ビジネスマンのための資料デザインの教室

プレゼン資料では画像は「大きく大胆に使う」!効果的な見せ方解説!

2020/03/16
 
ビジネス,デザイン,レイアウト,画像,パワーポイント
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師兼アドバイザーとしても活動。 “日本最大まなびのマーケット『ストアカ』”にて開催されているPowerPoint資料作成講座では、ストアカ全登録講師25,000人の中で2019年トップレビューを獲得(ユーザー平均満足度95%以上を現在進行形で獲得中)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。
今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える資料作成の“極意”が詰まっていますので、ぜひご覧くださいね٩( ‘ω’ )و

今回はプレゼン資料に画像を載せる際の効果的な見せ方についてです。
画像を使ってわかりやすく伝えるために、ぜひご参考にしてくださいね!

まずその前に、パワポにおける画像の使い方の基本について学びたい方はこちら↓↓↓

PowerPoint,画像,使い方,綺麗,見せ方,ポイント
当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。 その中でも、プレゼンで使う『スライド資

 

プレゼン資料で画像を効果的に見せる方法

dummy
トリジ先生

さて、今回はプレゼン資料に画像を載せる時の見せ方についてのお話です。

dummy
神楽くん

以前にも、PowerPointでの画像の見せ方についてのお話はありましたよね?確か「縦横の比率は守る」とか「文字を重ねる時は、図形も一緒に挟む」とか。

dummy
トリジ先生

お、さすがですね。しっかり教えれば君でもなんとか覚えられるということか。感心感心。

dummy
神楽くん

あ、ありがとうございます…(澄ました顔での相変わらずのディスり…(・_・))
それで今回はさらに何について学ぶのでしょうか?

dummy
トリジ先生

はい、今回は以前お伝えした内容の発展版とでも言いましょうか。さらに「わかりやすく・効果的に見せるコツ」を一緒に学んでいきましょう。

 

画像は「大きく使う」のが基本

画像は“ビジュアルで伝えたいことを伝える”ための要素の1つ。上手く使えば、自身の主張等を聞き手に瞬間的に理解してもらえるようになります。

dummy
トリジ先生

その上で、画像を資料に載せる際に1つ前提として押さえておきたいことがあります。それは「画像は大きく使うのが基本」ということ。

dummy
神楽くん

大きく使う?それはなぜでしょう?小さくても良さそうな気もしますが…

dummy
トリジ先生

画像は他の要素と比べてインパクトが強く、それがメリットの1つでもありますが、小さく載せられているととそのメリットが活きづらくなるんです。

プレゼン資料には文章、図形、グラフなど、様々な要素がレイアウトされていますが、その中でも画像は特にインパクトが強いのが特徴。そのため聞き手に対してビジュアルで理解してもらいやすかったり、感情を揺さぶる効果もあったりします。

しかしそんな画像でも、小さく載せられているとさすがにそのインパクトの強さが感じづらくなり、非常に中途半端な印象に映ってしまいます

ビジネス,デザイン,レイアウト,画像,パワーポイント

dummy
神楽くん

なるほど、確かに小さいとあまり強い印象が残らないですね…。

dummy
トリジ先生

そう、なので画像のメリット「インパクトの強さ」をしっかり活かすためにも、基本的には画像は大きく使っていくのがおすすめです。

東京,神楽坂,東京note,グルメ

画像は「全画面で見せる」と効果的

dummy
神楽くん

大きい方が良いのはわかったんですが、具体的にはどれくらいのサイズで画像を載せるのが良いんでしょうか?

dummy
トリジ先生

良い質問ですね。画像のインパクトの強さを最大限に活かすのであれば、大胆に「全画面」で表示させましょう!

ビジネス,デザイン,レイアウト,画像,パワーポイント

dummy
神楽くん

全画面ですか!そりゃ本当に大胆ですね!
でも確かにこの方がスライドとしてもすごく強いインパクトを感じるし、話し手が「何を伝えたいのか」をイメージしやすい気がします!

「全画面」というとすごく大きくて“やり過ぎ”くらいに感じるかもしれませんが、画像に関してはこれくらい大胆に見せた方がむしろ効果的。

中途半端に小さく載せるくらいなら、大きく見せて画像のメリットを最大限に引き出してあげましょう!
こうすることで、聞き手に強い印象を残すことができますし、伝えたいことをビジュアルではっきりとイメージさせることができるので、聞き手としてもプレゼン内容を理解しやすく感じます。

 

全画面画像に文字を乗せる時は「画像の色を薄くする」

全画面で画像を見せつつ上に文字を重ねたい時は、画像全体の色を「薄くしてあげる」と良いですよ!そうすると文字がはっきりと見えるようになるし、画像のインパクトの強さも残せます。

dummy
神楽くん

さっきの例がまさにそうなっていましたね!ぜひその方法を教えてください!

やり方はとっても簡単で、しかもPowerPointの中で全て作業を完了できます。下の手順を参考にしてみてくださいね!

①画像を選択した状態で[図の書式設定]→[透明度]をクリックし、任意の透明度を選択(例では「透明度80%」を選択しています)

ビジネス,デザイン,レイアウト,画像,パワーポイント

②完成!(早いっ!笑)

ビジネス,デザイン,レイアウト,画像,パワーポイント

dummy
神楽くん

めちゃくちゃ簡単なんですねwww
すぐやってみます!

 

まとめ:画像は恐れず大胆に見せていこう!

dummy
トリジ先生

画像を使う時は、恐がらずに大胆すぎるくらいの見せ方でOK。インパクトの強さを最大限に活かしましょう。

今回の内容は以上です。PowerPoint作りのご参考になりましたでしょうか?

画像は上手く使えば聞き手にわかりやすく伝えることができますし、強いインパクトを残すこともできます。他の記事でもお伝えしている通り、むやみやたらに使うのはNGですが、はっきりとした目的を持った上で、今回の例のように要所で大胆に使っていけば、プレゼンにおいては強い味方になってくれることでしょう。

プレゼン資料のわかりやすさに直結する部分でもありますので、ぜひ意識してみてくださいね^^

↓↓↓“わかりやすい資料の条件”に関する記事はこちら↓↓↓

脳の情報処理の仕組み
当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。 その中でも、プレゼンで使う『スライド資

dummy
トリジ先生

手前味噌ですが、当ブログの内容がプレゼンノウハウ本として発刊されましたよ。

この度、ご縁あって当ブログの内容が「プレゼン資料作成のノウハウ本」として、株式会社インプレスさんより発刊されました!
タイトルは『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』

当ブログがかねてからお伝えしている「PowerPointは“わかりやすさ”が一番大事」という考えをベースに、わかりやすいプレゼン・伝わりやすいパワポ作成のノウハウと、そのパワポでの操作方法を一冊の本にギュッと詰め込みまくりました(笑)。

タイトルの「全知識」という言葉の通り、“ひと目で伝わる資料”の作り方はこの一冊で全て網羅できるよう書きましたので、ぜひご一読くださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師兼アドバイザーとしても活動。 “日本最大まなびのマーケット『ストアカ』”にて開催されているPowerPoint資料作成講座では、ストアカ全登録講師25,000人の中で2019年トップレビューを獲得(ユーザー平均満足度95%以上を現在進行形で獲得中)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2020 All Rights Reserved.