ビジネスマンのための資料デザインの教室

社外プレゼンでは感情を動かせ!画像を使ったPowerPointの見せ方術!

2018/10/12
 
PowerPoint,プレゼン,画像,使い方,社外,感情
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。
その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!
今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

前回からPowerPointで「画像」を使うときのポイントについてのお話しています。
PowerPointのプレゼン資料では比較的使う場面も多そうな画像ですが、実は結構気を使わないといけないものなんですよね。
今回は特に「社外プレゼン時の画像の効果的な使い方・見せ方」について、PowerPointのポイント・コツをお伝えしていきますよ!
営業担当の方など、ご自身でお客様向けにPowerPointのプレゼン資料を作ることが多い方は必見の内容です!

まずその前に、PowerPointで画像を使うにあたっての基本事項について学びたい方はこちら↓↓↓

画像は使わない方がいい⁉︎PowerPointで知っておきたい画像の基本


 

 

おさらい:画像は「使わないと伝えたいことが伝わらない」時だけ使う

それでは今日も前回のおさらいからいきましょう!
前回はPowerPointで画像を使うときの「場面」についてお話ししました。
要は、どんな時に画像を使うべきかということですね。

意外と画像を多用している方も多いと思いますが、画像は非常にインパクトが強いので、出てくると聴衆の意識が逸れたり、集中が切れがち。
アピール力も強いけど、そういったマイナス面も持っている「諸刃の剣」なので、基本的には「使わないと伝えたいことが伝わらない時」だけ画像は使いましょう、ということでした。

特に必要もないのに余白を埋めるためだけに画像を使うというのは絶対やめるべきで、画像を使うときも「シンプル」というキーワードを意識して使う。

こんなお話が前回でしたが、思い出せましたか?

はい!バッチリです!∠(・`_´・ )ビシッ

OK!では今日もPowerPointでの画像の使い方について引き続きお伝えしていきますよ!

でもやっぱりもう一度前回の内容を読んで復習しておきたい方はこちら↓↓↓

画像は使わない方がいい⁉︎PowerPointで知っておきたい画像の基本

 

社外プレゼンでは「感情に訴える」

さて今回は「社外プレゼン時の画像の使い方」についてお伝えします。
営業担当の方などはお客様向けのプレゼンでPowerPointを作ったりするかと思いますが、その時の画像の使い方によって、アピール力も変わってきます。

ただそのお話をする前に、社外プレゼンをする際に大前提として意識しておきたいことに触れておきましょう。
それは「社外プレゼンでは感情に訴えかけるのが大事」ということ。

例えば社内プレゼンだと、聴衆はもちろん身内・同じ社内の人ですよね。
身内ということは、そもそもの問題意識も一緒だし、聞く姿勢も持ってくれていることが多いので、説明もある程度しっかり聞いてくれるしPowerPointも見てくれる。

しかし社外プレゼンとなると様子は一変します。
聴衆は身内ではありませんから問題意識ももちろん違うし、そもそも“プレゼンを聞かなくたっていい”、“聞く義務はない”わけです。

なので、プレゼンの中身に対して、

ん〜、あんまり興味がないな

とか

なんか自分にはあまり関係ない内容だなぁ…

とか思われてしまうと、もうその時点でプレゼンを聞いてくれなくなってしまいますし、もちろんPowerPointの資料も見てくれなくなります。
これではプレゼントしてもPowerPointの資料としても、とってもマズイわけですよね。

そんな時に必要になるのが、聴衆の「感情に訴えかける」ということ。
つまり、プレゼンの内容を聞いた時、

そうそう、それが今のうちの悩みなんだよな!

だとか

あ、この人が言うように。もしかしたらうちの会社もマズイことになってるのでは…

なんて思ってもらう、“感情が動くようにしてあげる”ことが大事になってきます。

ですので、社外プレゼンの場合はロジカルであるだけでなくて、感情に訴えかけていくことも必要になるわけですね。

 

画像を使うと感情に訴えかけやすい!

そんな感情に訴えかけたい時に、実はPowerPointで画像を使うのが有効なんです。
画像というのは聴衆の感情を動かしやすいんですね。

例えば「コストが肥大化して、お悩みじゃないですか?」といったことを伝えたい時は、
PowerPointのスライドに下の例のような“頭を抱えた人の画像”とかを載せてあげると、相手の心を揺さぶりやすくなる、共感してもらいやすくなります。

PowerPoint,プレゼン,画像,使い方,感情

また、「弊社を信用していただいて、全てお任せください!」というようなメッセージを伝えたい時は、下の例のようにPowerPointの中にみんなが明るく前向きな表情で、握手をしている写真などを使ってあげる。

PowerPoint,プレゼン,画像,使い方,感情,営業

そうすれば、相手の感情に訴えやすくなって、「よし、ぜひ契約しよう!」というような前向きな気持ちになりやすくなります。

前回の記事でもお話しした通り、画像はPowerPointの中でもとってもインパクトの強い要素。なのでそれを逆手にとって、聴衆の感情を動かすために使ってあげる。
画像もそんな使い方をしてあげれば、うまく活用できるかと思います。

 

まとめ:あくまで画像は「目的を意識して使う」

以上が今回の内容になります。ご参考になりましたでしょうか?

社外プレゼン時は聴衆がお客様だったり取引先だったり、はたまたセミナーなどであれば、その日初対面かつその後もう会うこともないかもしれない方々が相手だったりします。

そんな時にプレゼンの中身をしっかり聞いてもらう・PowerPointもしっかり理解してもらうためには、感情に訴えかける必要がありますが、そういう意味では画像はうってつけの存在なんですよね。

ただ、そんな時もプレゼンの目的をしっかり考えて、「何を伝えなきゃいけないのか」を意識し、必要があれば画像を使う。
ここは外さないようにした方がいいと思います。
何度も言うようですが、画像はとにかくインパクトが強いので、プレゼンにおいては諸刃の剣ですから。

それでは今回はここまで!次回は「画像の見せ方の効果的なテクニック」についてのお話です。
これもすぐ活用できる内容なので、ぜひご覧ください!
お楽しみに〜٩( ‘ω’ )و

 

 
現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.