ビジネスマンのための資料デザインの教室

凡例は消す!パワポのグラフを一気にわかりやすくする極秘ワザはこれだ!

2019/02/18
 
PowerPoint,グラフ,凡例,わかりやすい,コツ
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師・アドバイザーとしても活動中。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!
今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

今回は前回までに引き続き、PowerPointでの「グラフ」の「キレイで、わかりやすい・伝わりやすい」見せ方・おすすめのレイアウトのコツやポイントについてお話ししていきますよ!

今回は「PowerPointのグラフの中でも“地味ながら扱いが難しい凡例”」についてのお話をしていきます!
ぜひ活用して1つ上のプレゼン資料を作ってくださいね!

まずその前に、PowerPointにグラフを載せる際のベースとなるポイントについて学びたい方はこちら↓↓↓

PowerPoint,グラフ,色,シンプル,メインカラー,おすすめ,テクニック,コツ
当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。 その中でも、プレゼンで使う『スライド資

 

 

おさらい:グラフで伝えたいことを強調するときは「矢印」と「添え書き」がポイント!

さて今回も前回のおさらいからです。
前回は「PowerPointのグラフの見た目をシンプルにしつつも、伝えたいことをしっかり強調する見せ方のテクニック・コツ」についてのお話でした。

PowerPointのグラフではごちゃつきやすいので極力シンプルに仕上げるのが1つのポイントでしたが、そうすると伝えたいこともうまく伝わらなくなるのでは?という疑問も出てくる。
そんなときは、グラフの中に「矢印」と「添え書き」を入れると、内容を強調することができる、ということでした。

例えば、PowerPointのプレゼン資料を作って、今回は「コストを大きく削減できた!ということしっかり伝えたい!」ということであれば、コスト額を表した棒グラフの中に、

①下方向に向かって矢印を入れる。
②さらに棒の上に「コストはこの4年で半分に減少!」等の伝えたいことを端的に表した添え書きをおいてあげる。

などしてあげると、そのPowerPointのグラフで言いたいことがパッと見ただけで、はっきりと内容が理解でき、その部分が強調されるわけです。

こういったテクニックによって、グラフ全体をシンプルにしつつも、伝えたいことを強調していきましょう!というのが、前回の内容でした。

今回は「PowerPointのグラフの中でも“地味ながら扱いが難しい凡例”」についての内容です!
今回もめちゃくちゃ具体的な使えるテクニック・コツになっているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

念のためもう一回前回の内容をしっかり読んでおきたいという方はこちらからどうぞ↓↓↓

PowerPoint,グラフ,矢印,わかりやすい,コツ
当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。 その中でも、プレゼンで使う『スライド資

 

そもそも、グラフの「凡例」って…なに?

dummy
神楽くん

あの…そもそもなんですが、「凡例」って…何のことでしたっけ?(^~^;)

dummy
トリジ先生

あ、やっぱりわからないですか?ww なかなか耳馴染みがないですもんね。
読み方は「ハンレイ」、編集経験のある方は「ボンレイ」って言ったりもしますね(他の「判例」や「範例」と読み分けるため)。

簡単にいってしまえば、凡例とは「グラフの中の記号や色分けの意味・規則を示したもの」です。
例えばこれ↓↓↓

PowerPoint,グラフ,凡例,わかりやすい,コツ
dummy
神楽くん

あー!これのことか!見たらわかりましたwww

dummy
トリジ先生

ですよねww 地味すぎてよく認知されてないんですがw、みなさん必ず見たことあるはずです。
なぜならPowerPointでグラフを作ろうとすると、必ず表示されるようにデフォルトで設定されているからです。

この凡例は、それぞれの棒や折れ線が「何を示しているのか」を教えてくれる役割を担っています。
ただ実のところ、PowerPointのグラフをスッキリ見せる上では、この凡例は扱いが難しかったりします。

 

凡例は削除しちゃってOK!

dummy
トリジ先生

凡例がPowerPointのグラフにおいて大切な役割を担っていることは前述の通りですが、ただ大きな欠点も持ち合わせています。
それはシンプルに、「邪魔」ということww

dummy
神楽くん

確かにそう言われてみると、この凡例ってごちゃごちゃしてる気がしますね(^~^;)

そう、凡例って実はグラフが視覚的にごちゃつく原因の1つだと言われています。結構たくさんの情報が詰め込まれているからですね。

そしてPowerPointでグラフを作ろうとすると、そんな凡例が最初必ず表示されてしまうんですよ(Microsoft社の嫌がらせなんじゃないかって感じるくらい、このデフォルトの設定は邪魔だと思ってますw)。

そうすると、みなさん
「とりあえず入れておかなきゃいけないんだろうなぁ…」
なんて思って、そのままグラフの中に表示させておくことが多いと思います。

dummy
トリジ先生

ただ、とにかくこの凡例はごちゃつきやすいので、そんな場合はデフォルトで表示される凡例は思い切って消しちゃいましょう!

dummy
神楽くん

えっ?消しちゃって良いんですか?さすがにそれだとグラフがわかりにくくなりそうですけど(; ・`д・´)

dummy
トリジ先生

大丈夫、消した凡例の代わりに、それぞれが何を表しているのかを「グラフの中にテキストボックスで書く」ようにしちゃえば良いんです。
例えばこんな感じ↓↓↓

PowerPoint,グラフ,凡例,わかりやすい,テキスト
dummy
神楽くん

なるほど!これなら凡例がなくてもグラフが何を示しているのか一発でわかりますね!

全体がスッキリ綺麗になるし、折れ線の近くにテキストが置かれているので、その折れ線が何を示しているのかがすぐ理解できます(目線が途切れない)
とっても見やすくなりますよね!

 

凡例を消せばグラフをもっと大きく表示できる

また、凡例を消して中にテキストで書くようにすると、今まで凡例があったスペースが空くようになります。
ということは、その分PowerPointのグラフももっと大きく見せることもできるようになるので、一番見て欲しい部分がより見やすく・伝えやすくなります。

例えば、下のようなグラフがあった場合、左と右でグラフのサイズが右のほうが大きく表示できています。

PowerPoint,グラフ,凡例,わかりやすい,スペース,大きい
dummy
トリジ先生

これは凡例がない分、グラフの表示スペースをより大きく取れたからです。

dummy
神楽くん

おーなるほど本当だ!一番見てほしいグラフ部分がより大きく表示できててわかりやすいですね!

そういった意味でもPowerPointではデフォルトで表示されてしまう凡例はすぐに削除してしまい、代わりにグラフの棒や折れ線の中か近くにテキストを書いて置くというのはとっても効果的です。
ぜひこのテクニック・コツをビジネスシーンで活用してみてください!

 

まとめ:ごちゃつかないように代替案を考えるのが大事

dummy
トリジ先生

グラフの中でごちゃつきやすい部分は、他の方法で表現できないか考えてみましょう。

今回の内容は以上になります。PowerPointのグラフを作成する上で、ご参考になりましたでしょうか?

当ブログで以前から口が酸っぱくなるほどお話ししているのが「PowerPointのプレゼン資料はシンプルに」ということ。
グラフはとにかくごちゃつきやすいですが、その原因の1つが今回お話しした凡例です。

ただ闇雲に凡例を消してしまうと、そのグラフが何を示しているのかわからなくなってしまいますので、テキストを挿入するわけですね。

このテクニックのポイントって、結局は「シンプルにしつつ、わかりやすさが落ちないようにするには、どうしたら良いだろう?」と考えられるかどうか、ということだと思います。
方法は色々あると思いますが、とにかくこの代替案をPowerPointでも考えようとする意識がはじめにないと、なかなか具体策が思いつけません。

なので、日頃からPowerPointを作る時に「シンプルにしつつ、わかりやすさも担保できるような方法はないか?」と常に意識しながら行っていくことが大事ではないでしょうか。
思いついたらどんどん実践して試していくと良いですよ!

次回はPowerPointのグラフの中でも頻出・主役級の「折れ線グラフ」のわかりやすい見せ方・作り方についてお話ししていきます。
またまた超具体的な活用テクニック・コツが満載の内容になる予定なので、ぜひご覧くださいね!お楽しみに〜!٩( ‘ω’ )و

↓↓↓次回の記事はこちら↓↓↓

PowerPoint,グラフ,折れ線,わかりやすい,ポイント
当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。 その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(
dummy
トリジ先生

“ノンデザイナー”であるビジネスマンのためのデザイン・レイアウト本として、以下の本はおすすめです。


現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(ひたすら私がしゃべりまくる講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローも無料でお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひ上のボタンよりお申し込みください。よろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師・アドバイザーとしても活動中。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.