スライドデザインの幅を広げたい!そんな時は「他の人が作った資料」で勉強しよう!具体的な方法も2つ紹介!



 

当ブログでは、ビジネスシーンで“誰でも・手軽に使える”デザインノウハウ・テクニックをお伝えしています。

今回はパワーポイントのデザインアイディアに関するお話し。プレゼン用のスライド資料を作っていると、いつもデザインが似通ってしまって困ることがあると思いますが、そんな時の解決のヒントをお伝えしていきます!

YouTubeで今回の記事の内容を見たい方はこちら!

dummy
トリジ先生

今回はPowerPointでの「文字の縁取り(袋文字)」についてのお話です。その内容を動画で見たい方は、当ブログ筆者がYouTubeチャンネル『ビズデザ』でもブログより詳しく解説しているので、こちらも併せてご参考ください(チャンネル登録もしていただけると、中の人は飛び跳ねて喜ぶそうです)

ブログで内容を見たい方は、以下から本文がスタートします↓↓↓
ぜひ最後までご覧いただけますと幸いです!

スライドデザインがいつも似通ってしまうという悩み…

dummy
神楽くん

トリジ先生、助けてください!プレゼン用のスライドを作ってるんですが、いつもデザインが似通ってしまって、変わり映えがしなくて…。何かデザインに変化を生み出す方法ってありますか?

dummy
トリジ先生

なるほど、確かにたくさんスライドを作っていると、デザインが似てしまうことはありますよね。では今回は、スライドデザインのアイディアの幅を広げる方法をお話ししていきましょう。

dummy
神楽くん

ありがとうございます!よろしくお願いします!

デザインのアイディアをストックしておこう!

dummy
トリジ先生

つい似通ってしまいがちなスライドのデザインですが、日頃からデザインの「アイディアをストックしておく」と、デザインにも変化を生み出すことができますよ。

dummy
神楽くん

デザインの「アイディアをストックする」? そんなことできるんですか?

dummy
トリジ先生

はい、実はとっても簡単な方法でストックすることができるんです。それは「人が作ったスライド資料を見させてもらう」ということですよ。

能力やスキルの向上過程において、最も重要なアクションは「お手本となる人の真似をする」ということ。

“真似”と聞くとあまり良いイメージが湧かないかもしれませんが、どんな分野においても能力の向上においては「真似る」という行動はとても大切であるとされています。「学ぶ」という言葉が「真似ぶ」から由来していることも有名ですよね。

デザインのアイディアにおいてもこれは同じ。人が作ったスライド資料を見て参考にさせてもらうことで、「あ〜こんな表現方法があったか!」という新しい発見・気づきを得ることができます。特にスライドデザインのアイディアってなかなか日頃の生活・プライベートではインプットする機会が少ないはずなので、枯渇しがち。

そんな時は他の人が作った「実際のプレゼン・スライド資料」を見させてもらうのが、最も有効な方法です。

dummy
神楽くん

なるほど! 確かに以前先輩が作った資料を見て「この見せ方は自分もやってみたい!」って思ったことがありました! アイディアの参考にさせてもらえばいいんですね!

スライドデザインのアイディアを簡単にストックする方法

dummy
神楽くん

でも、「人が作ったスライド資料」って、どうやって見させてもらえばいいんでしょう? 会社の先輩・同僚とかなら頼めば大丈夫そうですけど、できれば色々な分野のスライド資料を見てみたいんですが…。

dummy
トリジ先生

さすが神楽くん、欲張りですね笑。でもそう言うと思っていたので、そんな時の「とっておきの方法」をお伝えしちゃいますよ。

dummy
神楽くん

欲張りですみません笑。でもその「とっておきの方法」、気になります! 色々な分野のスライド資料を見る方法って、どうするんですか?

dummy
トリジ先生

はい、具体的には2つの方法があります。それは「①上場企業の決算発表資料を見る」と「②『SlideShare』を活用する」です。

  1. 上場企業の決算発表資料を見る
  2. 『SlideShare』を活用する

これからこの2つの方法について、具体的なやり方をお伝えしていきます。

スライド資料を見る方法①:上場企業の決算発表資料を見る

dummy
トリジ先生

まず最初は「上場企業の決算発表資料を見る」です。グラフや数値データの見せ方など、デザインの参考になりますよ。

上場企業の場合、四半期単位で決算発表を行なっています。その時に、株主の方々や市場関係者向けに決算説明会資料をパワーポイント等で作って、自社のWebサイトにアップしています。それらは誰でも・いつでも閲覧することができるようになっているので、スライドデザインの参考にすることができます。

特にそれらは会社の業績説明の資料になるので、グラフを使った見せ方や、サービス・事業内容の見せ方が実例として見られるのが◎。日頃そのような資料を作ることが多い方にはデザインの参考になるでしょう。

営業関係の方や、経営企画・コーポレート系の部署の方にお勧めです。

具体的なやり方

①まずGoogleなどで「企業名+IR」で検索(今回はソフトバンクを例に行ってみます)


②検索結果の中から「説明会資料」をクリック


③サイト内にある「プレゼンテーション資料」をクリック


④決算説明会資料のプレゼン資料が見られるので、デザインの参考にする


引用:ソフトバンク株式会社 2022年3月期 第1四半期 決算説明会資料

今回はソフトバンクを例に取り上げてみましたが、他の上場企業さんの場合は「説明会資料」ではなくシンプルに「決算説明資料」とか、表示名が違うケースもあります。

色々と検索してみて、ぜひ様々な分野・ジャンルの会社さんの資料を見てみましょう。会社さんによってかなりテイストが違うので、見ているだけでも面白いですよ!

dummy
神楽くん

なるほど、これなら簡単に実務的な資料が見られますね!

スライド資料を見る方法②:『SlideShare』を活用する

dummy
トリジ先生

続いて2つ目の方法は「『SlideShare』を活用する」というものです。「SlideShare」は、簡単に言えば「スライドショー形式で資料を閲覧・公開できるWebのサービス」ですよ。

SlideShare」では、世界中でアップされたプレゼン資料等が無料で閲覧できます。これを利用すれば、他の人が作った資料を見て、参考にすることができるので、とっても便利。

このサービスは元々LinkedInが運営していたサービスで(その後Scribdが買収)、信頼度も抜群。個人・企業はもちろんのこと、政府機関も使ってたりします(あのアメリカのホワイトハウスや、NASAも利用してます)。


なので、無料で気軽に世界中の資料を閲覧できる面白いサービスなので、これを利用して他の人が作った資料のデザインを参考にさせてもらうのも◎。

閲覧するだけなら、何の登録も必要ありません。また、自分で作った資料をアップロードすることももちろん可能なので、作った資料をみんなに見てもらいたい時とか、ネット上で共有したいっていう時にも便利です。

SlideShareでスライド資料を見る方法

①Google等で「slideshare」と検索。


②「Share and Discover Knowledge〜」をクリック


③あとは好きなスライド資料を見るだけ!


dummy
神楽くん

おお! 世界中で作られたスライド資料が見られるなんて、すごいサービスですね! これもぜひ参考にさせてもらいます!

スライド資料を見る際の注意点

上記2つの方法を使うと、デザインのアイディアをストックしていくことができますが、1つ注意点としては「全部を丸々鵜呑みにしない」ということ。自分なりに参考にする部分と、そうじゃない部分というのを取捨選択しながら、見るのがいいでしょう。

例えば上場企業さんの説明会資料でも、中には「ここはもう少しデザイン的にわかりやすくできそうだな」とか「改善の余地がありそうかな」っていうものもあったりするので笑、あくまでデザインの参考程度に見るくらいが良いかなと思います。


引用:ソフトバンク株式会社 2022年3月期 第1四半期 決算説明会資料

あとは、「自分だったら、こうデザインするかな」とか「自分だったら、この部分はこう変えるかな」という視点で見てみるっていうのも勉強になるので、ぜひ色々な角度から「他の人が作った資料を見させてもらって、そこから学ばせてもらう」、そういった姿勢で見てみるといいですよ!

まとめ:人が作ったスライドを参考にさせてもらうのはデザインの勉強になるよ!

dummy
トリジ先生

他の人が作ったスライド資料を参考にさせてもらうのは、とってもデザインの勉強になりますよ。

資料のわかりやすさを高めたい時は、デザインをシンプルにしていかないといけないので、特にデザインが似通っちゃうことも多々あります。それは別に悪いことでは全然ないので、似通ってしまってもOK。

ただ、より演出感の高いプレゼンをしたい時とか、ちょっとマンネリ感がある時などは、デザインの幅を持っていた方が融通が効きやすいので、日頃から時間がある時にデザインアイディアをストックしておくのがお勧めです。

今回ご紹介した2つの方法をぜひご活用ください!

dummy
トリジ先生

もし書籍で資料デザインを学ぶのであれば、以下の本は結構オススメです。“ノンデザイナー”であるビジネスマンの方向けにわかりやすく解説されていますよ。



当ブログ「ビズデザ(旧「Are you Designer? No, I'm...」)の中の人が、ついにYouTubeチャンネル『ビズデザ』を開設し、パワポの作り方をはじめとしたデザインノウハウの共有を始めました!


◆YouTubeチャンネル『ビズデザ』

ノンデザイナー・デザインビギナーである一般のビジネスパーソンの方々が、日頃のお仕事の中で使える『誰でも簡単にできるデザインのノウハウ・セオリー』を実例をたっぷり使いながら動画でわかりやすく解説!

小難しい高度なデザインノウハウは一旦抜きにして、“最低限ここまで押さえておけばOK!”というようなデザインノウハウに絞ってお伝えしていますので、資料デザインなどにお困りの方は、ぜひ当チャンネルをご活用ください!(よろしければチャンネル登録もお願いいたします)


Go to YouTube!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1984年東京生まれ。デザイナーであった親の影響もあり、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後に都内出版社にて編集・経営企画など幅広く経験し、その後独立。2017年に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、オウンドメディア運営を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師兼アドバイザーとしても活動。 “日本最大まなびのマーケット『ストアカ』”にて開催されているPowerPoint資料作成講座では、ストアカ全登録講師25,000人の中で2019年トップレビューを獲得(ユーザー平均満足度95%以上を現在進行形で獲得中)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪