ビジネスマンのための資料デザインの教室

箇条書きのポツも大事!PowerPointの箇条書きのわかりやすい見せ方

2018/10/12
 
PowerPoint,箇条書き,テキスト,ポイント,図形
この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

当ブログでは、ビジネスシーンで作成する資料で“誰でも・手軽に使える”レイアウトノウハウ・テクニックをお伝えしています。

その中でも、プレゼンで使う『スライド資料(PowerPoint、Keynote)』の効果的かつ伝わりやすい見せ方・作り方のノウハウをシリーズでお話ししています!

今回もとっても役立つ&すぐに明日から使える“極意”になってますので、ぜひお付き合いください٩( ‘ω’ )و

今回もしばらく続いているPowerPointのプレゼン資料を作る際の「図形」についてのお話。
今回は図形編ラストとなる「箇条書きのポツ」についてです!

「これって図形なの?」と思われる方も多いかと思いますが、図形ですww
というより、立派な図形の1つと捉えてみると、このポツも「キレイで、わかりやすい・伝わりやすい見せ方がある」というのを感じていただけると思います!

PowerPointの資料を作るときにもよく使うものでもありますので、そのポイントをお伝えしていきますね!

まずその前に、図形を使うにあたってベースとなるポイント「枠線」の「キレイに、わかりやすく・伝わりやすくする」ためのテクニック・コツについて学びたい方はこちら↓↓↓

実は枠線が決め手!PowerPointの図形をスッキリ見やすくするコツ!

 

 

おさらい:単色アイコンを活用して直感的に伝える

さて今日も前回のおさらいから入りましょう。
前回はとっても便利で効果的な「単色アイコン」についてのお話でした。

単色アイコンとはピクトグラムやシルエット図とも呼ばれるもので、伝えたいことをイメージで直感的に伝えられるので、聴衆にとってはとてもわかりやすく、プレゼンの内容を理解しやすくなるというメリットがありました。

また、単色アイコンを使えば長々と文章を書いて伝える必要もなくなり、「省スペース化」に繋がってPowerPointをすっきりシンプルにすることもできるというメリットもある。

だから単色アイコンをうまく活用しながらPowerPointを作るのが良いとのことでした。

以上が前回の内容です。覚えていましたか?

はい!大丈夫です!!∠(・`_´・ )ビシッ

OK!では早速今回の内容に入っていきましょう!

あ、でもその前に念のため前回の記事を読んでしっかり復習しておきたい方は、こちらからどうぞ↓↓↓

単色アイコンが大活躍!直感的に伝えるPowerPointの必須アイテム

 

箇条書きの「ポツ」も立派な図形

さて今回は長く続いた図形編のラストになります。
長いようで短かった図形編。数々の想い出が走馬灯のように流れていきますね~(*´-`)

…えっ?…そ、そうですね(急に感傷に浸る恐怖(´-`).。oO)

そんな図形編ラストのテーマは何かと言うと「ポツ」です!

…えっ?…今なんて?(˙-˙)

だからポツですよ、ポツ。

ほら、箇条書きとかの頭につけるこんなやつ↓↓↓

PowerPoint,箇条書き

あーポツって、この「・」のことか!

そうそう、これです。

英語ではこういった記号全般のことを「ビュレット」というらしいですが、日本語での正式名称が私も正直わからずww、とりあえずいつも「ポツ」って呼んでますwww
(正式名称ご存知の方は、ぜひコメントで教えてください!)

なるほどwww
でもこのポツって、「図形」なんですか

良い質問です。

このポツは単なる「点」と考えている方が多いと思うんですよね。
でも私はこれは立派な図形の1つと捉えています。
例えばこれを見てください。

箇条書きの表現になっていますが、何か違和感を感じませんか?

PowerPoint,箇条書き

んー………あ!先頭のポツと、その後の中黒に同じ「・」が使われてる!

そうです!それ!

先頭の「・」は箇条書きの始まりを表すものとして置かれていますが、次の「・」は言葉と言葉を並列に繋ぐためのものです。

つまり、2つは全く異なる目的を持っているのに、同じ形「・」が使われているんですよね。

では、今の例をさらにこうしたらどうなりますか?

PowerPoint,箇条書き

…あれ?「トーク」の前に置かれた「・」が、箇条書きの始まりを表すポツなのか、前の行の単語と並列で繋ぐための中黒なのか、わかりにくい!

そうなんです。

箇条書きの行頭を中黒と同じ単なる点で表現してしまうと、文章のレイアウト次第では一瞬中黒の意味合いとして置かれているように見えてしまうんですよね。

PowerPoint,箇条書き

箇条書きが始まったのか、言葉が中黒で並列に繋げられているのか、どっちなのかがパッと判断できないわけです。

本来異なる目的・意味合いのものなのに、同じ「・」で表現してしまうからこのような混乱を生むんですよね。

そのため箇条書きのポツは単なる点「・」ではなく、立派な図形の1つとして、中黒の点とは区別した方が良いというのが、私の考えです。

なるほど、意外と奥が深いですね!
では中黒と区別する方法としてはどうしたらいいのでしょうか?(´・Д・)」

簡単なのは、ポツの形を変えてあげたり、サイズを大きくしてあげるという見せ方です。

自分で図形として小さな四角・三角・丸等を挿入してもいいですし、

PowerPoint,箇条書き,図形

もともとPowerPointには「箇条書き機能」がついているので、これを使えばポツのサイズも大きくできますよ!

PowerPoint,箇条書き機能

 

箇条書き機能の使い方

箇条書き機能の使い方も改めてお伝えしておきましょう。
とっても簡単です。

①まずPowerPointを開いて、テキストボックス→テキストを挿入。

PowerPoint,箇条書き

②画面上部のタブから「ホーム」の中から「箇条書き」をクリック。
テキストに小さめの「・」が挿入される。

パワーポイント,箇条書き

③さらに「箇条書き」のすぐ右に表示されている「▼」をクリック。
様々な種類のポツが表示されるので、なるべく大きめのもの等を選ぶ。

PowerPoint,箇条書き

④選んだポツが表示される。

パワーポイント,箇条書き機能

箇条書きでは改行位置にも気をつけよう!

あと、箇条書きのポツと関係することとしてお伝えしておきたいのが、文章の「改行位置」です。
よく見かけるのがこんな感じ↓↓↓

PowerPoint,箇条書き,回り込み

箇条書きの文章が行末で折り返されて、ポツの下にまで来ています。
これは非常に読みづらいのでやめましょう。

このような時は、文章をそのままツラツラ書くのではなく、単語の終わり位置や句読点の位置で改行してあげて、各行頭の開始位置(インデント)を揃えるようにしてあげましょう。

PowerPoint,箇条書き,ポイント,改行

そうするとただの箇条書きもすごく見やすくなりますし、“読みたくなる形”になります。

 

まとめ:細かな配慮が見やすさに影響する!

以上が今回の内容です。箇条書きのポツ、ご参考になりましたでしょうか?

箇条書きのポツも「単なる点」と考えずに、立派な図形として捉えてあげる、そうすればより見やすいスライドにすることができますので、皆さんもぜひやってみてくださいね。

今回で図形編は終了です。次回からはPowerPointでの「画像」に関するテクニック・ノウハウ・コツをお伝えしていきますよ!

お楽しみに~٩( ‘ω’ )و

 

 
現在、当ブログでお伝えしている内容をベースにした「PowerPointの作成講座」をストアカにて開催しています!(講義形式)
我流で作ってしまいがちなPowerPointを「いかに見やすく・わかりやすく・伝わりやすく作るか」、その原則・ルールをロジカルにお伝えする講座です。
定員1〜2名という超少人数制で開講していますので、和やかな雰囲気で質問もしやすい(と言われるw)ですよo(^-^)o
また、受講者様が実際に作成したPowerPointの個別フォローもお受けしています。
ご興味ございましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

この記事を書いている人 - WRITER -
1984年東京生まれ。 デザイナーであった両親の影響もあり、学生時代からグラフィックデザイン・エディトリアルデザインの基礎〜実践的知識・スキルを習得。 大学卒業後、大手出版社に新卒で入社。3年間編集部にて単行本や継続出版物等の企画・編集業務を経験したのち、26歳で経営企画部に異動。その後7年間、経営計画・戦略の策定、市場・競合分析、収益予測等を担当し、企業経営全般に関する実践的知識・経験を蓄積。 編集者と経営企画スタッフという、世間一般的にも珍しい組み合わせの職歴・経験を積み、独自のスキル・思考フレームワークを確立。 2017年3月に出版社を退職。同7月に株式会社トリッジを設立。現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業・個人向けにビジネス資料作成のアドバイザー・研修講師としても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Are you Designer ? No, I'm … , 2018 All Rights Reserved.