「伝わる資料」作りのために再確認!ビジネス資料の「デザインの条件」と「構成要素」はこれだ!

ビジネス資料の構成要素



 

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で、誰でも・手軽に使える伝えるためのレイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

今回は「資料に求められるデザインの条件」と「ビジネス資料を構成する要素」を確認していきましょう。

なぜあなたの資料は上司の決裁が下りにくいのか

dummy
トリジ先生

頑張って資料を作ってもなかなか決裁が下りない!というとき、ありませんか?

dummy
神楽くん

いや〜ほんとそうなんですよ。僕はいつもいつも決裁通すのに苦戦してまして…。

dummy
トリジ先生

やっぱりそうですよね。実は決裁が下りやすい資料には、“デザイン上必要な条件”が存在しています。まずはそれを一緒に考えていきましょう。

dummy
神楽くん

ありがとうございます!ぜひ教えてください!

決裁が下りやすい資料の「デザイン条件」

dummy
トリジ先生

決裁が下りやすい「デザインの条件」。それは以下の3つになります。

  1. 美しさ・見やすさ
  2. わかりやすさ
  3. “意図・狙い”の伝わりやすさ

この3つが条件として満たされていると、読み手(上司)の理解度が飛躍的に高まります。逆にこの3つのうち、どれかが欠けてしまうと、いくら良い内容が書かれていても、非常にわかりにくい・伝わりにくい資料になってしまい、「なんじゃこりゃ、わかりにくいぞー!怒」と言われてなかなか決裁が下りにくくなってしまいます。

なので資料作りの際は、この3つのデザイン条件をまずは意識して進めていきましょう。

資料の構成要素

dummy
トリジ先生

次にもう1つ大事なこととして、ビジネス資料とは「どんな要素で構成されているのか」、「なにがポイントになるのか」も併せて整理しておきましょう。

資料の主な構成要素は下の7つになります。これらの要素が複合的に混ざり合って、1つの資料ができあがるわけですね。それぞれ気をつけるべきポイントがありますが、今回はさらっと概要だけお伝えして、ポイントの詳細はまた別の記事で解説します。

  1. 文字:一番使用頻度が高い要素。フォント、サイズ、強調の仕方などがポイント。
  2. カラー:配色。非常に奥が深く、実は難易度が高い。基本ルールを押さえるのがポイント。
  3. 図形:特にプレゼン資料でよく使う。「枠線」にポイントあり。
  4. 画像:これも実は意外と使い方が難しい要素。使う「目的」をしっかり考えよう。
  5. グラフ・表:分析資料やプレゼン資料で頻出。ごちゃつきやすいのでシンプルに見せる技が必須!
  6. 配置(レイアウト):基本原則を必ず押さえよう。「余白」は友達!
  7. アニメーション(プレゼン資料のみ):PowerPointのみ。極力「目立たない」ものを!
dummy
神楽くん

こうやって見てみると、意外と要素としては多いような気もします(汗)

dummy
トリジ先生

確かにそうかもしれませんね。うまく資料全体を「デザイン」していくスキルをつけましょう!

東京,神楽坂,東京note,グルメ

まとめ:目的や読み手のことを考えて資料を「デザイン」する

普段資料のデザイン面では何気なく使っている・配置しがちな前述の要素ですが、狙いや目的を考えたり、読み手の理解のしやすさをきちんと考えて作ると、非常に「わかりやすい・伝わりやすい」資料に仕上げることができます。

そういった意味でもこのブログのテーマにもなっていますが、「プロのデザイナーではない一般のビジネスマンも、デザインする意識・力は必須」と言えるわけですね。資料の構成要素をうまくデザインし、「読み手にきちんと伝わるビジネス資料(Word、Excel、PowerPoint等)」の作り方・スキル・ノウハウを今後もお伝えしていきたいと思いますので、参考にしてみてくださいね!

dummy
トリジ先生

もし書籍で資料デザインを学ぶのであれば、以下の本は結構オススメです。“ノンデザイナー”であるビジネスマンの方向けにわかりやすく解説されていますよ。



当ブログ「ビズデザ(旧「Are you Designer? No, I'm...」)の中の人が、ついにYouTubeチャンネル『ビズデザ』を開設し、パワポの作り方をはじめとしたデザインノウハウの共有を始めました!


◆YouTubeチャンネル『ビズデザ』

ノンデザイナー・デザインビギナーである一般のビジネスパーソンの方々が、日頃のお仕事の中で使える『誰でも簡単にできるデザインのノウハウ・セオリー』を実例をたっぷり使いながら動画でわかりやすく解説!

小難しい高度なデザインノウハウは一旦抜きにして、“最低限ここまで押さえておけばOK!”というようなデザインノウハウに絞ってお伝えしていますので、資料デザインなどにお困りの方は、ぜひ当チャンネルをご活用ください!(よろしければチャンネル登録もお願いいたします)


Go to YouTube!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師兼アドバイザーとしても活動。 “日本最大まなびのマーケット『ストアカ』”にて開催されているPowerPoint資料作成講座では、ストアカ全登録講師25,000人の中で2019年トップレビューを獲得(ユーザー平均満足度95%以上を現在進行形で獲得中)。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪