社会人のためのデザインハックメディア

デザイン

デザインの4大原則「反復」を徹底解説。意識すべきポイントと効果をまとめてみた。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

今回は、ビジネスシーンで作成する資料で『絶対に意識すべき4つのデザイン原則・ルール』の中の「反復」(繰り返す)について共有したいと思います。

あらゆるビジネスシーンの資料(社内・社外向け文書、Word・Excel・PowerPoint等)で役立つ原則なので、ぜひ有効に活用してくださいね!

/// この記事を書いた人:日比 海里 ///
  • 株式会社トリッジ代表取締役 / デザイナー / コンテンツディレクター
  • グラフィック・WEBデザインやオウンドメディアの運営サポート・ディレクションを手掛けつつ、パワポ資料作成の研修講師兼アドバイザーとしても活動中。パワーポイント資料作成の企業研修実績も多数(延べ150社以上、2,000人以上にレクチャー)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス発行)がある。

「反復」って、どんな原則?

『資料作成時に絶対意識すべきデザインの4大原則』のうちの1つ、「反復」。

この「反復」というのは、“意識的に”デザインの「特徴的な要素を繰り返すこと」を意味しています。

これができると、特に資料の“わかりやすさ”が飛躍的にアップするので、ぜひ意識したいデザインの原則です。

「反復」って、具体的に何をすればいいの?

「反復」の原則で具体的に行うことは、以下の2つだけです。

/// 「反復」の原則で行うこと ///
  1. デザインの特徴的な要素を“ルール化して繰り返す”
  2. (資料であれば)単一ページだけでなく、全ページにわたって“繰り返す”

以上の2点が反復の原則で守らなければいけないポイントになります。デザインにおいて特徴的な要素を、ルールとして全体的に繰り返す(見出しは必ず太字にする、キーワードには全て色を付ける、同じフォントを使う…など)。それが「反復」の原則です。

「反復」の原則の効果は?

そんな「反復」の原則の効果は、デザイン全体に「統一感」(=一貫性)が生まれ、ごちゃごちゃ感のない洗練された雰囲気を生み出すことができ、見やすさ・わかりやすさがアップする、ということ。

たとえば下のパワーポイントの例を見てみると、2つスライドがありますが、どちらもフォント・色使い・装飾などがバラバラでごちゃごちゃしてとっ散らかっているいるように見えますよね(むしろ同じ資料とは思えないほど)。

デザインの4大原則「反復」ができていないと…

一方で下の例のように、使われているフォントが1種類に絞られていたり、色も少なかったり、同じ箇所に同じ装飾が使われていたりすると、それらが“デザインのルールとなって”全体に統一感が生まれ、情報が一気に整理されます。それによって見やすく感じられますよね。

デザインの4大原則「反復」の例

また、そういった同じルールで全体が整えられていると、「どこに・何が書かれているのか」がイメージとして定着され、わかりやすさもグッとアップしていきます。

このように、デザインの特徴的な要素を反復(繰り返す)ことで、デザイン全体に一貫性・統一感が生まれるようになるため、内容までもがわかりやすく・見やすくなって行くわけです。

デザイン全体で反復させるのが大切

特に大切なのは、「全体にわたってルールを反復させること」。プレゼン用のパワーポイント資料を作る際も、1ページごとにルールを変えるのではなく、全てのページにおいて同じルールを適用しましょう。そうでなければ、全体としての統一感は得られなくなります。

仮に3ページ目までと4ページ目からでデザインのルールを変えてしまった場合、読み手に対して「あれ? 4ページ目からは誤って違う資料が混ざってしまったのかな?」など、誤解を与えかねません。

“特徴的な要素”とは?

なお、反復させるべきデザインの“特徴的な要素”としては、以下のようなものが挙げられます。もちろんデザインするものによって内容はまちまちですが、多くのデザインにおいて反復すべき共通的な要素としては、以下のものをとりあえず押さえておくと良いでしょう。

/// 「反復」させるべき要素 ///
  • フォント
  • 配色
  • レイアウト(位置)
  • サイズ・太さ
  • (資料であれば)見出し
  • 図形やイラストのテイスト(丸みのあるイラストで揃える、角張った図形を使い続ける…など)
  • 画像の加工 など

YouTubeでも「反復」の原則が学べるよ

今回の内容「反復」の原則を動画で学びたい方は、当ブログ筆者がYouTubeでも解説していますので、下の動画も併せてご参考ください!(チャンネル登録もしていただけると、中の人は飛び跳ねて喜びます)

まとめ:あらゆる資料で必ず意識! 特に関連性が弱いものは絶対近づけちゃダメ

今回はデザインの4大原則の1つ「反復」について、その概要とポイントをまとめました。

資料に限らず、デザインは“統一感”がとても大事です。統一感が生まれることで、全体が整理されて「長く目を留めようとしたくなる」「まとまりを意識できるようになる」からですね。そのためにはデザインにルールを与えて、それに基づいて特徴的な要素を反復させることが大事なので、この原則も色々な資料で使ってみてくださいね!

  • この記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
日比 海里

デザイナー・コンテンツディレクター。オウンドメディアのディレクション・編集やビジュアル・クリエイティブ制作を中心に行いつつ、デザイン・資料作成の研修講師兼アドバイザーとしても活動中。 パワーポイント資料作成の企業研修実績も多数(延べ1,000人以上にレクチャー)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス発行)がある。

  1. 新入社員研修のおすすめテーマ12選。必須のテーマ・内容と開催準備のポイントも併せて解説。

  2. 【2024年最新】パワーポイント研修のおすすめ社員研修会社9選。各社の概要・特徴・料金なども端的に整理しました。

  3. パワーポイントで作った資料を動画にする方法。パワポでの動画編集・作成手順まで詳細解説してみた。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

関連記事

PAGE TOP

セオリーを学べば、パワポは「1秒」で伝わる。

“自己流”ではなく“セオリー”に沿って作る。パワポデザインの極意をプロから学んでみませんか?
詳細はココをクリック!