ビジネスマンのための資料デザインの教室

画像と文字の間に図形を挟もう!パワポの画像を劇的に見やすくするコツ

2018/11/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

ここ最近はPowerPointで「画像」を使うときのポイントについてのお話しています。
PowerPointのプレゼン資料では比較的使う場面も多そうな画像ですが、実は結構気を使わないといけないもの。
今回はPowerPointの中で“画像の上に文字を重ねて置くとき”の「キレイで、わかりやすい・伝わりやすい」見せ方やコツをお伝えしていきますよ!

と、その前にPowerPointで画像を使うにあたっての基本事項について学びたい方はこちら↓↓↓

画像は使わない方がいい⁉︎PowerPointで知っておきたい画像の基本


 

 

おさらい:画像を入れるときは縦横比は元のまま!

それでは今日も前回のおさらいから入りましょう!
前回は実際に画像を挿入するときのポイントとして、「縦横比」に注意しましょうというお話でした。

特に注意すべき点は「縦横比は元の画像のままいじらない」ということ。
よく画像を拡大・縮小するときに、横にだけびよ〜んと伸ばしちゃう人がいますが、これは見栄えも悪いですし、「何の画像か一瞬で判断がつきにくくなる」ので、やめたほうがいいわけですね。

なので「shift」を押しながら画像の角をドラッグして、常に「縦横比は元の画像のまま」拡大・縮小するようにしましょう、そんなお話が前回の内容でした。
思い出せましたか?

はい!大丈夫です!(・`_´・ )ビシッ

OK!ではおさらいも終わったので、これから今日のPowerPointのテクニックに入っていきますよ!
今日は画像の応用編で、「画像の上に文字を重ねて置く時」についてです。

 

画像の上に文字を置くときは「ごちゃつき」に注意して!

PowerPointでの画像の使い方として、主には下のような2種類がありますね。

①画像を単体で配置する
②画像と文字を重ねて配置する

これまでは特に①についてお話してきましたが、今日は②についてです。

PowerPointで画像を文字を重ねるときに、何か注意しなきゃいけないことってあるんですか?(˙-˙)

はい、この時も1つポイントがあって、やっぱり「見えやすさ」には注意したいところですよね。
画像の上に文字を置くと、どうしても文字が見えづらくなるケースがあります。

例えば会社説明会で使うPowerPointの表紙を例にしてみましょう。
普通に画像の上に文字を重ねるだけだと、こんなに見づらいんですよね。

PowerPoint,画像,文字,重ねる,見せ方,綺麗

これは後ろの「画像の色やオブジェクトの縁」と「文字の縁」が重なり合ってしまって、ごちゃごちゃとしているように見えるのが原因です。

あ!これは「図形の枠線」の回で教えてもらった「輪郭(縁)の大切さ」のことですね!

そう!よく覚えてましたね!…いつもはトンチンカンなのに(小声)

…えっ?あ、ありがとうございます…(こっそり、かつ明らかにディスられた悲しみ(´-`).。oO)

でもまさにその輪郭(縁)の大切さが、この画像と文字を重ねる時の見易さでも重要になるんですよね。
その時の内容を復習したい方はこちらからどうぞ↓↓↓

実は枠線が決め手!PowerPointの図形をスッキリ見やすくするコツ!

なので、PowerPointで画像の上に文字を重ねて配置する時は、このごちゃつきを少しでも少なくしてあげる必要があります。

 

画像+「図形」+文字の形で配置しよう!

そこで少しでもごちゃつきを少なくするテクニックとしてお伝えしたいのが、「画像と文字の間に図形を挟む」というもの。

ず、図形をさらに追加するんですか?なんか余計に見づらくなりそうですが…

そう、一瞬そう思えるかもしれませんが、これが意外とそうでもないんですよ。
むしろごちゃつきを感じにくくなりますので、とってもオススメです。

例えば、こんな風に画像と文字の間に図形を挟んであげるといいんですよね。

PowerPoint,画像,文字,重ねる,見せ方,綺麗,透明

あれ!ほんとだ!画像と文字が重なっていても、文字がすごく見やすいですね!

そうなんです。図形を間に挟んであげるだけで、こんなに文字がはっきり見えるようになるんですよね。

これでPowerPointで画像の上に文字を重ねて配置したとしても、ごちゃつきが軽減されて文字が非常に見やすくなります。

 

図形は「うっすら透けさせる」のがポイント!

あと、この挟んだ図形には特徴があるんですが、何だかわかりますか?

ん〜…あっ!少し透明になってるから、うっすら画像が透けて見えてます!

そう!それが間に挟む図形のポイントです。
図形を挟むと1つデメリットとして出てきてしまうのが「下の画像の一部が見えなくなる」ということ。
そうするとせっかくキレイな画像を用意しても美しさが欠けてしまって雰囲気が壊れてしまったり、大事な部分が見えなくなってしまうこともあります。

なのでそれを回避するために、間に挟む図形は少し「透過性」を持たせてあげる、つまり「少しだけ透明にしてあげる」わけですね。

PowerPoint,画像,文字,重ねる,見せ方,綺麗,透明

そうするとうっすらと画像が透けて見えて、画像の持つ雰囲気も壊さず、大事なところも隠れず、綺麗に見えるようになります。
しかも文字の見やすさも落ちません。

先ほどの画像の例だと、透過性は65%くらいに設定してあります。少〜し透けるくらいですね。
ご自身で少しずつ透過性を下げていって、一番見えやすいところで設定してあげる感じでOKだと思いますので、この辺りも1つポイントとして使ってみてください。

 

図形の透過性の調整方法

PowerPointで図形を透けさせたい場合のやり方についてもお伝えしておきますね!
やり方は非常に簡単です↓↓↓

①PowerPointを開き、任意の図形を挿入する。

PowerPoint,画像,文字,重ねる,見せ方,綺麗

 

②挿入した画像を右クリックし、「図形の書式設定」を選択する。

PowerPoint,画像,文字,重ねる,見せ方,綺麗

 

③表示されたメニューの中の「塗りつぶし」を選択し、「透明度」のスライドバーを左右に動かして透明度を調整する。

PowerPoint,画像,文字,重ねる,見せ方,綺麗

 

以上のとっても簡単な操作で、PowerPointの図形も透過性を調整することができます。
これであなたも透過性マスター!ww

 

まとめ:ごちゃつきをとにかく少なく!

今日の内容は以上です。ご参考になりましたでしょうか?
PowerPointで画像と文字を重ねるときは、とにかくごちゃつきを排除していくことがポイントです。
特に画像は線やら色やらが至るところに入ってますからねw

PowerPointでプレゼンする時には今回のような配置をスライド上で表現するケースは結構あると思うので、ぜひ今回お伝えしたテクニックを使ってみてくださいね!

次回でしばらく続いた画像編はラストになります。
ラストはおまけ的な内容で、便利な画像サイトをご紹介しますので、お楽しみに〜٩( ‘ω’ )و

 

あ、最後になりますが、職業柄よく「レイアウトで参考になる本を教えて欲しい!」と言われるのですが、私が昔からずっと参考にしているものの1つに「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本があります。

PowerPoint含め、ビジネス資料のレイアウトテクニック・ノウハウなどについて、とてもわかりやすくまとめられています。

私がデザインを長く勉強してきた中で、学生時代から“バイブル”として何度も繰り返し読んできた本ですので、興味がありましたら一度読んでみるといいかもしれませんよ!↓↓↓

お値段も高くないですし、とっても参考になると思いますので(◯・∀・)人(・∀・○)イェーイ

 

あと、この本もビジネスマンさんにはとっても参考になりそうな良書でしたので、お時間あれば見てみてください(^^)

現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.