ビジネスマンのための資料デザインの教室

パワポのグラフは矢印と添え書きで驚異的にわかりやすくなる件

2019/04/11
 
PowerPoint,グラフ,矢印,わかりやすい,コツ
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師兼アドバイザーとしても活動。 “日本最大まなびのマーケット『ストアカ』”にて開催されているPowerPoint作成講座では、平均満足度95%以上を現在進行形で獲得中。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!
今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

今回は前回までに引き続き、PowerPointでの「グラフ」の「キレイで、わかりやすい・伝わりやすい」見せ方・おすすめのレイアウトのコツやポイントについてお話ししていきますよ!

今回は「PowerPointのグラフの見た目をシンプルにしつつも、伝えたいことをしっかり強調する見せ方のテクニック・コツ」をお伝えしていきます!
ぜひ活用して1つ上のプレゼン資料を作ってくださいね!

まずその前に、PowerPointにグラフを載せる際のベースとなるポイントについて学びたい方はこちら↓↓↓

PowerPoint,グラフ,色,シンプル,メインカラー,おすすめ,テクニック,コツ
当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。 その中でも、プレゼンで使う『スライド資

 

 

おさらい:グラフの目盛線と単位は消しちゃおう!

さて、今回も前回のおさらいからいきましょう。
前回はPowerPointのグラフのシンプルな見せ方をお伝えしました。

特にPowerPointのグラフはごちゃつきやすいので、すっきりシンプルに作って伝わりやすくするために、極力余計なものは省いちゃった方がいいわけですね。

その超具体的な例としては、グラフの「目盛線」と「単位」は消しちゃう、ということでした。

これらはPowerPointのグラフを意外なほどにごちゃつかせるものなので、それなら始めから取ってしまって、代わりに直接グラフ内にテキストボックスなどで具体的な数字を書き込んじゃうのがベター。

こうすれば聞き手の人たちにも見やすい・わかりやすいPowerPointのグラフになるわけですね。

ここまでが前回の内容です。
念のためもう一回前回の内容をしっかり読んでおきたいという方はこちらからどうぞ↓↓↓

PowerPoint,プレゼン,グラフ,目盛線
当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。 その中でも、プレゼンで使う『スライド資

今回は「PowerPointのグラフの見た目をシンプルにしつつも、伝えたいことをしっかり強調する見せ方のテクニック・コツ」についてです!

今回もめちゃくちゃ具体的な使えるテクニックになっていますよ!

 

見た目をシンプルにしつつも、伝えたいことをしっかり強調するには

dummy
トリジ先生

前回までの内容では、PowerPointのグラフを“とにかくシンプルに!”する方法を中心にお伝えしてきました。
ただ、そうすると1つの不安というか、心配事が出てくるんですよね。
それは、「そんなシンプル過ぎるグラフで、伝えたいことが本当に伝わるの?((゚Д゚;))ガタガタ」ってこと。

dummy
神楽くん

た、確かにちょっとそれ思いました(^~^;)

dummy
トリジ先生

ですよねww
そう感じるのも当然だと思います。
でも、そんな不安もあるテクニックを使うと、一気に解消できちゃうんですよ。

dummy
神楽くん

な、なんですかそれは?(; ・`д・´)

dummy
トリジ先生

それは「矢印と添え書きを加える」ということです。

dummy
神楽くん

「矢印」と「添え書き」…?(˙-˙)

dummy
トリジ先生

そう!実際に見てみた方がわかりやすいと思いますので、下に例を出してみます。
こんなやつ↓↓↓


dummy
トリジ先生

この2つを加えると、PowerPointのグラフが「見た目をシンプルにしつつも、伝えたいことをしっかり強調できる」ようになります

 
東京,神楽坂,東京note,グルメ

「矢印」と「添え書き」をグラフに加える

例えば今回の例のように、「コストを大きく削減できた!」ということをより強調したいのであれば、

①下方向に向かって矢印を入れる。
②さらに棒の上に「コストはこの4年で半分に減少!」等の伝えたいことを端的に表した添え書きをおいてあげる。

そうすると、そのPowerPointのグラフで言いたいことがパッと見ただけではっきりとわかって、その部分が強調されます。

PowerPoint,グラフ,矢印,わかりやすい,コツ
dummy
神楽くん

おー確かに!一瞬で何を伝えたいグラフなのかが理解できました!。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

たったこれだけなんですが、これとっても効果が高いので、PowerPointでグラフを入れるときはぜひ活用してみてください。
 

お尻がすぼんだオシャレな矢印の作り方

dummy
神楽くん

あ、あと1つ教えてもらいたいんですが、さっき例で出てきた「オシャレな矢印」って、PowerPointでどう作れば良いんですか?

dummy
トリジ先生

えっ?何なに?どんな矢印だって?

dummy
神楽くん

えっ?いやその「オシャレな矢印」ですよ、お尻の方がすぼんでシュッとなってるやつ!

dummy
トリジ先生

えっ?なに?「オシャレな矢印」ですって?今、「オシャレ」って言った?
あちゃ〜参ったな〜、やっぱり君にもそう見えますぅ?そう、カッコいいでしょー?こっそり使ってたんだけど、やっぱりバレちゃったか〜参った参った。

dummy
神楽くん

え…いや…ま、まぁカッコいいっすね(褒められてあからさまにご機嫌になるめでたさ(´-`).。oO)

まぁ基本的にビジネスシーンのPowerPointでは、かっこよさなんて全く必要ない(⇒「伝えたいことを伝える」ことが目的)んです。

ただ、ある程度の見栄えの良さも聴衆を惹きつける要素ではあるので(そればかり意識して見易さ・わかりやすさが損なわれては絶対ダメですが)、今回はこのとってもとってもオシャレな矢印の作り方もお伝えしちゃいますよ!

慣れてくれば簡単に作れちゃうので、ぜひ試してみてください!

 

PowerPointでの具体的なステップ

①まずPowerPointを開いて、「ブロック矢印」→任意の「矢印」をクリック。
PowerPoint,グラフ,矢印,わかりやすい,コツ

 

②適当なサイズの矢印を挿入する

PowerPoint,グラフ,矢印,わかりやすい,コツ

③挿入した矢印の上で右クリックをし、表示されたポップアップの中から「頂点の編集」をクリック。

PowerPoint,グラフ,矢印,わかりやすい,コツ

④矢印の各頂点が黒色に変わる(頂点の編集が可能な状態)ので、左下の頂点を選択。

PowerPoint,グラフ,矢印,わかりやすい,コツ

⑤左下の頂点にマウスを乗せた状態で右クリックをし、表示されたポップアップの中から「頂点の削除」を選択。

PowerPoint,グラフ,矢印,わかりやすい,コツ

⑥左下にあった頂点が消える。

PowerPoint,グラフ,矢印,わかりやすい,コツ

⑦残った一番左の頂点をクリックすると、白四角の「ハンドル」が表示されるので、

PowerPoint,グラフ,矢印,わかりやすい,コツ

⑧そのハンドルをクリックし、そのまま上方向にドラッグすると、矢印の線を曲げることができる。

PowerPoint,グラフ,矢印,わかりやすい,コツ

⑨任意の形(お尻がすぼんだ形)になるよう、残りの頂点も同じようにハンドルをドラッグして、形を整えたら完成。

PowerPoint,グラフ,矢印,わかりやすい,コツ

 

以上の操作で簡単におしゃれな矢印が作れるので、ぜひ活用してみてください^^

 

まとめ:一手間加えるだけで、グッと伝わりやすくなる!

dummy
トリジ先生

グラフはパッと見ただけで直感的に内容が理解できるように表現するのがポイントです。そのためには少しの手間もかけてあげましょう。

以上が今回の内容です。PowerPointのグラフ作りで参考になりましたでしょうか?

今回も超具体的なグラフ作成テクニックでしたが、とっても有意義なものです。
確かに一手間加えることになるので、少し作業は必要になりますが、このちょっとの手間がPowerPointの伝わりやすさに大きく影響してきますので、ぜひ意識してみてくださいね!

次回はPowerPointのグラフの中でも“地味ながら扱いが難しい存在”である「凡例」についてのお話です。
お楽しみに〜!٩( ‘ω’ )و

↓↓↓次回の記事はこちら↓↓↓

PowerPoint,グラフ,凡例,わかりやすい,コツ
当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。 その中でも、プレゼンで使う『スライド資
dummy
トリジ先生

“ノンデザイナー”であるビジネスマンのためのデザイン・レイアウト本として、以下の本はおすすめです。


現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(ひたすら私がしゃべりまくる講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
少人数制で開講していますので、超具体的&つっこんだご相談・ご質問にもその場でお答えしています^^
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローも無料でお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひ上のボタンよりお申し込みください。よろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師兼アドバイザーとしても活動。 “日本最大まなびのマーケット『ストアカ』”にて開催されているPowerPoint作成講座では、平均満足度95%以上を現在進行形で獲得中。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.