これさえ見れば配色は完璧!ビジネス資料の配色・色使いに役立つ記事まとめ

PowerPoint,色,3色,選び方,決め方



 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

わかりやすい資料を作成するには、様々な要素を考慮しなければいけませんが、その中でもかなり大事なポイントになるのが「配色・カラーリング」です。プレゼンで使うパワポをはじめとしたビジネス資料において、「効果的かつ伝わりやすい色使い」とは何なのか。実はこれには一定のセオリー・原則が存在しています。

当ブログではそのセオリーを複数のパートに分けて解説していますよ!以下の記事を見ていけば、ビジネス資料の配色がグッとレベルアップすること間違いなし!

この記事ではパワーポイントのカラーリングを題材にしていますが、内容としてはWordやExcelで作る他のビジネス資料にもしっかり応用できるものになっていますので、色使いに悩まれている方や「自分はデザインのセンスなんてないから…」と半ば諦めてしまっている方は、ぜひご参考ください^ ^

ビジネス資料の配色がグッとレベルアップするノウハウ記事6本

当ブログでは、以下の6つの記事で『ビジネス資料の配色法・ノウハウ』を解説しています。色使いについては「どうせセンスによるでしょ?」的にお考えの方がすごく多いのですが、実はそれは間違い。わかりやすい・伝わりやすい色使いにも、ある一定の「セオリー」がきちんと存在しています

むしろ色って、突っ込み出すと非常に難しい・奥が深いものなので、それをセンスだけに任せていたらプロのデザイナーさんでもめっちゃ苦戦しちゃいますから。

セオリーと少しのテクニック・ノウハウさえ理解してしまえば、誰であってもわかりやすい・伝わりやすい配色ができるようになりますので、ぜひ以下の記事でその内容を確認してみてくださいね^^

dummy
トリジ先生

オススメの色の決め方(時短にも繋がる)もご紹介していますので、きっと役に立つと思いますよ!

 

①使うのは3色まで!伝わりやすいパワポの配色の原則がすごい!

使うのは3色まで!絶対守るべきパワーポイントの「配色の原則」をデザイナーがわかりやすく解説!


こちらの記事では、パワポをはじめとしたビジネス資料における「色使いの基本ルール」を配色の原則としてご紹介しています。配色においてのベースになる大前提をお伝えしているので、まずはこちらの記事をチェックして、基礎固めをしてみましょう!

 

②4色目をどうしても使いたい!パワポの色使いで役立つ簡単配色テクニック!

グラデーションカラーを追加するのがコツ!パワーポイントの色使いで役立つ簡単配色テクニックを解説!


こちらの記事では、「色使いの基本ルール」を守りつつ、使う色数をうまく増やしていくとっておきのテクニックをご紹介しています。このテクニックはかなり便利で効果的なものになっていますので、資料作成の際はぜひご一読くださいね^^

 

③基本3色はこう選ぶ!色相環を使った簡単便利なパワポ配色法!

基本3色はこう選ぶ!色相環を使った簡単便利なパワーポイント配色法をデザイナーがこっそりお伝えします。


この記事ではまさに「わかりやすい・伝わりやすい配色におけるポイント・色の決め方」について、ズバリ解説しています。配色法は実際のところ色々あるのですが、簡単手早く効果的な色を選ぶオススメの方法がありますので、色選びにいつも悩んでしまう方にはとても嬉しい内容になっていますよ!

④メインカラーは青か赤!パワポの色選びはシグナル効果で簡単素早く!

メインカラーは青か赤がお勧め!パワーポイントの色選びは「シグナル効果」で簡単素早く選んじゃおう!


こちらの記事では、使う色の中で「メインカラー」と呼ばれる主軸になる色の決め方として、オススメの方法をご紹介しています。特に、“資料の内容によってどの系統の色を選ぶべきなのか”をロジカルに解説していますので、日頃の資料作成においてもすぐに活かせる内容になっています^^

 

⑤グラフは目立たせたい部分に1色だけ!パワポのグラフの見せ方基礎

グラフは重要ポイントにだけ色をつける!パワーポイントのグラフの見せ方基礎を解説!


ビジネス資料では頻出のグラフ。グラフは作るとついごちゃごちゃとなりがちで、その際の色使いも意外と悩ましいと感じている方が多いようです。

そんな曲者のグラフの色使いについても「わかりやすい・伝わりやすい」配色の見せ方があります。特にこのノウハウ・テクニックは必須と言っても過言ではないくらい大事なので、ぜひ一度この記事もチェックしてみてくださいね。

東京,神楽坂,東京note,グルメ

⑥表中のシマシマ配色はやめよう!パワポでの表のわかりやすい配色法

表中の縞々配色はやめよう!パワーポイントで表をわかりやすく見せるための色使いルール


グラフと並んで表もよく資料で使われる要素です。そして表も色使いが要求されるわけですが、表においては「どこに視線を集めたいか」がポイント。その点についてこの記事では解説しています。
こちらもぜひご参考にご覧ください^^

 

配色は「わかりやすい・伝わりやすいビジネス資料」のキーマン

以上の記事は、配色のレベルをグーンとアップさせるためのおすすめ記事です。色使いは資料のレイアウトにおいてはかなり重要で、わかりやすさを左右するキーマンと言っても過言ではないでしょう。

ただ、世のビジネスパーソンのみなさんは、色使いは「センスの良し悪し」と思いがち。でもそんなこと決してありません。色使いにもきちんと「セオリー」が存在しているわけですから。その内容が上記の6つの記事を読んでいただければ、しっかり理解いただけると思います。

『ビジネス資料の配色法・ノウハウ』は決して難しいものでもありませんので、ぜひご参考にしていただき、作成する様々な資料でご活用くださいね^^

dummy
トリジ先生

もし書籍で資料デザインを学ぶのであれば、以下の本は結構オススメです。“ノンデザイナー”であるビジネスマンの方向けにわかりやすく解説されていますよ。



当ブログ「ビズデザ(旧「Are you Designer? No, I'm...」)の中の人が、ついにYouTubeチャンネル『ビズデザ』を開設し、パワポの作り方をはじめとしたデザインノウハウの共有を始めました!


◆YouTubeチャンネル『ビズデザ』

ノンデザイナー・デザインビギナーである一般のビジネスパーソンの方々が、日頃のお仕事の中で使える『誰でも簡単にできるデザインのノウハウ・セオリー』を実例をたっぷり使いながら動画でわかりやすく解説!

小難しい高度なデザインノウハウは一旦抜きにして、“最低限ここまで押さえておけばOK!”というようなデザインノウハウに絞ってお伝えしていますので、資料デザインなどにお困りの方は、ぜひ当チャンネルをご活用ください!(よろしければチャンネル登録もお願いいたします)


Go to YouTube!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師兼アドバイザーとしても活動。 “日本最大まなびのマーケット『ストアカ』”にて開催されているPowerPoint資料作成講座では、ストアカ全登録講師25,000人の中で2019年トップレビューを獲得(ユーザー平均満足度95%以上を現在進行形で獲得中)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪