ビジネスマンのための資料デザインの教室

PowerPointの画像の縦横比に気をつけるだけで、こんなに見栄えが変わる件

 
PowerPoint,画像,見せ方,入れ方,挿入,比率
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は企業・個人向けビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師、Web・グラフィックデザイナーとしても活動中。

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

ここ最近はPowerPointで「画像」を使うときのポイントについてのお話しています。
PowerPointのプレゼン資料では比較的使う場面も多そうな画像ですが、実は結構気を使わないといけないもの。

今回はPowerPointの中での「キレイで、わかりやすい・伝わりやすい画像の入れ方」について、ポイントやコツをお伝えしていきますよ!
と、その前に前回の「画像のうまい・効果的な使い方」について読んでおきたい方はこちら↓↓↓

一番最初と最後も効果的!PowerPointで印象に残る画像の見せ方


 

 

おさらい:プレゼンの最初と最後で画像を使うのも効果的

今日も前回のおさらいからいきます!
前回は「画像のうまい・効果的な使い方」についてお話ししました。

画像は使うととてもインパクトを与え、強い印象を残すことができる(マイナス面もありますが)ので、それをうまく使ってアピールしましょうということでした。

例えばプレゼンの一番最初(=PowerPointの表紙)で画像を大きく表示し、聴衆の意識・関心を一気に集めてプレゼンに没入させる。

あとはプレゼンの一番最後(=PowerPointのエンディングスライド)で画像を使い、その日のプレゼン内容の“最後のひと押し”をする。

こんな使い方は画像としてはアリということでしたね。
思い出せましたか?

はい!大丈夫です!(・`_´・ )ビシッ

最近やけに覚えが良くなってきましたね、以前は全くのトンチンカン野郎だったのに、感心です。

…ありがとうございます(やっぱり時々ディスられる恐怖(´-`).。oO)

では早速今回の内容に入っていきましょう!
これまではまずPowerPointでの画像の使い方に関する大前提となる考え方や使うべき場面についてのお話でしたが、今回は実際のPowerPointへの画像の挿入、「キレイで、わかりやすい・伝わりやすい画像の入れ方」についてです。

 

縦横比は絶対いじらずそのまま!

まず画像の入れ方・見せ方として必ず守ってもらいたいことがあるんですが、それが何だかわかりますか?

んー、なんだろう?画像のサイズとか…ですかね?

おー惜しいですね。
確かにサイズに関することではあります。

ただ純粋な全体のサイズではなくて、必ず気をつけなければいけないのは画像を拡大・縮小する際の「縦横比」です。

ジュウオウヒ?(˙-˙)

そう、縦横比。要は「縦横比は元の画像のままにしておく」のが大事ということですね。
よく見かける画像として、下の例のように横にびよ〜んって伸びちゃってるやつとかありませんか?

PowerPoint,画像,縦横比

あ!ありますww おじちゃんがびよ〜んってなってて面白い顔になってたりww

そう、これはやめましょう。
非常に見にくい&醜いですww

PowerPointに画像を入れるとき、レイアウトの関係から画像のサイズを大きくしたり小さくしたりする場面があると思うんですが、その時は必ず「元画像の縦横比のまま」で使うようにしてください。

PowerPoint,画像,比率

よく面倒臭がったりテキトーにやって、縦または横にだけびよ〜んと伸ばしちゃう人がいるんですが、こういうのは絶対やめましょうね。

片方だけを引き伸ばしすぎると、「もともと何の画像だったかもよくわからなくなる」こともありますので。

あと、つい余白を埋めるためにびよ〜んって伸ばしちゃうこともあります(^▽^;)

そうそう、それもよくやりがちですよね。
でもやっぱりダメです。てか特にそれはダメ。

以前にもお伝えした通り、PowerPointで余白は怖がる必要はありません。
わかりやすいPowerPoint・ビジネス資料には、余白は必須ですから。

なので、必ず縦横の比率は元のまま使うようにしましょう。

 

縦横比をキープしたまま拡大・縮小するには「shift」ボタンを活用!

縦横比を元画像のままキープして拡大・縮小するには、PCキーボードについている「shift」ボタンを有効に活用しましょう!
shiftボタンを押しながら画像の角をドラッグすると、縦横比率は固定されたまま拡大・縮小することができます

①PowerPointで画像を挿入する。
PowerPoint,画像,挿入

②挿入した画像を選択し、「shift」を押しながら画像の角をドラッグ。
縦横比が固定されたまま画像が拡大・縮小される。
PowerPoint,画像,挿入,shift

こういったテクニックも使いながら拡大・縮小すれば、PowerPointでもキレイでわかりやすい・伝わりやすい画像を見せることができます。

 

まとめ:スマートに見せよう!

今回は少し短いですが以上になります。ご参考になりましたでしょうか?
よく考えると当たり前なんですが、画像って色々なものが写っていて、色もめちゃくちゃたくさん出てきて、かつ既にカタチとして完成しています。

それの縦横比をいじってしまうと、色々と不具合や違和感が出てしまうんですよね。
なのでそこはいじらず、元の画像をそのまま活かして使っていく。

PowerPointで画像を使うときに意外とこれができていない方も多いようなので、今後はしっかり意識してみてくださいね!
見栄えが大きく変わってきますよ!

次回はもう1つ「画像のキレイで、わかりやすい・伝わりやすい入れ方・見せ方」をお伝えいたします。
お楽しみに〜٩( ‘ω’ )و

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は企業・個人向けビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師、Web・グラフィックデザイナーとしても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.