ビジネスマンのための資料デザインの教室

テンプレートは不要!PowerPointの背景に「薄いグレー」を選ぶべき絶対的理由

2018/10/31
 
パワポの背景は無地で白または薄いグレーに設定しよう!
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししていきたいと思います!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

シリーズ第4回の今回は、パワポ作りでも意外とみんな気になっている「スライド(PowerPoint、Keynote)の背景」についてお話ししていきましょう。

 

 

おさらい:スライドに載せるべき適切な情報量は?

最初に前回のおさらいをしておきましょう。
前回の記事では、スライドに載せるべき情報量についてお話ししました。そしてその中で、

「1スライド1メッセージ」
「1回に入ってくる情報量を極力少なくすべき」

が基本的な原則だということをお伝えしましたが…今回こそ覚えてますよね?

「はい、ご期待通り、全然覚えてな(つ・∀・):・’.::・Σ====Σ≡つ)゚Д゚):∵バキッ」

期待通りの回答、ありがとうございます(怒)
前回の記事を置いておくので、必ず復習するように!

はいっ!∠(・`_´・ )ビシッ

 

え?そんなに少ないの⁉︎PowerPointに載せていい「適切な情報量」

 

皆さんはしっかり覚えていたと思いますが、つい忘れちゃったという方は、ぜひ前回記事をご覧くださいね。

ポイントの部分は前述した通りですが、パワポは「とにかくシンプルにして、1回(1ページ)にたくさん情報を載せないことが大事」ということでした。

余白ができることを怖がる必要は全くなく、余計な情報が入っていることこそ怖がるべき。
それくらいスッキリ作っていくことが大前提であるわけですね。
ここまでが前回までのおさらいです。

そして次にお話ししたいことは、その“スッキリ作る・見せる”ことに密接に関係してくるであろう「パワポの背景」についてです。

これも意外と皆さんどんな背景にしたらいいか迷ったり悩んだりする方が多いようなので、今回はその辺りをはっきりさせちゃいますよ!

 

背景も同じ!とにかくシンプル・スッキリと!

さて、パワポ・スライドの背景って、普段どのように選んでます?

そりゃもう、とにかくカッコいいやつですよ!見た目も派手でスタイリッシュな感じ!だってそれ使うだけで「できる男」に見えるでしょ( ・`ω・´)キリッ

ですよねww
またもや期待通りの回答、ありがとうございますwww

えっ?だ、ダメなんですか?俺もうずっとそんな選び方だったんですが…(´∀`; )ハハハ

うーん、申し訳ないですがはっきり言ってしまうと、ダメですね。

ガ―(´・ω・|||)―ン!!

結局のところ、これも前回の内容と関連していて、パワポ・スライドの背景もとにかくシンプルにした方がいいんです。
だから派手さだとか、スタイリッシュかどうかなどは全く必要ありません。

ガガガ―(´・ω・|||)―ン!!

めっちゃショック受けてますねwww
でも大丈夫、これから改善していけばいいんですから(*´・∀・)

パワポ資料作り全体を通して共通的に意識しなければいけないことは、とにかくシンプルに作ること。
「シンプル」は超絶大切なキーワードだと覚えておいてください(今後も頻繁に出てきます)

となると、背景もよほどのこだわりや意味がない限り、やはり賑やかなものだとか、何となくスタイリッシュでカッコいい感じのやつとかは、使う必要がないんです。

じゃ、どんなのを使ったらいいんでしょう?パワポにはたくさん背景テンプレートがありますから、どれを使ったらいいかわからんです…(ノω・、) ウゥ

ですよね。なのでここではっきりとしておきましょう。
背景には、「パワポなどに入っているテンプレートは使わなくて結構」です

えっ!…マジすか?(゚ロ゚;)エェッ!?

はい、大マジです。

 

背景は「無地で白orグレー」を選ぼう!

びっくりされる方も多いと思いますが、基本的にテンプレートは使う必要ありません。
こういったテンプレートは「余計なもの」が入り過ぎてるんですね。

 

パワポ,テンプレート,不要

 

どう考えても、上図のような「丸のオブジェクト」とか「派手めでごちゃごちゃした背景」が、ビジネスの説明上必要なはずはありませんから

ですので、背景は“シンプル”に無地で白のものを使うようにしましょう。
理想を言えば、少しだけグレーにすると尚良いと思います。

 

パワポの背景は白or薄いグレー

 

薄いグレーってことですか?なぜ??

パワポを使ったプレゼンをする時って、大きな画面やプロジェクターで映しながら行うことが多いですよね?

そうすると、どうしても画面やプロジェクターの光が明るいので、真っ白い背景のものを長時間見ていると目が疲れたり痛くなることがあります。それって実は聴衆の方々にとってすごいストレスになってるんですよ

ストレスは極力与えたくないし、そのストレスによって集中力が切れて内容理解の妨げになることもあります。
ですので、真っ白よりは「薄〜いグレー」なんかにすると、とても良いと思いますよ!

な、なるほどぉ!(゚ロ゚ )

 

パワポの背景は無地で白または薄いグレーに設定しよう!

 

まとめ:背景選びに時間をかける必要はありません!

とにかくパワポ資料では「シンプル」がキーワードになるので、背景を決める時もそこは意識して選びましょう。
なので、パワポ等に入っているテンプレート、これは基本使わなくて良いわけですね。

しかも、白以外だと全体のカラーリング、配色が極端に難しくなりますので、そう言った意味でも、もう有無を言わずに「無地で白orグレー」にする。これでOK!

前にも少しお話ししましたが、パワポ資料は作るのに意外と時間がかかりがちです。
多忙な毎日の中で、少しでも時間を節約しながら資料を作るためにも、今回の背景選びの方法はぜひご活用くださいね!

 

あ、最後になりますが、職業柄よく「レイアウトで参考になる本を教えて欲しい!」と言われるのですが、私が昔からずっと参考にしているものの1つに「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本があります。

PowerPoint含め、ビジネス資料のレイアウトテクニック・ノウハウなどについて、とてもわかりやすくまとめられています。

私がデザインを長く勉強してきた中で、学生時代から“バイブル”として何度も繰り返し読んできた本ですので、興味がありましたら一度読んでみるといいかもしれませんよ!↓↓↓

お値段も高くないですし、とっても参考になると思いますので(◯・∀・)人(・∀・○)イェーイ

 

あと、この本もビジネスマンさんにはとっても参考になりそうな良書でしたので、お時間あれば見てみてください(^^)

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.