ビジネスマンのための資料デザインの教室

「囲い過ぎ」はダメ!すっきりレイアウトは「一本線」だけで十分って、知ってた?

2019/04/14
 
ビジネス,デザイン,レイアウト,資料,線,パワーポイント
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師・アドバイザーとしても活動中。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。
今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える資料作成の“極意”が詰まっていますので、ぜひご覧くださいね٩( ‘ω’ )و

今回はビジネス資料における情報整理のレイアウト術についてです。
ビジネスシーンで作成する資料を見やすく・わかりやすくするためには「情報の整理」がキモ。

その際の超具体的かつ簡単にできるテクニックをこっそりお伝えしちゃいます!ぜひご参考にしてくださいね!
まずその前に、資料レイアウトの4大原則について学びたい方はこちら↓↓↓

会社や様々なビジネスシーンで作る多種多様な資料。 ・商品企画書(Word、PowerPoint等) ・他部署への依頼・通知文書(Word、Excel等)

 

資料をすっきり整理したいなら「囲わない」

dummy
トリジ先生

さて、今回はかなり具体的なレイアウト術についてのお話。
特に情報を整理して、すっきりしたレイアウトにする時のポイント、そして簡単にできる整理テクニックをお伝えしちゃいます。

dummy
神楽くん

お!それは期待しちゃう内容ですね!レイアウトって意外と難しいですからね(汗)
早速ですけど、どこがポイントなんですか?

dummy
トリジ先生

そうですね〜ポイントを一言で簡単に言ってしまうなら、「囲わない」ということです。

dummy
神楽くん

へ? 囲わない?(・_・)…ン?

 

「囲い過ぎ」は、ごちゃつきを招く

パワーポイントやWordで資料を作る際は、テキストやグラフ、図表、画像など、いろいろな情報が出てきます。
それを「キレイに、わかりやすく伝える」ためには、もちろんレイアウトが大事になってくるわけですが、うまくそれらの情報を整理してあげないと、なかなか見やすい・わかりやすい資料になりません。

特にそんな時に大切なのは、「情報のごちゃつき」を無くすこと。
人間の脳は、大量の情報やごちゃごちゃと複雑な情報が一度に入ってくると、必ず「わかりづらい」と判断してしまうからです。

この内容については、以前の記事で解説していますので、こちらもご参考ください。

脳の情報処理の仕組み
当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。 その中でも、プレゼンで使う『スライド資

dummy
トリジ先生

そこで情報の整理をするために、「枠線で囲う」というレイアウト方法をとることがあります。

dummy
神楽くん

複数の情報同士を区分けするためですよね!俺もよくやります٩( ᐛ )و

dummy
トリジ先生

そう、よく“やりがち”なんですが、やり過ぎるのはNG。やり過ぎると逆にごちゃつきが増すからです。

東京,神楽坂,東京note,グルメ

枠線で囲い過ぎた悪い例

たとえば資料にこれだけの情報が載っていたとします。
情報量が多いので、うまく整理するためにレイアウトを工夫しなければなりません。

ビジネス,デザイン,レイアウト,資料,線,パワーポイント

 

そこで、枠線で囲って情報を整理・区分けしようとするわけですが、囲い過ぎちゃうとこんな感じになります。
例えばこう。

ビジネス,デザイン,レイアウト,資料,線,パワーポイント

dummy
トリジ先生
どうでしょう?見やすい・わかりやすいですか?
dummy
神楽くん
あれ?…なんだか見づらいです(°_°)
すっごくごちゃごちゃしてる気がします。。
dummy
トリジ先生
そうですよね。このごちゃつきは、情報をむやみやたらに「囲い過ぎた」ことが原因です。

資料レイアウトにおいて、「情報を区分けして整理する」のは非常に大切なこと。
ただし、囲むことで区分けしようとすると、資料の中に非常にたくさんの「線」が出てきます。

線がたくさん走ってしまうと資料の中に余白が少なくなり、それぞれの情報同士が接近して、ごちゃごちゃしているように見えてしまうわけです。

ビジネス,デザイン,レイアウト,資料,線,パワーポイント

そのため「囲い過ぎ」は見やすい・わかりやすい資料においてNGなんです。
 


見やすく整理・区分けするなら「1本線」でOK

dummy
神楽くん

じゃどうしたら見やすく情報を整理できるんでしょうか?(・ω・`)

dummy
トリジ先生

はい、実は非常に簡単な方法があります。それは「1本線」を引くことです。

dummy
神楽くん

い、1本線?

dummy
トリジ先生

そう、1本線。要は、枠線で囲う代わりに、シンプルな線を情報と情報の間に引くだけでOK、ということです。
たとえば先ほどと同じ例で説明するなら、こんな感じ。

ビジネス,デザイン,レイアウト,資料,線,パワーポイント

むやみやたらに囲うのではなく、代わりにシンプルに線を引いてあげるだけ。
こうすることで、紙面から余分な枠線が消えて、情報同士の過度な接近が回避されます

つまり、資料の中でしっかり余白がキープされるようになるので、ごちゃつき感が一気に薄れていくわけです。
わざわざしっかり枠線で囲わなくても、1本線が入るだけで「情報のかたまり」を意識させることはできるということですね。

dummy
神楽くん

確かにごちゃつきが消えた!しかもきちんと情報も整理されたレイアウトになってますね!(°▽°)

dummy
トリジ先生

見出しや情報のレベル感の違いによって、線の太さを変えてみたり、点線や二重線を使ってみても良いですよ!
さらにわかりやすいレイアウトになりますので、試してみてくださいね。

ビジネス,デザイン,レイアウト,資料,線,パワーポイント

 

まとめ

dummy
トリジ先生

やはりレイアウトは余白が肝。余白を確保するためにシンプルな1本線をうまく使いましょう。

今回の内容は以上です。資料レイアウトのご参考になりましたでしょうか?

資料のレイアウトをする際、それぞれの情報を整理するために「四角で囲う」ということをよくやりがちですが、多用は禁物。
枠線と枠線が接近し過ぎて、レイアウトにとって本当に大切な「余白」がどんどん無くなってしまうからです。

今回ご紹介したような“一本線”をうまく使いながら、しっかり余白を作って、すっきりシンプルなレイアウトになるよう意識してみてくださいね!
これだけでグッと資料の見栄え・わかりやすさが変わってきますよ^^

↓↓↓その他の“線”に関する記事はこちら↓↓↓

ビジネス,デザイン,レイアウト,資料,線,パワーポイント
当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。 今回もとっても役立つ&すぐに明日から使
dummy
トリジ先生

“ノンデザイナー”であるビジネスマンのためのデザイン・レイアウト本として、以下の本はおすすめです。


現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(ひたすら私がしゃべりまくる講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローも無料でお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひ上のボタンよりお申し込みください。よろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師・アドバイザーとしても活動中。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2019 All Rights Reserved.