ビジネスマンのための資料デザインの教室

レイアウトの魔法!ちょっと変えるだけで効果抜群な資料作成術 ①Zの法則

2018/11/05
 
Zの法則
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしていますが、今回からは『ちょっと変えるだけで効果抜群なレイアウト術』を全3回シリーズでお話しして行きたいと思います!

以前お伝えした『絶対意識すべきレイアウトの4大原則』と併せて使っていくと、より効果が高まります٩( ‘ω’ )و ↓↓↓

まさかそんな効果が!?資料作成時に絶対意識すべきレイアウトの4大原則

今回からお伝えする3回シリーズは、とっても手軽に取り組める、まさにタイトル通り「ちょっと変えるだけ」でOKなものなので、忙しくて時間がない方も嬉しいテクニックです。

特に紙の社内文書(Word等)やPowerPointのプレゼン資料などを作る機会が多い方は必見ですよ!

 

 

目線って、どう動いてる?

「読み手にとってわかりやすい・読みやすい内容になっているかどうか」
ビジネスシーンでの資料を作るとき、やっぱりこれは特に意識すべきですよね。

そしてわかりやすい内容にするためには様々な要素がありますが、意外と意識されていないのが「読み手の目線の流れ」です。

資料を読む人の「目線の流れ」を意識したレイアウトにしてあげないと、内容を正確に理解しづらくなってしまったり、本当に伝えたいこと・アピールポイントが見落とされてしまうかもしれません。

では、一般的に資料を読むとき、人はそれを「どのように見ている」でしょうか?

なんとなくですが、まず左上から見始める気がします!

そう!それ!その言葉を待ってた!

思い返してみるとわかりやすいかと思いますが、だいたいの人は資料を見るとき、まず最初に資料の左上を見るんですよね。

では次はどう見てます?

次はそのまま右の方に進んでますかね…

なるほど。ではその後は?

その後は…まだ見ていない左下に目線を移している気がします

はい、その後はまたそのまま右に進む形でしょうか。

そうなんですよ、一般的には今の話にあったような流れで人は目線を動かしています。

わかりやすいように図で表すとこんな感じ。

Zの法則

こうやって目線の動きを可視化してみると、あることに気づきませんか?

そう、目線の動きが「Z字」になっています
これをデザイン・レイアウトの世界ではZの法則」と呼びます٩( ‘ω’ )وシャキーン

普段はあまり意識していないと思いますが、人は資料などをみるとき、何気なくこんな目線の動きをしていることが多いようです。
よく考えてみると不思議ですよねw

 

Zの法則をうまく活用しよう!

ですので、資料を作成する際のレイアウトも、Z字の動線上に各コンテンツを置いていくと、読む人の理解力も高まりやすくなります

例えば、

①最初に目線がいく左上にアピールポイント・伝えたいことを置く
②次に左から右に向けてコンテンツを並べていく
③その後左下→右下に重要コンテンツを置く

などですね!

私もプレゼン用のパワーポイントの資料を作っている時は、このZの法則を意識して各スライドを組んでいきます。

ちょっとした配慮ではありますが、この法則を意識して作るだけで、プレゼン時の聴衆の皆さんの理解のしやすさが断然違ってきますよ!

またWordで作る社内文書などでも、この法則はとっても効果的です。

企画書などは情報量も多くなりがちですので、アピールポイントを見落とされないようにする必要がありますが、その時もこの法則をうまく使って、読み手の目線をこちらから誘導してあげれば、見落とされずにしっかりアピールすることができますよね!

さらにこの目線がZ字に動くという特徴は、「ざっとページの全体を見る時」に起こりやすいとも言われています。
ですので、概略を掴んでもらいたいページなどは特にこの法則を意識するといいかもしれません。

 

まとめ:一気に伝わりやすさアップ!しかも効果は資料だけじゃない!

そしてこの法則は資料だけにとどまらず、紙のチラシや店舗の商品棚を見るときなども当てはまると言われています。

実店舗のレイアウトを任されている方なども、ぜひ今回のZの法則を意識して、商品の配置をしてみてはいかがでしょうか?

売れ筋商品や利益率の高い商品を商品棚の左上あたりから並べていけば、もしかしたら一気に売上・利益アップが実現できちゃうかも︎(←全く保証はできません|ω・)ソロリ)

本当にちょっとしたテクニックではありますが、効果抜群のレイアウト法なので、ぜひご活用ください!

次回はZの法則に似た「Fの法則」についてお伝えしたいと思います!
お楽しみに~٩( ‘ω’ )و

 

あ、最後になりますが、職業柄よく「レイアウトで参考になる本を教えて欲しい!」と言われるのですが、私が昔からずっと参考にしているものの1つに「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本があります。

PowerPoint含め、ビジネス資料のレイアウトテクニック・ノウハウなどについて、とてもわかりやすくまとめられています。

私がデザインを長く勉強してきた中で、学生時代から“バイブル”として何度も繰り返し読んできた本ですので、興味がありましたら一度読んでみるといいかもしれませんよ!↓↓↓

お値段も高くないですし、とっても参考になると思いますので(◯・∀・)人(・∀・○)イェーイ

 

あと、この本もビジネスマンさんにはとっても参考になりそうな良書でしたので、お時間あれば見てみてください(^^)

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.