ビジネスマンのための資料デザインの教室

表中の揃えの位置はこれで決まり!パワポの表の文字揃えルール

2018/11/11
 
PowerPoint,プレゼン,表,ポイント,わかりやすい,見せ方
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすいおすすめの見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使えるPowerPointの“極意”が詰まっていますので、ぜひご覧くださいね٩( ‘ω’ )و

今回は前回に引き続き、PowerPointのプレゼン資料での「表を使うとき」のキレイで、わかりやすい・伝わりやすい見せ方やおすすめのレイアウトのコツ・ポイントをお話ししていきますよ!

うまく活用できればグッとPowerPointのプレゼン資料もレベルアップすると思いますので、ぜひご参考くださいね!

まずその前に、PowerPointを「キレイに、わかりやすく・伝わりやすくする」ための基礎知識について学びたい方はこちら↓↓↓

秘密は脳にあり!キレイで伝わりやすいPowerPointの作り方の条件を徹底解剖!


 

おさらい:表中の色にシマシマカラーは使わない

さあ、まずは前回のおさらいから入りましょう。
前回はPowerPointでの表の色使いのポイントをお伝えしました。
以下にポイントを箇条書きでまとめてみたので、ご覧くださいね!

◎表中の色は「シマシマカラー」にしない

→PowerPointのデフォルト設定では、表を作ると偶数列・奇数列でそれぞれ色分けされて「シマシマカラー」になっている。
→人間の習性として、色がついているところには目が向かってしまうので、これだと“本当に伝えたい情報”に聴衆の目線が行きづらくなる可能性がある。

◎なので、表中の色は全て「白」に統一し、見てもらいたいセルにだけ色(アクセントカラー)をつけると良い!

→表の場合は、全ての情報(数字、テキスト等)をプレゼン時に読んでもらう必要がないことが多い。
→そのため、“本当に伝えたい情報(ここだけは今日記憶に残してもらいたい情報)”が載っているセルに注目が集まればOK。
→なので、シマシマカラーはやめて、表中の色は全て白で統一。その中で“本当に伝えたい情報”が載っているセルだけにアクセントカラーをつけてあげれば、聴衆の目線は自然とそこに集まる。

こんなお話でした。シンプルな内容ではありますが、とっても効果が期待できるし、すぐにでも使えるテクニックでしたね。
ここまで覚えていましたか?

はい!大丈夫です!∠(・`_´・ )ビシッ

OK!それでは早速今回の内容に入っていきましょう!
今回もPowerPointでの「表のわかりやすい・伝わりやすい見せ方のポイント」についてお話していきます!

その中で今回は「表中の文字の揃え」についての内容になります。
意外と見落としがちな部分でもあるかと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

このテクニック・ポイントはPowerPointだけでなく、他のビジネス資料を作成するときにもきっと役に立つと思いますよ!

あ、でも念のためもう一回前回の内容をしっかり読んでおきたいという方はこちら↓↓↓

表中のシマシマ配色はやめよう!PowerPointでの表のわかりやすい配色法

 

表中の文字も意識的に揃えよう

前回は表の色使いについてのお話でしたが、今回は文字についてです。
特にその中でもお伝えしたいのが「揃え方」。地味ですがww
表中の文字の揃え方って、今までどうしてました?

えっ?あ〜…正直そんなに気にしてなかったかもしれません…(´ㅂ`;)

やっぱり!意外とそういう人も多いかなと思ってましたが、君なら絶対そうだと確信してました。

えっ?…あ、そ、そうでしたか。ハハハ(「絶対」「確信」と言うところが非常にトゲトゲしく感じる今日この頃(´-`).。oO)

さてではその「表中の揃え」についてお話ししていきましょう。
よくPowerPointで表を入れるとき、文字の揃えの位置を、

全部左揃えでいいや〜
別にバラバラでもいいや〜
むしろ何も考えてなかったや〜
ってやってしまう方がいらっしゃるんですが、表中の文字も他のテキストと全く変わらないので、きちんと揃えて置いてあげないと見辛くなっちゃいます。

特に表は情報が多く載りがちな項目なので、文字の揃えがきちんとできていないと、意外なほどに見辛く、わかりにくくなるんですよね。

以前からずっとお伝えしている通り、脳は複雑な情報や整理されていない情報を嫌う傾向にありますので、プレゼンという限られた時間の中で、脳がPowerPointの情報を素早く処理するためには、しっかりレイアウト・体裁を整えてあげた方がいいわけです。

なるほど、表においてもやっぱりPowerPoint作りの基本的な考え方「シンプル」「整理」が大事になってくるんですね!

そうなんです。やっぱり何事も基本は大事だし押さえなきゃいけませんね!

 

表の横の揃えは「パーツ分け」して考えよう

表中の横の揃えを考えるときは、一旦表をパーツ分けします。
こんな感じ↓↓↓

①メインテキスト
②数字
③項目名

PowerPoint,プレゼン,表,ポイント,わかりやすい,パーツ

なんでパーツ分けするんでしょうか?(´・ω・`)?

良い質問ですね。
簡単に言ってしまえば、このパーツごとにそれぞれ役割が違ったり、特徴を持っているので、この「パーツで揃えの位置を変えた方が聴衆の方々はわかりやすい」からなんです。

そうなんですね!知らなかったです(°ω°)

そして結論を言ってしまうと、横の揃えの位置としては原則としてこう考えると良いですよ!

①メインテキスト:左揃え
②数字:右揃え
③項目名:中央揃え

PowerPoint,プレゼン,表,ポイント,わかりやすい,揃え

これが一番オーソドックスかつ見やすい揃えと考えてOKだと思います。
ある種「表における揃えのルール」と言っても過言ではないかもしれません。

この揃え方は一般的な雑誌や販促物のデザインを行う際に、エディターやデザイナーもよく使う揃え方で、とても見やすい・わかりやすいレイアウトだとも言われています。

なるほど!言われてみると、確かにこのようなレイアウトをよく見かける気がします!

簡単にそれぞれの説明をしておきましょう!

 

①メインテキスト:左揃え

日本語の横書きは「左から右へ読んでいく」もの。なので、長めの横書き文章は左側が揃っていると、次の行に移る時に目線が正しい位置に移動しやすいんです。
なのでメインテキストは左揃えがぴったり!

 

②数字:右揃え

数字の場合は「桁がある」という特徴を持っています。
そしてその数字は基本的に「3桁」ごとにカンマで区切って表示しますよね?
その時に、例えば左揃えにしてしまうと、それぞれの数字のカンマの位置がバラバラになってしまうことがあるんです。こうなると、数字の認識が非常に大変になります。

PowerPoint,プレゼン,表,わかりやすい,数字,揃え

右揃えにすれば、必ず3桁区切りのカンマの位置が全て揃うので、それぞれの数字を素早く正確に読むことができるんですよね。
なので、数字は右揃えがベスト!

 

③項目名:中央揃え

①・②とは違うもの(役割)なんだとパッと見た瞬間に理解しやすいので、項目名は中央揃えが最適。
また中央揃えは左右にバランスよくスペースが空くので、スッキリ見せる効果もあります。

 

表も、揃えを意識するだけでこんなに見やすさが変わるんですね!

 

縦の揃えは基本は「上下中央」でOK!

あと揃えといえば、横だけじゃなくて「縦の揃え」もありますよね?
これはケースバイケースではあると思うんですが、基本は上下中央が無難かと思います。
先ほど③項目名のところでもお話しした通り、中央揃えはバランス良くスペースが空く揃えになるので、全体をスッキリ見せる効果があるからです。

ただ、メインテキストのボリュームが多い時などは、場合によっては「上揃え」にした方が見やすく感じるケースもあるので、この辺りは状況によって使い分けをしてみてくださいね!

 

まとめ:ルールは最後まで一貫させよう!

以上が今回の内容になります。ご参考になりましたでしょうか?

今回は表中の文字の揃えについてのお話でしたが、1点最後にお伝えしておくならば、この揃えは最初から最後まで一貫させましょう。

PowerPointの中で途中違う揃えの表が混ざっていると、それも非常にわかりにくくなります。
レイアウトの4大原則の1つ「繰り返す」を、表のルールでもきちんと適用してくださいね。

内容としてはとても簡単で、すぐできるコツだったと思いますので、今後のPowerPointづくりにおいてぜひご活用ください!

次回からはついに長く続いたPowerPoint編の最後「アニメーション」の見せ方についてのポイントをお伝えします!
お楽しみに~٩( ‘ω’ )و

 

あ、最後になりますが、職業柄よく「レイアウトで参考になる本を教えて欲しい!」と言われるのですが、私が昔からずっと参考にしているものの1つに「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本があります。

PowerPoint含め、ビジネス資料のレイアウトテクニック・ノウハウなどについて、とてもわかりやすくまとめられています。

私がデザインを長く勉強してきた中で、学生時代から“バイブル”として何度も繰り返し読んできた本ですので、興味がありましたら一度読んでみるといいかもしれませんよ!↓↓↓

お値段も高くないですし、とっても参考になると思いますので(◯・∀・)人(・∀・○)イェーイ

 

あと、この本もビジネスマンさんにはとっても参考になりそうな良書でしたので、お時間あれば見てみてください(^^)

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.