ビジネスマンのための資料デザインの教室

アニメーションはここで使う!パワポのアニメーション使い方術

2018/11/11
 
PowerPoint,プレゼン,アニメーション,ポイント,わかりやすい,見せ方
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

 


当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすいおすすめの見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使えるPowerPointの“極意”が詰まっていますので、ぜひご覧くださいね٩( ‘ω’ )و

前回から、PowerPointのプレゼン資料特有の要素「アニメーション」の見せ方についてのお話をしています。
アニメーションはどのようなところに気をつけるべきなのか、使うときはどんなアニメーションを使えば良いのか、その辺りのコツ・ポイントを一緒に考えていきましょう!

これらをうまく活用できればグッとPowerPointのプレゼン資料もレベルアップすると思いますので、ぜひご参考にしてくださいね!

まずその前に、PowerPointを「キレイに、わかりやすく・伝わりやすくする」ための基礎知識について学びたい方はこちら↓↓↓

秘密は脳にあり!キレイで伝わりやすいPowerPointの作り方の条件を徹底解剖!


 

おさらい:アニメーションは原則不要!

さあ、今回もまずは前回のおさらいから入りましょう。
前回はPowerPointでのアニメーションの前提についてお伝えしました。

以下にポイントを箇条書きでまとめてみたので、ご覧くださいね!

◎アニメーションにもメリット・デメリットが存在する

・ビジネス資料というジャンルにおいては、アニメーションはPowerPoint特有のものなので、なんとなく使いたくなるw
・ただ使うときはしっかりメリットとデメリットをしっかり意識した上で使うべき。
・メリットは、
①多彩な表現や強いインパクトを残せる
②順番や流れを意識させることができる
など。

・一方でデメリットは、
①聴衆の集中が妨げられ、意識が散漫になりやすい。
②内容の「先読み」「推測」がしにくくなる。
など。特にこのデメリット面が実はとても影響大。

 

◎アニメーションは原則不要

・デメリット面を考慮すると、アニメーションは原則として使わなくてよい(と、筆者は考えます)
・アニメーションを使わなくても、伝えたいことはちゃんと伝えられる

こんな内容でした。

アニメーションについては皆さんPowerPointでは使いたい派の方が多いと思うので、そういう意味では結構衝撃的な内容だったと思いますがw、ここまで覚えていましたか?

はい!大丈夫です!∠(・`_´・ )ビシッ

OK!それでは早速今回の内容に入っていきましょう!

今回もPowerPointでの「アニメーションの見せ方・使い方」についてお話していきます!
その中で今回は「アニメーションを使っても良い場面」について考えていきます。
ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

あ、でも念のためもう一回前回の内容をしっかり読んでおきたいという方はこちら↓↓↓

ばっさりアニメーションを無くしたら、PowerPointが3倍わかりやすくなった件

 

場面によっては使うべき!?

いや~前回のPowerPointでのアニメーションのお話、結構衝撃的でしたね。まさか「使わない」とは((´∀`))

ですよねwww
アニメーションはPowerPoint特有の要素なので、ドヤ感を求めてつい使いたくなる気持ちはすごくわかるんですがw、デメリット面が結構大きいと思うんです。

早速自分のPowerPointからもアニメーションをぜ~んぶ削除しましたよ!これですっきり((´∀`))

あ、ちょっと待ってください!
実はPowerPointのアニメーションも、「使っても良い場面」というのがあって、それをお伝えし忘れていました。

…えっ!ちょっとちょっと!それ早く言ってくださいよ( ゚д゚)

すみませんwww
君は言ってもすぐ動かないと思ってたので。

…そ、そうでしたか(最後には必ずグサリと刺してくる鬼講師(´-`).。oO)

これからその「場面」について一緒に考えていきましょう!

 

使っても良い場面①:「流れ」を意識させたい場面

さて早速ですが、使っても良い場面ってどんな場面だと思いますか?

ん~難しい質問ですね。。ヒントください!

しょうがないですね、じゃヒント。
ヒントは「アニメーションのメリット2つ目」です。

メリットの2つ目?2つ目ってことは…「順番や流れを意識させられる」ってやつですか?

そう!それです。
これがまさアニメーションを使っても良い場面と大いに関係しています。

つまり、聴衆の皆さんに「何かの物事の流れ・ステップ」をしっかり伝えたい時は、アニメーションを入れても効果的、ということです。

例えば、新しい業務フロー(流れ・ステップ)ができて、それをプレゼンで社内の他部署に周知しなければならない場合。
今までの既存フローが定着している他部署の人たちにそれを伝えるには、新しいフローの順番や流れの中でのポイントをしっかり意識してもらう必要があります。

そんな時に、PowerPointでフロー図を作って、そのフローをアニメーションで①から「順番に表示させていく」

こうすると、聴衆の皆さんの意識に新フローの「流れ」がイメージとして残りやすくなります。
特にアニメーションを入れると、話していないところは表示されないので、1つ1つのフローの説明をしっかり聞いてくれるようにもなります。

確かにフローとかの場合に限っては、最初から全部出てると、パッと全体を見てわかった気になって、話を聞かなくなっちゃう人が出てきそうですもんね(o_o)

そう、それが恐いですよね。
プレゼンの一番の目的が達成できなくなってしまいます。

なので、流れをしっかり伝えなきゃいけない場面では、アニメーションのメリットが活きてきます。

 

使っても良い場面②:表示する順番自体に意味がある場合

あともう1つ使っても良い場面があります。
それは、「表示する順番自体に意味がある場合」です。

はて(๑˙―˙๑)?これはどういう意味ですか?

要は、話の流れ上、「先に見えてちゃまずいもの」がある場合、それはアニメーションを入れて隠しておきましょう、ということですね。

例えば下のようなスライドをPowerPointで作っていて、話の流れ上「全体設計〜」と書かれた部分が見えていたら説明がしにくいとします。

PowerPoint,プレゼン,アニメーション,ポイント,わかりやすい,見せ方

そんな時は、「全体設計〜」の部分にだけアニメーションを入れておいて、その手前の説明が終わった後にアニメーションで「全体設計〜」の部分を表示してあげる。
そうすれば、聴衆の人に該当箇所を先に見られずにすみます。

なるほど!アニメーション特有の動きをうまく利用するわけですね!

こんな使い方であれば、アニメーションを入れるのもOKかと思います。

 

まとめ:使うべき場面としては限られている

本日の内容は以上になります。PowerPoint作りのご参考になりましたでしょうか?

前回の内容に引き続き、今回はアニメーションについてのお話でしたが、やはりアニメーションは使うべき場面というのはかなり限られているんじゃないかなと私個人として思います。

アニメーションがなくたって十分伝えたい内容は伝えられる。そう考えれば、アニメーションの派手な動きは必要ないと思うので。
今回お話した例のように、何か明確な意図があるときに限って使うといいのではないでしょうか。

次回は「使うときのオススメのアニメーションの動き」について考えていきます!
お楽しみに~٩( ‘ω’ )و

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.