秘密は脳にあり!キレイで伝わりやすいパワポの作り方の条件を徹底解剖!

脳の情報処理の仕組み


パワーポイント,PowerPoint,パワポ,デザイン,作り方,わかりやすい,YouTube

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

今回は「わかりやすい・伝わりやすいPowerPointの条件」についてのお話です。自分のPowerPointの“どこを・どのように”直せばいいかをはっきりさせるためにも、とっても大切な内容ですので、しっかり押さえておきましょう!

ビジネス資料全般のレイアウトの基礎知識についてまず学びたい方はこちら↓↓↓

まさかそんな効果が!?資料作成時に絶対意識すべきレイアウトの4大原則

2018.06.03

「キレイで、わかりやすい・伝わりやすいPowerPoint」って、なんぞや?

dummy
トリジ先生

今回は「キレイで、わかりやすい・伝わりやすいパワポ」を作るためのベースを学びましょう。

PowerPointのスライド資料を作るとき、誰もが『キレイで、わかりやすい・伝わりやすいPowerPointを作りたい!٩( ‘ω’ )و』と思っているはず。当たり前ですがw

では、そもそも「キレイで、わかりやすい・伝わりやすいPowerPoint」って、どんなPowerPointのことをいうのでしょうか?こういうことって、意外と整理できてないことが多かったりします。

でも、どのようなPowerPointが「キレイで、分かりやすい・伝わりやすいPowerPointなのか」、この条件がわかっていないと、どこを直せば良いかわからないと思いますので、まずここを整理しておきましょう。

 

脳の仕組みがカギ!

「キレイで、わかりやすい・伝わりやすい」PowerPointの条件。これを整理する上では、「脳の情報処理の仕組み」がカギになってきます。人間が情報を処理するときは、ざっくり下記のような流れになります。

  1. まず情報を「目」で見る。
  2. 目から入った情報を「脳」が受け取る。
  3. 脳がその情報を「把握・認識」する。
  4. 最終的にその情報を「キレイだな、わかりやすいな」または「これはキレイじゃないな、わかりにくいな」と判断する。

日頃生活している中で、脳がこんな動きをしてるかどうかなんて全く意識していないと思いますが、このようなことを常に脳は365日24時間(寝ている時間を除く)行なっています。

人間が情報を把握・認識するためには、どうしても脳を使う必要がある(当たり前ですが)ので、「キレイで、わかりやすい・伝わりやすいPowerPoint」の条件を整理する上で、この脳の仕組みを無視するわけにはいかないのです。

短時間で情報を処理できる=わかりやすい

dummy
トリジ先生

以上の①〜④の脳の情報処理の仕組みの中で、「キレイで、わかりやすい・伝わりやすいPowerPoint」の条件上、何番がポイントになっているかわかりますか?

dummy
神楽くん

ん~、③…ですかね?

dummy
トリジ先生

そう!③です。当たるとは全く思ってませんでした。

dummy
神楽くん

…えっ?あ、どうも(今、軽くディスられた?(´-`).。oO)

dummy
トリジ先生

ポイントになるのはまさに③なんですよ。「脳がどのように情報を把握・認識すると、わかりやすいと判断するか」を知る必要がありますからね。

dummy
神楽くん

ですよね、そうだと思ってました(よ、よし。完全にヤマカンだったけど、とりあえず話を合わせてデキル男感を出しておこう。。)。

dummy
トリジ先生

そして「脳がどのように情報を把握・認識すると、わかりやすいと判断するか」というと、脳は「情報の処理(把握・認識)が短時間で済む」ものをわかりやすいと判断し、「情報の処理に時間がかかる」ものをわかりにくいと判断するようにできています。

例えばシンプルな情報であれば、「脳が短時間で情報を処理できる」から、その情報のことを「わかりやすい」と判断します。

反対に、ごちゃごちゃとしていて複雑な情報だと、目で見た時にパッと瞬間的に内容が理解できない。つまり「脳が情報を処理するのに時間がかかってしまう」ので、その情報のことは「わかりにくい」と判断してしまいます。

ということは、キレイでわかりやすい・伝わりやすいPowerPointというのは、「脳が情報の把握・認識に時間がかからない」という特徴を持っていると言えますね。

脳の情報処理の仕組み

 

短時間で処理できる情報=シンプルな情報

では次に、「どういう条件であれば、脳は情報を短時間で処理できるのか」ということを考えていきましょう。

これのヒントになるのは、先ほどちらっと出てきた「シンプル」という言葉。そう、脳はとにかく単純でシンプルなものを好みます。何しろ脳というのは人間の行動の全てを司っていて、常に大忙しだからです。だから、そんなところに、

  1. たくさんの情報がいっぺんに入ってくる。
  2. 余計な情報・不要な情報がある。
  3. きちんと整理されていない情報がある。

と、脳は目から入ってきた情報を処理するのに手間取ってしまい、「げ!これ複雑な情報だ!てことは『わかりにくい』情報だわ!」と判断してしまいます。

ですので、「キレイで、わかりやすい・伝わりやすいPowerPoint」を作りたければ、大忙しな脳になるべく負担がかからないように、とにかくシンプルにしなければいけないわけです。

脳は複雑な情報を好まない

dummy
トリジ先生

ここ、めっちゃ大事で、わかりやすいPowerPoint作りの根幹の考え方になりますので、絶対に絶対に絶対に意識してくださいね。

東京,神楽坂,東京note,グルメ

まとめ:Simple is best! シルプルに作るノウハウを学ぼう!

dummy
トリジ先生

とにかくPowerPointはシンプルに!これが合言葉ですね。

少し小難しい内容に聞こえたかもしれませんが、よく考えてみれば「あー、確かにそうだよねー」的な中身だったのではないでしょうか。

そしてそんなシンプルなPowerPointを作る上で必要になってくるのが、「PowerPointの効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウ」です。どうしたら脳に負担がかからないPowerPointになるか。これにはいくつかの原則やテクニック・ノウハウを知っているかどうかにかかっています。

当ブログでシリーズ化して解説をしていますので、スキルアップしたい人はぜひご覧くださいね!٩( ‘ω’ )و

dummy
トリジ先生

もし書籍で資料デザインを学ぶのであれば、以下の本は結構オススメです。“ノンデザイナー”であるビジネスマンの方向けにわかりやすく解説されていますよ。



当ブログ「ビズデザ(旧「Are you Designer? No, I'm...」)の中の人が、ついにYouTubeチャンネル『ビズデザ』を開設し、パワポの作り方をはじめとしたデザインノウハウの共有を始めました!


◆YouTubeチャンネル『ビズデザ』

ノンデザイナー・デザインビギナーである一般のビジネスパーソンの方々が、日頃のお仕事の中で使える『誰でも簡単にできるデザインのノウハウ・セオリー』を動画でわかりやすく解説!

小難しい高度なデザインノウハウは一旦抜きにして、“最低限ここまで押さえておけばOK!”というようなデザインノウハウに絞ってお伝えしていますので、資料デザインなどにお困りの方は、ぜひ当チャンネルをご活用ください!(よろしければチャンネル登録もお願いいたします)


Go to YouTube!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師兼アドバイザーとしても活動。 “日本最大まなびのマーケット『ストアカ』”にて開催されているPowerPoint資料作成講座では、ストアカ全登録講師25,000人の中で2019年トップレビューを獲得(ユーザー平均満足度95%以上を現在進行形で獲得中)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪