修のおすすめ社員研修会社9選。各社の概要・特徴・料金なども端的に整理しました。

  3. パワーポイントで作った資料を動画にする方法。パワポでの動画編集・作成手順まで詳細解説してみた。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

関連記事

PAGE TOP

セオリーを学べば、パワポは「1秒」で伝わる。

“自己流”ではなく“セオリー”に沿って作る。パワポデザインの極意をプロから学んでみませんか?
詳細はココをクリック!